(※再UP)新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>のご紹介

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

以下、1ヶ月前に書いたエントリーを再UPしたものとなります。

新型コロナで本の売れ行きも苦しくなっている中、こうして新しい本の紹介が出来、そして、5月31日に発売日を迎えることが出来ました。いつものことながら、私は本当に恵まれている人間だな・・と思わずにはいられません。

新刊は、『日本語』に関する本です。アマゾンなど一部のサイトに掲載されましたので、今日から紹介致します。「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論という、恐縮なタイトルです。赤い字の部分がアマゾンリンクになっていますので、ご注意ください。電子書籍も同じページから選択出来ます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

私が韓国で宗教、またはそれに近い形で接してきたものは、儒教とキリスト教でした。本ブログコメント欄では朝鮮半島儒教、ウリスト教などと言われている、あれです。儒教もキリスト教も、とにかく「敬」を示せ、というのは同じです。徳が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。罪を赦してくれる神様に敬の意を示せ、自分は罪人だと認めろ、と。それに、「人が正しい生き方をする」には他の方法が無いとしており、ある意味、とても一方通行です。逆の方向には、「敬」を示しても意味がない、究極的には何も変わらないことになって
いるからです。むしろ、双方向性を望むことは、世の中の理、または絶対的な神の意志に反することだ、ある意味、「罪悪」なのだ、というニュアンスすら感じられます。

 

私は、韓国で、ざっと四十年間、実生活の中で、これら二つの思想を経験しました。そして、疲れました。神様や徳のせいではなく、『人』に疲れました。神も徳も悪くありません。ただ、人と人の関係も一方通行で、それに疲れました。

本書には、一部の文章に、「神国」という言葉が出てきます。「神国」にもいくつか意味がありますが、本書で言う神国は、単に、「神々が宿る国」という意味になります。ものすごく曖昧で哲学的で難解な表現なのに、「ま、そういう意味だよね」と、ある程度は分かってしまうから、不思議なものです。

真の神国とは、神が人間との共存を受け入れ、人間が神との共存を受け入れた国のことではないでしょうか。もっと簡単に言うと、人が人に、人が神に、神が人に、疲れない国、それが神国です。

そのために必要なものはなにか。何が神国を支えているのか。私は、その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。「日本語と関係あるのか?」と思われるかもしれませんが、私が「比較」が出来るほどの知識を持つ2つだけの言語、韓国語と日本語を考察してみると、それが分かってきます。本書は、そういう感覚を率直に書いた、そんな本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。アマゾン記載情報だと5月31日発売です。また、よろしくお願い致します。

(アマゾンリンク)「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論

 

5月31日は、まだ臨時休業の書店もあるので、いつもとは少し違う書店を巡ってみるつもりです。31日午前の更新は、少し遅れるかもしれません。

それでは、行ってきます(・∀・)ノ

 

 

※本ブログの各エントリーは、3週間後にはコメント欄が自動的に閉じる仕組みになっています。ブログの最初にある『インフォメーション』エントリーだけはコメント欄が無くなることが無いので、もし本エントリーにコメントが出来なくなっていたら、インフォメーションの方にコメントください※

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が2020年5月31日発売です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。5月10日の文春オンラインで紹介される予定です!

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (521)

“(※再UP)新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>のご紹介” への49件の返信

  1. コノザマ喰らってやっと読めました、面白かったです。
    そんなことか、と言うよりそこかい、でした。旅行でいらしてた時も注目されてませんでしたっけ。

    でも目の前にあって認識してても、これを自覚して「言葉」にするとまた違ってきたり、より腑に落ちたりしますものね。うまく言えないけど気になったりもやもやすることの何故を突き詰めて考えた時に、これだという答えに辿り着けるとスッキリしますね。そうやって整理がつくと自ずから対処も容易くなるし、より良くやより好ましい楽しいを目指す余裕も出来たりすると思います。

    目指せ可愛いおいちゃん路線でしょうカ(≧▽≦)キュート

    今回楽しく書けたというのも納得です。また、とても楽しそうに描けてると思います。読んでて面白楽しかったです。喜ばしいですね。

    そして重箱の隅~♪
    >欲張りする
    「欲張り」は主に形容詞としてしか使わないので、この場合は「欲張る」と動詞活用するのが自然です。「欲張り」や「する」を使いたい時は「欲張りな真似をする」「欲張ったりする」などですかね。慣用表現では「欲の皮を突っ張らせる」などと申します。「欲の皮」がなんなのかは知らないデス。

    さ、次の御本お願いしますデスヨ。

  2. 新刊「高文脈文化」~最寄りの本屋で本日購入しました。
    いつもの韓国本コーナーでなく、文学書新刊のコーナーにあって
    店員さんのお手伝いもあってようやく見つけました。

  3. 夕方に届き、一気呵成に先ほど読み終わりました
    そして最終章で目頭が熱くなりました
    そうですよ
    他人はどうでもいいのです
    神様はちゃんとご存じですから

