北朝鮮、南北軍事合意を公式に破棄か・・文政府の今までの対北政策が全て水の泡に

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

いま、こんな状況となりました。北「ミサイル・シュート!」→南「違反ではない」→脱北「ビラ・シュート!」→南「違反だ!告発してやる」→北「違反してやる」→南「・・・」

昨日から、一部のマスコミで「北朝鮮が、南北連絡事務所を破壊する」「北朝鮮が軍事行動に出る」という内容が載るようになりました。確かにそうなってもおかしくない状態ではありますが、その1次ソースとなる北朝鮮の談話内容は、ちょっとニュアンスが違うもので、詳しくは「連絡事務所の撤去」と「軍事挑発」だったりします。

韓国としてはどちらも問題ですが、なにより、北朝鮮側が意図的に「軍事合意を破棄する」行為に出る可能性です。実際は今まで何度も合意を破りましたが、北朝鮮は一度も認めていないし、韓国軍も「北朝鮮は軍事合意を破ってなんかいないよ」とするスタンスでした。何度も、何度も。「合意精神には違反しているけど、合意違反ではない」という、悪い意味でマスターピースな言い訳をしたこともあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

ですが、もし北朝鮮が『何を言っている。私たちは自らの意志でこれから合意を破るぞ』と言い出したら、韓国としては、それ以上の負けはありません。特に、南北軍事合意は、首脳会談の目玉の中の目玉として、文在寅政府の対北政策を象徴する『業績(韓国としては)』であり、これが『公式に』破棄されると、首脳会談を含めた全ての対北政策とその業績(韓国としては)が、水の泡にになってしまいます。以下、MBCニュースです。

 

<北朝鮮、金正恩国務委員長の妹である金与正第1副部長が、今回は、「南北共同連絡事務所は形もなく崩れるだろう」と警告しました。次のステップの行動として、韓国への軍事挑発の可能性まで取り上げ、非難の水位を高めました・・

・・金与正朝鮮労働党中央委員会第1副部長は、昨日の夜に出した談話で「韓国と確実に決別する時が来たようだ」とし「次の段階の行動をとる」と述べました。まず第一に、「まもなく、役立たずの南北共同連絡事務所が形もなく崩れる悲惨​​な光景を見ることになるだろう」と警告しました。※連絡事務所は北朝鮮側にあります※

去る4日に発表した談話で連絡事務所の閉鎖を述べた後、韓国との連絡を途絶し、今回は、建物自体を撤去するというのです。

続いて、「次回に取組む行動の行使権を、軍総参謀部に渡そうかと思っている」とし、軍事行動まで予告しました。北朝鮮が軍事挑発を敢行した場合、金第1副部長が予告したように、9.19南北軍事合意が破棄される可能性もあります。

 

また、このような報復計画は、「敵対部門事業」の一環ではなく、国論として確固に固まったと言い、韓国政府との対話の可能性を一蹴しました。

金第1副部長は、「キム・ジョンウン国務委員長と党と国家から与えられた権限を行使」という表現を使って、対南事業総括であることを改めて明らかにしました・・>

https://news.v.daum.net/v/20200614071006688

 

もう懐かしい話ですが、南北首脳会談で韓国が大いに盛り上がって「日本は蚊帳の外!」「日本だけ乗り遅れているw」としていた頃。首脳会談の合意事項の中でも、南北軍事合意は文政府が言う『平和』の象徴そのものでした。今まで、何度も韓国軍は「北朝鮮は軍事合意を違反していない」とフォローしましたが、ついに北朝鮮から「これから違反するよ、それがどうした?」と言われる日が来た・・またはもうすぐ来るわけです。結局、何だったのか?としか思えません。でも、K防疫があるし選挙も終わったからきっと文大統領は大丈夫です!(意味もなく!を付けてみます

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5