韓国、『(韓国の言う)輸出規制』でWTO提訴・・パネル(小委員会)設置要請

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国が、例の3品目の対韓輸出管理厳格化の件で、WTOにパネル設置を要請しました。パネルとは小委員会のことで、これで『提訴』となります。以下、マネートゥデーの記事から、部分引用します。

<日本の輸出規制措置を世界貿易機関(WTO)に提訴した政府が、WTO事務局にパネルの設置を要請した。両国は、本格的な裁判手続きに入ることになる。

18日、産業通商資源部によると、駐ジュネーブ韓国代表部は18日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWTO事務局と州ジュネーブ日本代表部にパネル設置要請書を発送した。これは来る29日に開催された紛争解決機構(DSB)会議で扱われる見通しだ。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

パネル設置要請は、提訴国がWTOに裁判所の構成を要求する意味であり、裁判の手続きを開始するための、事実上の最初の段階となる。

以後、WTO事務局は、裁判官3人でパネルを構成し、1審の手続きを進める。どちらかが1審の結果に不服すると、上訴機構(※上級委員会)で審議される。通常、1審は1〜2年、上訴最終結果が出るまで2年以上かかる・・>

https://news.v.daum.net/v/20200618190520889

 

さて、予定通り、WTO提訴となりました。いまのところ、それ以外はあまり書くこともありません。

日本としては、十分予想できていたはず。「上訴機構が機能できないでいる」こともありますが、いろいろとしっかり対応してほしいところです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5