元韓国軍将校「韓国軍慰安婦は、日本軍とは違う。情が通じ合っていたからだ」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

久しぶりに、韓国軍慰安婦関連の記事がありました。しかし、内容は今まで知られているのとほとんど差がありません。

朝鮮戦争のとき、「第5種補給品」という名で韓国軍慰安婦が運用されていたこと。戦闘で手柄をたてると、優先的に利用できたこと。女性の多くは、北朝鮮または北朝鮮側に同調する人の家から強制的に連れてこられたこと。軍の記録、当時の軍艦部の回顧録などでこれらの内容が確認できること。などなどです。

ただ、当時の軍艦部の一人が、「韓国軍慰安婦は日本軍慰安婦とは違う」としながら、「私たちは情が通じ合っていたからだ」と主張する部分があったので、今日、紹介したいと思います。こういう場合の情(ジョン)は、「密かに愛し合っていた」という意味になります。以下、ソウル新聞の記事です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・キム・グィオク教授(※少なくともこういう資料に出てくる人の中では、唯一、韓国軍慰安婦問題を研究している人です)は、「上級将校たちは、『(※慰安所を利用・運用したことで)私をなぜ日本軍のように扱うのか』と、韓国軍慰安婦について答えなかった。北朝鮮の女性を拉致してきた兵士は、「申し訳ないことだが、私たちは日本人と違って、情が通じあうよ」と弁解した。

別の兵士は「慰安所を利用すれば、すぐ死ぬという噂があって、私は話を交わしただけだと言った」と回想した。高リ・ヨンヒ教授は「実際に私が江陵部隊にいたとき、(※韓国軍)慰安婦に会った。私の人権意識が不足していたせいで、戦争体験談として記録したが、今思えば恥ずかしいことだ」と言葉を慎んだ。

 

軍当局は、韓国軍慰安婦問題に対する不満を隠そうとしなかった。キム教授は、2002年の調査結果を発表してから、外圧も続いたという。当時在職していた学校を介して、大統領府と国防部は、『静かに研究せよ』と言ってきた。今も軍は、韓国軍慰安婦に対しての口を閉ざしている・・>

https://news.v.daum.net/v/20200625164604134

彼らの言う「情」とは、慰安婦と通じ合ったのではなく、「韓国のことだからそんなの研究するな」という意味だったのかもしれません。どことなく、ネットで有名なフレーズ「韓国に対する愛は無いのか」と似ている気もします。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (138)

“元韓国軍将校「韓国軍慰安婦は、日本軍とは違う。情が通じ合っていたからだ」” への48件の返信

  1. >戦闘で手柄をたてると、優先的に利用できたこと。女性の多くは、北朝鮮または北朝鮮側に同調する人の家から強制的に連れてこられたこと。

     この記事によると北から女性を「連れてくる」というのは、一般兵士の士気を鼓舞するためだと書かれています。「君たちも北から連れてこよう」ということです。戦功により「優先チケット」も配られました。

     一見、韓国の慰安婦問題のようですが、「反日」という「真実」による「事実(Fact)」の屈折はここでもあります。

    > 「韓国軍慰安婦は日本軍慰安婦の延長線にある。 」「朝鮮時代には軍慰安婦がいなくて日帝時期からできたというのが学界の衆論である。 朝鮮時代伝統的芸者は芸人に近かった。」

     リュ・ソクチュン教授は「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」と言っています。韓国軍慰安婦は「就職詐欺などではない強制連行」です。「日本軍慰安婦の延長線に」などありません。

     韓国の「学界の衆論」は「真実」に曲げられた「事実(Fact)」です。「妓生」というものから「性的なもの」を抜いてどうやって制度の説明をするのでしょうか。たしかに「朝鮮時代には軍慰安婦がいな」い。しかしそれをもって「朝鮮時代伝統的芸者は芸人に近かった。」とするのには論理の飛躍があります。朝鮮時代から「妓生」は区分され、性的な役割を担っていました。

     「朝鮮時代伝統的芸者は芸人に近かった。」これは韓国にとって絶対必要な「真実」です。「妓生」がもし「売春婦」であるなら金学順は親に売春婦養成機関に売られたことになります。「妓生」が「芸人」なら話は違います。朝鮮人ブローカーに騙された、騙されないということは別にしても、性的供応とは関係のないところから「日本軍」に連れ去られたことになります。

     「韓国人は清廉です」「日本人は劣悪です」これは韓国の「真実」です。「事実(Fact)」は「真実」に逆らわない形でしか存在してはいけません。

    >大統領府と国防部は、『静かに研究せよ』と言ってきた。今も軍は、韓国軍慰安婦に対しての口を閉ざしている・・

     「真実」に逆らうな。この一語に尽きるのではないかなとと思っています。

    ※「イ・ヨンス、「これからも挺対協(正義連)と一緒。再び水曜集会に出ます」」の記事でシンシアリーさんが「やはり、予想通りのツマラナイエンディングです。」と書いておられます。
     「予想通りなんだ!」「こんな手のひら返しってあるの!?」とびっくりしました。やはり、韓国人の思考法はいくら観ていても、十全な理解できないのだなと思いました。
     事後に観たら「一番金をくれそうなのは一番被害を被る人ですし、政治的外圧もかかる」ので論理的帰結と言えばそうなのですが。韓国人を理解しようとするのは難しい。やはり「理解を前提とした友情や信頼」ではなく、現象に対する「措置と対処」で日韓関係は結ぶべきだと改めて思いました。

  2. >今思えば恥ずかしいことだ

    その当時は、売〇が合法だったんですよね。

    2020年現在も、世界中に派遣された韓国人売〇婦たちが、外貨稼ぎに大活躍していますが…。それは、恥ずかしくないの???

  3. 韓国人が日本人を非難する理由は、日本人にはあたらず、韓国人がやってきた事と言う法則が、ここでも当てはまるようです。

    敵国、北朝鮮の女性を略奪して性奴隷にしたのでしょう。彼女達には給金も与えなかったのではないですか?与えていたなら明細くらい残っているはずです。

  4. えーっと、何言ってんでしょう。
    情が通じ合っていた。。。はい???
    だから、妻にしたというなら分かりますけどねー。

  5. 強制的に連れてこられた?
    そう言うのを拉致と言います、誘拐と言います
    本人の意思に反して慰安婦にさせられたと言います
    これは軍の記録という物証で認められている事柄です
    日本の朝鮮人慰安婦の場合、まったく物証がないんですよね
    韓国人はそれを同じだと言うんです、狂ってますね

  6. 北朝鮮軍や人民解放軍に韓国国民がギャクサツされても何も言わないのもきっと韓国人には北朝鮮や中国に情があるからなんでしょうね。

  7. 今日も平和なソウル地裁。

    「被告人と被害者は、どのような関係だったのですか?」
    「こころは、通じていました」
    「無罪!」

    「被告人の犯行の動機は?」
    「韓国を愛していたのです」
    「無罪!」

    「被害は軽微であり、正当防衛の可能性もあるが…」
    「裁判長!被告人は、親日派であります!!」
    「死刑!」

    1. 「被告人の犯行の動機は?」
      「将軍様を愛していたのです!
       北朝鮮を愛していたのです!」
      「無罪!」

      文たん「…と将来なると思うんだけど、どうかな?」
      文2号「あー、そうなればいいよね」
      文3号「うんうん」

      投獄の道以外を模索する文たんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。