イ・ヨンス、「これからも挺対協(正義連)と一緒。再び水曜集会に出ます」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

あれだけ大騒ぎを起こしておいて、イ・ヨンスが正義記憶連帯(挺対協)と再び組むことにしました。直ちに廃止せよ、としていた水曜集会にも、また参加するとのことです。

前から「慰安婦団体の不正問題として認識されているだけで、慰安婦問題そのものは変わらない。正義記憶連帯がダメでも、他の組織が後を継ぐだけ」とは思っていたし、同じ趣旨をブログに書いたりもしましたが・・まさか、正義記憶連帯に戻るとは思いませんでした。あれだけ敵視しておいて、いまさらよく戻れるものですね。多分、「条件(?)」がいちばん良かったのでしょう。

以下、マネートゥデーの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<正義記憶連帯の後援金不正疑惑を提起し、水曜集会不参加を宣言したイ・ヨンスさんが、水曜集会に戻ることにした。「慰安婦」歴史教育観設立、韓日学生交流などイ・ヨンスさんの要件を、正義記憶連帯が受け入れ、推進する方法ことにしたからだ。双方は来月中に具体的な計画を発表する計画である・・

・・今後、両方の立場発表まで行われた場合、イ・ヨンスさんと正義記憶連帯の対立は解消局面に入るものと予想される。イさんは、先に二度の記者会見で正義記憶連帯のこれまでの活動を強力に批判してきた。イさんの立場の変化は、イ・ナヨン理事長など正義記憶連帯側がイさんとの出会いを重ね要請し、行われたと伝えられた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200628141653837

 

やはり、予想通りのツマラナイエンディングです。ユン・ミヒャン氏関連の捜査も、これで有耶無耶にされるでしょう。与党側としても、これで一安心のはずです。ただひとつ、前と変わったものがあるなら、一部の強い与党支持者たち(ムンパなど)にとって、イ・ヨンスはすでに『ナム』になっている点です。今回の件も、ソース記事のコメント欄には「いまさら何だ」「顔の皮があつすぎる」などのコメントが目立っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (144)

“イ・ヨンス、「これからも挺対協(正義連)と一緒。再び水曜集会に出ます」” への60件の返信

  1. 本物の慰安婦じゃないことをバラすぞ、って脅されたとかね

  2. 「お金のためなら何でもしますよ」と、自分で言っているようなものなので、75年前もそうだったのだと推測されるのですが。

    それと、「言っていることがコロコロ変わる」のも自ら証明していますね。

  3. 日本は、日本の国益を棄損する韓国を
    徹底的に叩きのめさなければならない。

  4. 詐欺が多い韓国なら、インチキ臭いけれど生命力があって、貪欲に諦めないお婆さんは魅力的に思えるところがあるのではないでしょうか。
    国によって好むタイプは違うし、時代によっても変わる。今の若い世代がバブリー時代の肩パットファッションを好まないのと同じ。
    韓国オリジナルですよ。
    日本だと、若い頃から老け役をやっていた菅井きんさん、樹木希林さん等が老いてますます人気になったり、生き方を学ぶ対象になったりしましたが、そんな対象になると思います。
    韓国のマーケティングにあっています。

  5. 「四番のイ・ヨンス選手は振り逃げで一塁に進みました。イ選手、ガッツポーズです」
    「振り逃げでガッツポーズする四番打者は初めてみますよ」
    「よほど嬉しかったんでしょう。とにかくライヤーズ、逆転のランナーが一塁に出ました」
    「イ選手はこれ以上は欲をかかないほうがいいですね。下手に盗塁なんか狙うと刺されますよ」
    「ジャスティスのキャッチャーはとんでもない狂犬ですからねえ」
    「イ選手、はたして逆転のホームを踏むことができるのか。ライヤーズ次のバッターは……」

