復活のレナスレ・・レナ、自然光の撮影スタジオへ行く

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください。レナスレとなります。ドール写真エントリーですので、苦手な方はご注意ください。

レナスレをUPするときには、いつもほぼ同時刻にブログ本題(韓国情報)エントリーを一緒に書くことにしています。すぐ後に『ワーキンググループボイコット』もUPしますので、本題はそちらの方を御覧ください

 

世界(脳内)待望の、レナスレ復活です。今回は、撮影スタジオとしては珍しく、自然光中心のところに行ってきました。全ての写真は、カメラに付ける小さなライト以外は、すべて自然光(窓)のもとで撮影したものとなります。例の「韓国の某地上波番組」の件があったので、どこのスタジオなのかは明らかにしません。それでは、愛と根性でまいります。

まず、前にも紹介した赤いドレスと赤いマントです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

 

ここからはちょっと変更。マントでは暑そうだったので、ちょっと前に紹介したストール(ミニハンカチ)と、チョーカー(首のアクセサリー)を付けました。

額縁を立てただけなのに、全然違うイメージの写真になります。ちなみに、フレームの下は左足、上は左手で固定して右手で写真撮りました。

 

なぜかレナサイズのピアノが!本当に音が鳴ります。

 

個人的に、↑が今回のベストショットだと思っています。

鍵はチェスボードの「メイド・イン・チャイナ」の字を隠すためのものです(雰囲気が壊れる)・・

 

とても素敵なステージでした。

今回のレナスレはここまでです。次は、スタジオの雰囲気にもよるけど、もう少し普通っぽい服でもいいかな・・と思うシンシアリーでした。

それでは、また! (・∀・)ノ

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5