    そして気になったことが一つ
    伏見稲荷にお参りになったとき、神職のかたが「お稲荷様」ではなく「お稲荷さん」と仰ったことにビックリされた下りがありましたね
    あれね、関西では「さん=様」なんですよ
    音便でさまがさんになったのです
    ですから文語では様と書きます
    さんは口語なのです

    京都では昔から神さん仏さん天皇さん皇后さんです
    これは庶民だからではなく、皇族や公家などの身分のある方もおなじように「さん」を使いました
    ついでにお芋さんお豆さんお粥さんなど、食物にもさんをつけることがあります

    人でも物でも粗末に扱ってはいけない対象にはみんな「さん」付けです
    そこには上下の意識ではなくて、対象への尊重なんだろうと思います

  4. スレ違いをご容赦下さい。

    私は韓国のここ数年の出来事しか知りませんけど、
    嫌韓にも飽き、無韓状態です。
    ただ願わくば、みずほ銀行がサムスンとの取引を中止する事を望んでいます。

    みずほ銀行が取引を中止すればサムソンが倒産する引き金になります。

    そんな状態になれば文化の違いなど、弾け飛んで韓国が金融で死にます。

    それを望む今日この頃です。

  5. シンシアリーさんの例えがツボにはまり
    鬼コーチとザコキャラと生徒会長が頭から離れません

  6. 申し訳ございません。
    コメントの一部が表示されていなかったので修正させてください。

    シンシアリーさん
    新作「高分脈化」日本の行間
    を読ませていただきました。
    日本語及び日本文化における「行間」という、考えたことのない点からの面白い考察をされていて、とても勉強になりました。

    さて、この本を読んでいて私の感じた違和感についてお伝えさせて下さい。
    私はKindleで読みましたのでページをお伝えできないのですが、『世界で韓国語だけの訳し方「イエス尊待法」』の章です。
    韓国語の聖書では、イエスが弟子に対して、
    「僕について来い。僕がお前たちを、人間をとる漁師にしてやる」
    と言ったことに対して、シンシアリーさんは「イエスがタメ口を叩く」と表現されていました。
    しかし、私の感覚では、このイエスの言葉遣いは「タメ口」ではありません。
    上から目線の高慢な物言いを「タメ口」とは言わないのではないかと思いました。
    「タメ口」は、気安い友人間だけではなく、親子間でも使われる言葉遣いです。
    そのため、「タメ口」を使う間柄は、両者の関係が平等や対等の立場を表すものではく、関係における距離感が近いというニュアンスになります。
    上のイエスの言葉は、距離感が近い間柄で話す「タメ口」ではない気がしました。
    それじゃ「タメ口」でなければなんなんだと問われると、そもそも上のイエスの言葉遣いが許される間柄が思いつかないので、適切な言葉は分からないのですが…
    ただ、タメ口には上から目線で話すという意味はないので、私は違和感を覚えた次第です。
    この点をお伝えしたく、コメントさせていただきました。

    いい本を読ませていただき、ありがとうございました。

  7. シンシアリーさん
    新作「高分脈化」日本の行間
    を読ませていただきました。
    日本語及び日本文化における「行間」という、考えたことのない点からの面白い考察をされていて、とても勉強になりました。

    さて、この本を読んでいて私の感じた違和感についてお伝えさせて下さい。
    私はKindleで読みましたのでページをお伝えできないのですが、『世界で韓国語だけの訳し方「イエス尊待法」』の章です。
    韓国語の聖書では、イエスが弟子に対して、

    と言ったことに対して、シンシアリーさんは「イエスがタメ口を叩く」と表現されていました。
    しかし、私の感覚では、このイエスの言葉遣いは「タメ口」ではありません。
    上から目線の高慢な物言いを「タメ口」とは言わないのではないかと思いました。
    「タメ口」は、気安い友人間だけではなく、親子間でも使われる言葉遣いです。
    そのため、「タメ口」を使う間柄は、両者の関係が平等や対等の立場を表すものではく、関係における距離感が近いというニュアンスになります。
    上のイエスの言葉は、距離感が近い間柄で話す「タメ口」ではない気がしました。
    それじゃ「タメ口」でなければなんなんだと問われると、そもそも上のイエスの言葉遣いが許される間柄が思いつかないので、適切な言葉は分からないのですが…
    ただ、タメ口には上から目線で話すという意味はないので、私は違和感を覚えた次第です。
    この点をお伝えしたく、コメントさせていただきました。

    いい本を読ませていただき、ありがとうございました。

  8. シンシアリー様、こんばんは^_^

    先程、楽韓さんが、

    とりあえず購入~。
    「高文脈文化」日本の行間 ~ 韓国人による日韓比較論 ~ (扶桑社BOOKS)
    「高文脈文化」日本の行間 ~ 韓国人による日韓比較論 ~ (扶桑社BO

    と書かれていましたよ^_^

    私は明日書店で買う予定。とても楽しみです!

  9. うむむ、早く読みたいのにAmazonではまだ発送すらされてません
    6月3日までの配達となってますから3日に届く気がします
    いつもなら遅くとも発売日の翌日には届くんですけどねえ、コロナの影響なのかしら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。