  6. あの醜悪婆も正義連とやらも、どうなろうが興味などないが、これで横領・詐欺事件が有耶無耶にされるとか、正常な法治国家では考えられないことだ。他の詐欺事件等でも、同じように有耶無耶にされたり、無かったことにされたりするのであろうか?日本海を挟んで、北も南も合わせて、朝鮮というパラレルワールドが存在するのだな。そんなヘルゲートは未来永劫閉じておきたいわ。

  7. こんなんでホルホルしてるネトウヨは馬鹿。
    またしても最初っからわたしが言ったとおりになったでしょう、いつも通りに。

    1. 何を前に言ったかは興味ないのですが、
      とりあえず昨日の「中国は淡々とG7の『中国in日本out』を狙っている」があまりにバカすぎたので、その延長ととらえます。

      しかも「北朝鮮問題というのは、この中国によるプロジェクトの一環なのです」とか、もうね。
      G7に中国が入る計画など中国自身が否定するでしょうし、基本の理解の欠如だったりします。

      嘘とか認識の祖語多いよ。

      1. あ、あとねw
        書こうかどーか迷ってやめた、、、

        「法治国家」と「罪刑法定主義」の混同、、とかねw

        書き間違いってのはあるもんだけど、コイツはほぼ訂正しないし、
        過去の例から、「混同してるんだろなw」ってわかんだねw

        読んでてイラッとくるんだよねw(基礎知識がないからw)

      2. (略)

        >最近は、新興国経済の台頭などから、世界経済に関しては、G7に欧州連合(EU)、ロシア、新興経済国11カ国を加えたG20の役割が相対的に重要になってきている。ただし、G7は、自由、民主主義、法の支配、人権と言った基本的な価値観を共有する主要国の枠組みとして一定の意味がある。

        (略)

        >国際社会が不透明化する中、ロシアや中国が問題を起こした場合、価値観を共有する自由主義圏が意見表明できる枠組みとして、G7には一定の意義、存在感がまだ残っている。自由主義圏が一体化して国際問題に対処するうえで役割は高まっていくだろう。自由主義圏の先進国が定期的に一堂に会して率直な意見交換をすることだけでも意味がある。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

        ttps://www.zakzak.co.jp/soc/news/190831/dom1908310003-n2.html

        「書き方が弱いなぁ、、誰が書いた文章だろう?」
        と思ったら、好きな高橋センセだったw

        「基本的な価値観を共有する主要国」「自由主義圏の先進国」に、
        『中国』が入れる日がくるのだろうかw
        (その時が来るとすれば、それはもはや『中国』ではあるまいw、、と先日書いたわけだw)

        1. 無事に「中華人民共和国」が破綻して、四分五裂すると、可能性は有るでしょう。「中国」じゃないけど。

          例えば、福建は元々台湾と親和性が高いから、連邦国家を形成すれば面白いと思います。
          けれども福建が、台湾みたいに「中華」を捨てて民主化できるでしょうか。

          ※「ハゲタカ資本主義」には、すでになってるので、「民主主義が理解できるかどうか」と「中華思想は人類の敵、が理解できるかどうか」がカギ。
          ※ハゲタカ資本主義は民主主義の敵だと思います。
          衆愚政治が民主主義の敵である、というのと同じような意味で。
          ※ここでの「中華思想」は「シナ型中華思想」のこと、一般的な意味じゃないです。

          1. >衆愚政治が民主主義の敵である、というのと同じような意味で。

            (`ロ´)ノ「センセー、衆愚政治って民主主義のお友達だと思うのです」
            と教授「君は風邪などの病気は人類の友と考えるのかね?」
            み「えーっと、宿敵と書いて「とも」と読むような感じ?」
            と「・・・漫画の読みすぎです」

  8. そりゃさすがのイ・ヨンス婆さんも、まだ死にたくはないだろうしな。報酬が少し上がれば満足だろうよ。次また同じ騒動が起きるのはいつ頃かな?

コメントは受け付けていません。