韓国の中国大使、連絡事務所爆破の件で「知りませんね。私は北朝鮮のスポークスマンではありません」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

北朝鮮の件で、一応「対話を諦めないで」としているものの、中国の反応は「私たちは関係ない」というスタンスを強調しています。朝鮮日報が中国大使の発言をまとめた記事を載せましたので、紹介します。

<シンハイミン(邢海明)駐韓中国大使が17日、北朝鮮が開城の南北共同連絡事務所を爆破した件と関連して、「北がなぜそうしたのでしょう(私は知らない)。私は北のスポークスマンでもないし」、「(北朝鮮が)勝手にやったことです」と述べた。遺憾表明や北朝鮮への挑発自制要請・言及はなかった。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

シン大使はこの日、ソウル大国際大学院で開かれた座談会で「事務所爆破について、中国内でその予想や兆候があったのか」という質問に、このように答えた。続いて「韓半島には重要な2つの車輪があり、それをちゃんと回すと、正常的になるでしょう」とし「一つは、北米(※米朝)関係であり、もう一つは、南北関係」とした。また「北米関係で良い成果があれば、韓半島情勢に大きな助けになるだろう」とした。

シン大使は、「南北関係は『血は水よりも濃い』という言葉のように対話を通じて和解と協力を実行すると、国民に安定と平和があるだろう」とした。また、「(南北が)あきらめないで対話を通じて関係を改善しながら、平和を維持してほしい」と述べた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200618093537518

 

どことなく、「米国のせいだ」と言っているような気がするのは、私だけでしょうか。何か良いことなら「中朝関係と南北関係が重要だ」と言ったでしょうに。表向きには民族平等、実際には民族差別(「中華」は差別を必要とします)に走っている中国が「血は水より濃い」と言っても・・

シン大使はまた、「韓中は利益共同体、運命共同体」「ポストコロナ時代に韓中関係をより大きく発展させよう」などと話しました。

 

北朝鮮は、いつものような過激な発言は無かったものの、「始まりに過ぎない。正義の爆音が止むことはないだろう(労働新聞)」など、措置は続くことを示しました。多分、次は、開城工業団地などに軍が配置されることでしょう。

開城に工業団地を作ったのは、そこに「軍を置かない」という意味が多かったのもあります。開城にあった北朝鮮の砲撃部隊は、韓国の首都防御に大きな脅威でもありましたので。一応、「こんな動きがあります」以外に大きな進展は無く、さすがに少しは様子見モードになったのかもしれません。

最後に、トランプ大統領が北朝鮮制裁に関する行政命令を一年延長しました。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5