北朝鮮関連、韓国の世論調査結果・・「対話」か、「圧迫」か

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

最近、特に色々あった北朝鮮問題。大統領諮問機構である「民主平和統一諮問会議」が実施した世論調査結果が出ましたので、紹介します。

今回の北朝鮮の反応に対し、韓国政府が取るべき政策はどういうものか、という質問でしたが、『国際社会と北朝鮮に圧迫をかける』が41.6%ともっとも多くの支持を得ました。ソース記事も、「国民は強い対応を求めている!」と分析しています(この点、ソース記事と本エントリーとは同じ資料に対して別の見方をしていることになります)。ここまでなら、私もそう思いますが・・・実は、この後の質問が、微妙です。以下、毎日経済の記事をソースに、ちょっとだけ書いてみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

多くの支持を得た順にすると、次の質問項目は、これです。「状況が落ち着いてから、対話の雰囲気を造成する」が30%。そして、「南北関係改善のために両首脳が合意事項を履行する」22.8%。

この二つの内容は、とても「強い対応を求めている」とは思えません。私がおかしいのでしょうか。二つを合わせると、52.8%になります。

実際、与党が進めている、板門店宣言の国会批准(南北首脳会談での合意内容に法的拘束力を持たせることになります)には、54.2%が賛成しました。反対は35.4%。

「防疫関連で協力すべきだ」は61.2%の賛成(反対35.7%)と、まだまだK防疫の力でなんとかなると思っている人たちが多いようです。対北ビラ禁止法(「対北ビラ禁止」ではなく、「対北ビラ禁止『法』」となります)には、この前の別の会社の世論調査のときより大いに賛成が増え、61.5%が賛成、33.9%が反対でした。

https://news.v.daum.net/v/20200626163900556

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (117)

“北朝鮮関連、韓国の世論調査結果・・「対話」か、「圧迫」か” への30件の返信

  1. これって「国際社会と共に」「北朝鮮に」「圧迫」ですよね?
    「国際社会及び北朝鮮」「に」「圧迫」じゃないですよね?
    いや、南朝鮮のばあい後者の懸念が捨てきれなくて…
    自分の立場とか理解してると思えないんで…

  2. 匿名は読まない。
    ここは、いつのまにか匿名ばかり
    読む※が、少ない少ない

    あ~あ、邪魔だな~~ 匿名.匿名.匿名

    1. 匿名でなくても少し長ければ「長いから読まない」と文句を言い、短くても内容がまともに理解できていません。

      匿名うんぬんの前に国語力を磨くほうが良いかと思います。
      昨日のは酷すぎです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。