韓国の人口比感染者数、アジア太平洋地域21カ国の中で16位

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

斜陽ネタになりつつあるK防疫ですが、「そもそも、なんで欧米と比べてんの」という記事がありました。韓国を含めてアジア太平洋地域21ヶ国の人口比感染者数を比べると、韓国は21ヶ国の中で16位だというのです。以下、中央日報の記事、部分引用します。

<・・これまで政府は「K防疫」云々し、韓国がコロナ防疫の模範国だと自画自賛してきた。米国・イタリア・フランスなど防疫に失敗した西洋の先進国と比較して、私たちを優等生として描写してきた。

果たして、本当にそうなのか。周辺を見てみよう。韓国に近いアジア・太平洋地域には、21カ国(北朝鮮を除く)が属している。韓中日アセアン10カ国、オセアニアの4カ国に加え、モンゴル、台湾、香港、マカオが含まれる。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

そこで、人口比の確診者を見ると、韓国の防疫成績はあまりにもみすぼらしい。 21カ国のうち16番目、最下位から6番目だ。 22日現在、韓国の100万人当たりの確定者数は241人。韓国より多い国は、シンガポール(7212)・ブルネイ(336)・オーストラリア(296)・マレーシア(270)・フィリピン(267)だけだ。

にもかかわらず、文在寅大統領は、「我々は、防疫で世界をリードする国になった」と自慢している。さらに当局は、1200億ウォンのK防疫広報予算まで作っておいた。

このような虚勢が、言葉だけで終わるならまだ幸いだ。しかし、誤った宣伝は、国民を危険に陥れる。政府と与党は4月の総選挙の直前、新規感染者が20人以下でコロナ防疫に成功したと宣伝し始めた。これにより、国民の緊張とソーシャルディスタンスは緩んでしまった・・

・・結果はどうだ。最近確診者が70人近く跳ね上がり、第2の大拡散を心配しないといけなくなった。外信の目も冷ややかになった。数日前に「ウイルスの復活が韓国のサクセス・ストーリーを脅す」というAPの記事を、多くの海外メディアが我先にと掲載した・・>

https://news.v.daum.net/v/20200623004142240

 

24日時点では、韓国が(100万人あたり人口比で)245人、日本が143人です。K防疫エントリーにはいつも書いている内容ですが、私は韓国のコロナ防疫そのものを全否定するつもりはありません。そもそも、どこの国も、新型コロナ防疫はまだ終わった問題ではありません。

ただ、K防疫っていったい何だったのかと、バカバカしいとは思っています。社会規模の、集団催眠、または劣等感の爆発?そんなものだったとしか思えません。

それに、これは北朝鮮問題での「蚊帳の外」「日本パッシング」もそうでしたが、今回の新型コロナ問題でも、「韓国を見習え」、「韓国から学べ」・・そう騒いでいたアレは、いったい何だったのか。それもまた、気になるところです。

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5