相次ぐ名(迷)言・・大統領直属諮問機関副議長『爆破された建物のとなりの建物、ガラス直してそこを使えばいいじゃないですか』

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

大統領は自ら前に出ず、統一部長官が辞任、国家安全保障会議メンバーや大統領府の人たちが強い論調で北朝鮮を批判しています。

しかし、昨日の「大砲」発言のように、与党側で重要な職位を持っている人たちが、まだまだ北朝鮮を一方的に擁護する発言を続けています。基本的に「ことがこうなったのは米国のせいだ」ですが、その中、とてもユニークな発言をした人がいたので、紹介します。『(爆破された建物の)隣の建物に、空いた部屋はいっぱいある。ガラス直してそこに入れば(そこを連絡事務所にすれば)いいじゃないか』です。

前にも本ブログに出演(?)したことがある、大統領直属諮問機関の副議長です。東亜日報の記事、部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<チョン・セヒョン、民主平統諮問会議の首席副議長は、北朝鮮が開城(ゲソン)の南北共同連絡事務所を爆破したことと関連し、「関係を復元することができる余地を残しておいたものだ」と楽観的に解釈した。チョン副議長は17日午前、tbsラジオ「キム・オジュンのニュース工場」に出演して、このように述べた。司会者キム・オジュンも、今回の北朝鮮の挑発に対して「今回の場合は、(北朝鮮が)事前に、そのようにすると数日前に予告してから行動したわけだから、北朝鮮が関係を断ち切るつもりではないと、私も思う」と擁護する立場を取った。

 

チョン副議長は「共同連絡事務所を爆破したのは事実だが、その機能は、後で復元できる。そのとなりに、今、窓ガラスが壊れている15階建てのビル、空いてる部屋が多い。そこ、ガラス直して入ればいいのだ」と述べた。

続いて「完全に関係を切ったわけではない・・(※略)・・こちら(※韓国)の行動が遅すぎるから、もうちょっと早く動いれくれというメッセージで、爆破までした」と北朝鮮の立場を強調した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200617204035963

 

もうちょっと早く動いてくれよバカ!(ドカーン)・・そんな展開だったとは、知りませんでした。というか、知りたくありません。一つ、チョン副議長の主張通りなら、ツンデレの可能性があります、金◯正氏って。

「ば、爆薬が余ったから爆破しただけなんだからね!」とか言っているのでしょうか・・・・・・・・・・・・・あ、気分が悪くなりそうで、ここらへんで。予定に無い更新でした。雑談カテゴリーにしております。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5