北朝鮮、新型SLBMまたはICBMを公開か?金正恩専用機、羅先地区へ

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

動きが急すぎで、まだ何とも言えませんが・・金正恩氏の専用機が、羅先地区に向かったとの報道があり、新型SLBM(潜水艦から発射する弾道ミサイル)を公開するのではないか、と言われています。

個人的に、何か前から作ってきたものを予定通りに公開し、米国に対しては「韓国のせいだ」として逃げ道を確保しようとするのではないか、そんな見方もできなくはないと思われます。以下、韓国日報の記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<金正恩 北朝鮮国務委員長が国内訪問に使用する高麗航空の旅客機が、平壌を出発し、北朝鮮の東海岸に向かって飛行する航跡が捕捉された。咸鏡北道の羅先地区で金委員長が直接参加する行事が行われる可能性が提起されている。特に一部では、新浦(シンポ)で新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が公開される可能性があるという観測も出ている・・

 

・・新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で北朝鮮は国境を封鎖し、北朝鮮の航空機の国内飛行が確認されたのは、4月以降初めてだ。ある外交筋は「最近、羅先地区で、金委員長が直接参加するイベントがあるという話があった」と伝えた。ある対北朝鮮専門家は「咸鏡南道の新浦でSLBMが公開される可能性がある」と述べた。

キム・ドンヨプ慶南大極東問題研究所教授はこの日、日本の朝日新聞に、「北朝鮮はすでに正確なロードマップを作成、低い水準で挑発で始め、韓国政府の対応を見ながら、水位を上げていくだろう」、「新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)を公開することもありえる」と述べた。アメリカの声(VOA)放送によると、北朝鮮は2〜4月、新浦造船所でミサイル射出試験をしたことがある・・>

https://news.v.daum.net/v/20200617110725333

 

急激に崩れていく、いや「最初から何も無かった」ことが急激に明らかになりつつある、南北平和。こうなった以上、文在寅大統領に残された道は、中国だけです。中国を動かすため、文大統領は何をするのか。何が出来るのか。いまのところ、詰んでいるようにしか見えません。G7で何かやらかす、とか・・・?

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5