北朝鮮、本当に連絡事務所を『爆破』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

「撤去」と思っていた私が甘かったようです。北朝鮮が、開城(ゲソン)にある南北連絡事務所を、「爆破」しました。統一部が公式に発表しました。以下、聯合ニュースです。

<北朝鮮が16日午後、開城の南北共同連絡事務所を爆破した。統一部は「北朝鮮が今日の午後2時49分、個性南北共同連絡事務所庁舎を爆破した」と明らかにした。これで、2018年4月27日に南北首脳が合意した「板門店宣言」に基づいて、その年の9月に開城でオープンした連絡事務所は、開所1年9ヶ月ぶりに消えた。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

金与正朝鮮労働党第1副部長は13日、談話で「遠くないうちに、使いみちのない北南(南北)共同連絡事務所が形もなく崩れる悲惨な光景を見ることになるだろう」と予告してから、三日ぶりに早くも実行に移したのだ・・(画像キャプチャー・引用:聯合ニュース>

https://news.v.daum.net/v/20200616160701148

 

以下、2018年9月14日京郷新聞、「もう一つの歴史、統一のための大きな一歩・・南北連絡事務所開所」という記事から引用してみます。

<・・開所式に出席した人たちは、感無量の表情が隠せなかった。大統領外交安保統一特別補佐官であるムン・ジョンイン延世大名誉教授は、「南と北が正常国家だとするなら、事実上、国家間の連絡事務所が出来たのと同じ」とし「非常に歴史的なこと」と話した。

コ・ユファン東国大教授は「常時コミュニケーションチャンネルが用意され、南北関係を制度化するという意味がある」とし「次はソウルと平壌に連絡事務所を設置することになるだろう」と期待した。

チョン・セヒョン前統一部長官も「連絡事務所がそれぞれ平壌駐在、ソウル駐在連絡代表部に発展しなければならない」「非核化のスピードによるものだろう」と強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20180914215340791

この理屈だと、「大使館級」の施設が爆破されたことになる・・とも言える気がします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5