韓国地上波放送局、対北ビラ団体代表の自宅前の映像を放送か・・住所は安保上の秘密事項

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

この前「対北ビラ」を飛ばしたと主張した脱北者団体の代表、Pさん。昨日、Pさんは自分を取材する韓国の地上波放送SBSの記者を暴行、阻止する警察にガス銃を噴射するなどで、激しく抵抗しました。

許されない行動ではありますが、ここで念頭に置くべきことがあります。取材現場が、そのPさんの家の前(※アパートの中)で、取材陣はそのままカメラを回していたことです。Pさんは、「北朝鮮に、『お前たちにビラ飛ばしているPの家だ』と教えるようなものだ」と主張しています。

現在、Pさんはビラの件で、家宅捜索を受けています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

『一応』、名前、住所の一部などは全て伏せ字にしました。原文では伏せ字ではありません。

<対北ビラを散布してきた脱北者団体「自由北韓運動連合」の代表P氏**の行為が度を超えている。P氏は去る23日午後9時ごろ、ソウル**区の本人住居地に某放送社の取材陣が訪れてくると、暴行を張った。関連ニュース映像を見ると、P代表は、自分の家の前にある取材陣を見てすぐにい暴言を浴びせ、女性PDの髪の毛を引っ張った。カメラを持った取材陣にパンチして、廊下にいたレンガを投げた。暴行を受けた取材陣は脳震盪診断を受けるなど、傷がひどい状態だ。現在、警察の身辺保護を受けるP代表は、自分の行動を阻止する警察官に所持しているガス銃を噴射したという・・(国民日報、ソース記事への外部リンクです)>

 

<脱北者団体「自由北韓運動連合」のP**代表が自分の住居に訪れた某放送局の取材陣を警察に告訴した。自由北朝鮮運動連合は25日、立場門を出し、「P代表の家の前に訪ねてきた取材陣は、国民を殺そうとする北朝鮮の極悪非道な殺人蛮行に公募する野蛮な行為を犯した」と、彼らをソウル松坡警察署に告訴したと発表した。

この団体は、「国家情報院、警察、統一部などが、P代表の家や事務所を極秘安保事項にしているのに、どうやって知ったのか、夜に4人が訪れてきた」とし、「『金正恩よ、あなたが殺したがるPは、この場所に住んでいるぞ』と教えてやろうとする意図であろう」と主張した。

続いて「この放送によりP代表の住んでいるアパートはテロの脅威に完全に露出、もう住むことができない」とし「莫大な身辺の脅威やストレスに、未成年であるP代表の息子は、現在、うつ病で食事もできないでいる」と付け加えた・・(中央日報)>。

警察は現在、Pさんの家を家宅捜索中です。ビラの件で。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (110)

“韓国地上波放送局、対北ビラ団体代表の自宅前の映像を放送か・・住所は安保上の秘密事項” への36件の返信

  1. 韓国で乙になったりナムになったりするとこういうことになるんですね。
    プライバシーより国民の安全と言った人権派閥大統領はこれも国民の安全に含まれるのですかね。
    それともP氏は守るべき国民に入ってないのかも。

  2. 少なくとも、SBSのスタッフは「北朝鮮の人が暗殺なんて不法行為する筈がない」と思い込んでいるんだと思う
    まさか、「あなたの暗殺のターゲットはここにいますよー」なんて不法行為に手を貸すはずがないじゃないですか、まともなマスコミがwww

  3. ミヤネ屋でやってましたね。
    SBSはアポを取っていたとの事ですが、疑わしい物です。
    Pさんも暗殺未遂にあった経験があって、最近の情勢でかなりピリピリしてたのでしょう。で、疑問が2つ。
    疑問1:暗殺未遂
    同じ脱北者で10年来の友人に暗殺されかけた。待ち合わせて逮捕。未遂犯の所持品は懐中電灯、万年筆に偽装した銃(毒つき銃弾)。
    この情報だけが放送されてましたが、銃を渡したのが、韓国の諜報機関だと構図が変わりますよね。Pさんにスパイ疑惑があった事になる。真実は闇の中です。

    疑問2
    そこまでピリピリしておきながら、1人で帰宅というのは謎。暗殺に怯える人間が、自宅前で待機する怪しい集団がいた場合の行動としても謎。家族が応対して、Pさん宅である事を否定して貰う。警察を呼ぶ。
    1人で素手で殴りかかるのは謎ですね。

    素直にPさんを信じる事は難しいのです。
    別に、ど~でもいいけどね。

  4. “北”じゃなくて”市民”に知らせてるんでしょうね。それで十分なのでは。
    マスコミもだが、Pも、やはり同じ民族って感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。