韓国、ユネスコに日本の「明治日本の産業遺産」指定取り消しを要求

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

いわゆる軍艦島など、明治日本の産業革命遺産のことで、韓国政府がユネスコに対し、文化遺産指定の取り消しを正式に要求することが明らかになりました。以下、聯合ニュースから部分引用します。

<政府がユネスコに、「軍艦島」(端島)など、日本の近代産業施設23ヶ所の世界遺産指定取り消しを要求する内容の、パク・ヤンオ文化体育観光部長官名義の書簡を、今月中に送ることにした。日本政府が最近オープンしたユネスコ産業遺産情報センターで、軍艦島関連展示で強制動員の事実を記載することにした約束を履行していないことに対する、対応の次元である。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

パク長官とチョン・ジェスク文化財庁長は18日、国会文化体育観光委員会所属・共に民主党対象懇談会の業務報告で、関連質疑を受けて、このように明らかにしたと、民主党のチョン・ヨンギ議員が21日、伝えた。チョン議員は「外交部ではすでに進行中の事案であるが、文化財庁と文化体育観光部もより強く推進する必要があるという意見を表明した」と述べた。これにパク長官は「外交部とは別に強く書簡などで対応を行う予定」と回答したものと伝えられた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200621210320485

 

韓国国会もまた、この件とは別に、日本が『強制労働』を明記するなどを促す、決議案を用意している、とのことです。いつもなら形式的にも日本側と話し合って、「話し合おうとしても日本が応じようとしなかった」とかそんなこと言いながらユネスコ側に書簡を送ったりするはずですが・・ユネスコに取り消しを要求することから始めるとは、いつもより急な展開です。北朝鮮関連の不満を日本に向かわせるつもり、というのもあるでしょう。もちろん、それがなくても、いずれこうなるはずではありましたが。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5