元・主体思想派運動家「親日残滓など、無ければ作ればいい」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

運動圏(民衆運動家)、しかも「主体思想派(ジュサパ)」出身の人が、運動圏の観点から「反日」を論じている記事(寄稿文)を一つ紹介します。今は、普通に暮らしている方です。

本ブログの読者の方々にはこれといって目新しい点は無いでしょうし、慰安婦がー日本がーな内容も多く、全体的に見ると、本ブログとしてはパッとしません。でも、左派陣営の反日を『ファンタジー(原文ママ)』としており、現政権に批判的なスタンスを取っています。韓国では、民衆運動家出身の人が左派陣営を批判するのは凄く珍しいことです。珍しいものみたさで、紹介します。

特に、「親日残滓など、無ければ作ればいいものだった」とした部分は、うまい一行だな、と思いました。ソースは「新東亜」です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

以下、運動圏の視点に絞ってみると、ですが・・1980年光州民主化運動をきっかけに、韓国の民衆運動は多様さを失くし、攻撃的な闘争を支持する人たちが実権を握るようになります。彼らをNL派(民族解放派)と言います。確か、拙著やブログでも紹介したことがあります。彼らは「反米」の形をした「親北(従北)」のために動いていたし、そのために必要なものは、反日でした。反米する!と言うと叩かれるし、従北する!と言うと逮捕されたけど、反日する!と言うと褒められたからです。それから金大中・盧武鉉氏が大統領になって、左派勢力が大いに成長し、またそれから李明博・朴槿恵氏が大統領になり・・・セウォル号沈没事故がありました。ここから引用します。

 

・2008年と2013年には、相次いで保守政権が出現した。しかし、政治的エネルギーは、逆に、左派陣営に蓄積されていた。1次ベビーブーム世代(1955〜1963年生まれ)が50代になって本格的に社会の中枢になっていた。 2次ベビーブーム(1968〜1974年生まれ)世代は、年出生者だけで100万人に達する最大の人口集団で、1990年代初頭の学生運動の洗礼を集中的に受けた集団であった。彼らを足場にし、左派思想寄りの教授、市民団体、NL(民族解放派)出身の活動家たちが次々と政界に進入していた

・狂牛病やセウォル号沈没事故など、保守政権で発生した事件が持つ意味を、どのように解釈すべきか。騒がれたほど、韓国社会に及ぼす影響は、具体的でもなければ直接的でもなかった。盧武鉉元大統領の死の法的責任が誰にあるのかを決めるのは、思ったよりも複雑な問題であった。これ政治的にどのように解釈するかも非常に微妙な点であった。にもかかわらず、左派陣営の強硬派が主導権を握った。彼らは冷静な判断と調整ではなく、保守政権を倒さなければならないという思いだけで、次のように、状況を簡潔にまとめた。「復讐!」、 「これが国か!」、そして「再び親日派が復活する!」

 

・危険な扇動と談話が次々と行を作った。陰謀、ファンダム、レトリック(rhetoric)、陣営論理(※ウリとナムのような色分け)が、状況を圧倒した。でも、それだけでは足りなかった。それらすべてを貫通するストーリーが必要だった。戦後80年近く経った時点で、親日残滓など、見つけようとしたところで見つかるはずもない、雲をつかむようなテーマであった。でも、無ければ作ればいい。最終的に、政治的な反対派を効果的に軽蔑し、嘲笑できる、集団的な新造語を見つけた。19〜20世紀でもなく、12〜13世紀までさかのぼり、正式な軍隊や国ではなく、高麗と朝鮮の国境を略奪していた盗賊の群れに喩えた。私たちに反対する誰かを、ひとくくりに規定できるフレーズであり、2020年代を記念するに値する単語、それが「土着倭寇」だ

https://news.v.daum.net/v/20200621100121517

 

運動家(活動家)出身の方が書いた文だから当然かもしれませんが、話は民衆運動勢力に絞られています。しかし、個人的に、別に運動圏だけの問題ではない、とも思っています。様々な陰謀、レトリック、レッテル貼り、そして『どうすれば相手をバカにできるのか』を最優先で考える、不愉快なフレーズ。そして、それが『どうすれば私を偉く見せられるのか』と同一の効果をもたらす社会。これは、右も左も、上も下もなく、韓国社会全てを貫いています。過去も、現在も。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (119)

“元・主体思想派運動家「親日残滓など、無ければ作ればいい」” への40件の返信

  1. 邪悪性がよくでている文章を紹介していただきました。

    活動家、煽動者というのは、大体こういったものでしょう。

    非科学的な思想に酔い、それに従って、多くの人々を殺しまくる、それが彼ら。
    思想実現ためなら、何でもあり。

    まぁ、こいつらは悪魔に魂を売っている。サターンの申し子たちだ。

    主体思想はもちろんだろうが、過去、民青同盟の連中などが、マルクス・レーニン主義は科学なのだ、などとアホなことほざいていたのを思い出しますな。


      1. 長い髪してマルクスボーイ
        今日も抱える「赤い恋」
        変わる新宿あの武蔵野の
        月もデパートの屋根に出る ♬

        昭和4年。西条八十原案

  2. >>どうすれば私を偉く見せられるか
    室谷克実さんによれば「外華内貧」は朝鮮で生まれた数少ない四文字熟語だそうですが、反日にも生きているのですね。
    だからいつまでも日本を超えられないし、いつまでも反日に依存する。

