ギレギという言葉

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日は土着倭寇という言葉が持つ、その背景的な意味を紹介しました。今日は、引用ではなく個人的な見解で「ギレギ」について短く書いてみます。

ギレギは、ギサ(記事)またはギザ(記者)+スレギ(ゴミ)の意味で、日本で言うマスゴミと似たような新造語です。ただ、記事への不信、または内容が偏っているなどの指摘とは、ちょっと違います。

前にも紹介しましたが、「敵を嫌いだと言うな。劣っていると言え」と同じ心理で、気に入らないものを『ゴミ』とすることで、『悪いもの』にしようとしているだけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今朝読んだ記事は、韓国の造船業がピンチで、大規模のリストラが始まる、そんな内容のものがありました。ネットでは「韓国がLNG船100隻を受注した」とかなり盛り上がっていたので、主に政府支持ネチズンたちから、この記事はギレギとされました。

実はそのLNG船100隻、外国に払うライセンス費用が大きく、まだ発注も来ていない、作るのに7年はかかるなどの理由で、「話題になっているほど、造船業全体を支えることはできない」という意見もあります。そもそも、『数』に拘りすぎた韓国の造船業がピンチに陥ったのは、前の政権からずっと問題とされてきました。それでも、関連コメントには『朝から(国に悪いことが起きるようにと)祈りでも捧げているのかこのギレギ』な方向性のものがかなり目立ちました。そして、、その中には『実は造船業はピンチではない』という論拠はどこにもありませんでした。もちろん、「お前らにはギレギが現実という意味か」という反論コメントもありました。

 

いわば、ギレギは、『記事の内容への反論・異論』のふりをした、『記者を悪い奴(劣っている人)とする』ためのものにすぎません。愛国のふりをして気に入らない存在を親日派(本当は親日でもなんでもない)とする、「土着倭寇」と同じ趣旨の言葉だと見ても問題ないでしょう。

ワタシ(カタカナで強調)の拙著「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」の一部が文春オンラインで紹介され、それがまた世界日報で「シンシアリーという韓国人が書いた本だってよー」として記事になったことがあります。

その世界日報のほうをちょっと読んでみました。コメント欄は言うまでもなく非難の嵐でしたが、不思議なことに、「ちゃんと返してもらえるぞ」というコメントは、私が読んだ限りでは、ありませんでした。不思議ですね。

そう、彼らにとっては、私がギレギ・・というかブレギ(ゴミブロガー)だったのでしょう。

 

 

※今日の午後の更新は、ちょっと遅れるかもしれません※

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (118)

“ギレギという言葉” への44件の返信

  1. 色んな人が本当の事を口を酸っぱくして言ってる。何度も、何度も、繰り返し説明している。
    それでも韓国人は自分で調べてみる事もしないし、調べる資料がすでに改悪されているしでどうにもならない。
    大統領や大臣クラスでも嘘を信じているから手の施しようがない。
    そのせいで世界中の企業や組織が振り回されているが打つ手がない。
    それでもシンシアリーさんのような人が本当の事を発信し続けるのは必要なんですよね。
    気持ち折れるけど、頑張って下さい。

  2. にも関わらずそんな記者様の記事を振りかざしてドヤれるんだからねぇ。
    ゴミ記者ならそいつの記事は全てゴミだろ?
    ダブスタとかチェリーピッカーとか言われても気にしないんだろうな。
    もしかしたら彼らの中では(自分を有利にする)かしこい手段なのかもね。

  3. 見たいものしか見たくない。
    聞きたいものしか聞きたくない。
    読みたいものしか読みたくない。
    そんな朝鮮人にとっては、
    見たくないものを見せてくる奴、
    聞きたくないものを聞かせてくる奴、
    読みたくないものを読ませてくる奴。
    朝鮮人にはミンナ敵なんだね。
    つまり現実は朝鮮人の敵ってことだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。