  3. 世宗大王の時代についての正史「世宗実録」によれば、「倭寇のうち1~2が日本人で、残りは日本人のふりをした朝鮮人だった」とあります。
    その上で「土着倭寇」という言葉を解釈してみると……「日本人のふりをして悪いことをする韓国人」としか思えないんですけどね。
    何故これが「親日派」になっちゃうのか不思議で仕方が無い。

    1. >おけさん
      「韓国人のふりをして悪いことをする日本人」=土着倭寇、ですよね、たぶん。
      倭寇=悪いことをする日本人、で、その他の詳しい内容は理解していないと思います。

    2. 思うに「朝鮮民族」が「思考のための言語を持たない人たち」だからです。
      「思考」は「語義の吟味」から始まります。
      かれらは、その「語義の吟味」をしません。
      「土着」の意味も「倭寇」の意味も、理解がデタラメなのです。

      朝鮮王朝時代までは、「思考用の言語」が「漢文」で、特権階級の独占物でした。
      しかも、その「漢文」が近代的抽象概念を表す語が未熟でした。

      日常用語の「朝鮮諸語」は、語彙も文法も統一されず、抽象概念を表す語が無く、民衆は「抽象的思考」と「勉学」が禁止されていました。

      標準朝鮮語が制定されて「朝鮮語で抽象的思考ができるようになった」のは、たった100年前です。
      その「抽象的思考」の技術は「日本語から移入された漢字仮名混じり書き・日本式漢字熟語」に依存していました。

      それを「解放後」次々に「捨ててしまった」わけで、
      まず、漢文を捨て、
      日本に作ってもらった朝鮮標準語から、
      漢字を捨てた。

      つまり「『思考する』ということを大切に感じる」という知的習慣が、一般に定着しなかったのでしょう。
      「話が通じない」のは、そういう一面もあると思います。

    3. 何しろ竹島上陸して「独島はわが領土」パフォーマンスをやったナギョンウォン議員が、反文在寅集会ではいていた靴下がくまモンだったのでネット上で「土着倭寇」と叩かれていましたね。共に民主党は、今回の国会議員選挙を韓日戦争だと位置づけ、その結果大勝利。例の尹美香は比例で当選。代わりに美しすぎる国会議員と呼ばれ「土着倭寇」と叩かれたナギョンウォンは落選。でっち上げた日帝残滓の犠牲者に。

  4. 反日を扇動すると、物の見事に陽動される国民性がある限り
    南朝鮮にどんな政権が誕生しようとも何も変わらない。
    「ニホンガー!」と一言叫ぶだけで、あら不思議一瞬で李氏朝鮮メンタルにリセット。

  5. 「土着倭寇」ね
    馬鹿にはこういうシンプルな戦略が効くんだろうね。
    日本だと「ネトウヨ」が相当するんだろうけど、多分国民の平均的理性の差と日本人の「右翼」に対する悪意が、韓国における「日本」に比べ全く不足してる為にアカの中だけで重い意味を持ちカルト用語の域を出ていないのが面白い。
    この先我々が気をつけるべきなのは「ザイニチ(朝鮮人)」認定かな。今までも頓珍漢な朝鮮人認定はあったけど。
    右翼より余程嫌悪を持たれてるから同意者が集まりやすいんで。
    この認定の何が問題になるかというと、冷静な議論の邪魔になるというのはもちろん、より悪辣で大規模で組織的な「在日中国人五毛党」の存在を忘れさる効果が有る事。わざわざ黒幕に隠れ蓑を提供する愚を犯してはならない。

    1. > 五毛党
      たしかにこちらの方が邪悪な集団ですね。あまり知られていないのほ工作の結果だと思います。

  6. 従北派は軍事政権下で弾圧されてた。
    それがソ連崩壊で一時的に危険視されなくなった。
    従北派は民族主義派としての顔を出し「同じ民族」をスローガンにし、日本を敵にすることによって自らから目をそらそうとした。
    それがうまく当たって北朝鮮と言う危険な国のことを忘却した。

    左派にとっては成功かもしれん。しかし100年後の韓国人が見たらどういうだろうね。
    ・・・まあ韓国と言う国自体亡くなっているとは思うが。

    1. 100年後も「朝鮮人の国」は、しぶとく生き抜いているでしょう。
      「韓国」という国家は無くなっても。
      そして「輝かしい歴史」をコリエイトしているでしょうね。
      人類がカタストロフに遭わなければ、そうなります。

      カタストロフ…何か来そうですけどね。
      カタストロフの内容次第では、
      【朝鮮人だけが生き残っている世界】が出現するかも…

      1. >とろいやさん
        >【朝鮮人だけが生き残っている世界】
        パラレルワールドがあるとしても、【朝鮮人だけが生き残っている世界】の時間軸だけには行きたくないです。

  7. 3行要約「朝鮮式」、
    「自分は安全なところにいる」
    「ウソでも何でもまくしたてる」
    「何をやろうが無責任」

    これを、日本人の感覚で、さらに要約すると、
    「きたない」

  8. 「韓国起源など、無ければ作ればいい」
    焼肉!明太子!寿司!海苔!うどん!!侍!合気道!折り紙!
    ナウ・コリエイティング

  9. きわめて卓見でした。

    いつも素晴しいシンシアリーさんの分析を楽しみにしていますが、とりわけこの記事は卓見で、感心いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。