ギレギという言葉

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日は土着倭寇という言葉が持つ、その背景的な意味を紹介しました。今日は、引用ではなく個人的な見解で「ギレギ」について短く書いてみます。

ギレギは、ギサ(記事)またはギザ(記者)+スレギ(ゴミ)の意味で、日本で言うマスゴミと似たような新造語です。ただ、記事への不信、または内容が偏っているなどの指摘とは、ちょっと違います。

前にも紹介しましたが、「敵を嫌いだと言うな。劣っていると言え」と同じ心理で、気に入らないものを『ゴミ』とすることで、『悪いもの』にしようとしているだけです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

今朝読んだ記事は、韓国の造船業がピンチで、大規模のリストラが始まる、そんな内容のものがありました。ネットでは「韓国がLNG船100隻を受注した」とかなり盛り上がっていたので、主に政府支持ネチズンたちから、この記事はギレギとされました。

実はそのLNG船100隻、外国に払うライセンス費用が大きく、まだ発注も来ていない、作るのに7年はかかるなどの理由で、「話題になっているほど、造船業全体を支えることはできない」という意見もあります。そもそも、『数』に拘りすぎた韓国の造船業がピンチに陥ったのは、前の政権からずっと問題とされてきました。それでも、関連コメントには『朝から(国に悪いことが起きるようにと)祈りでも捧げているのかこのギレギ』な方向性のものがかなり目立ちました。そして、、その中には『実は造船業はピンチではない』という論拠はどこにもありませんでした。もちろん、「お前らにはギレギが現実という意味か」という反論コメントもありました。

 

いわば、ギレギは、『記事の内容への反論・異論』のふりをした、『記者を悪い奴(劣っている人)とする』ためのものにすぎません。愛国のふりをして気に入らない存在を親日派(本当は親日でもなんでもない)とする、「土着倭寇」と同じ趣旨の言葉だと見ても問題ないでしょう。

ワタシ(カタカナで強調)の拙著「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか」の一部が文春オンラインで紹介され、それがまた世界日報で「シンシアリーという韓国人が書いた本だってよー」として記事になったことがあります。

その世界日報のほうをちょっと読んでみました。コメント欄は言うまでもなく非難の嵐でしたが、不思議なことに、「ちゃんと返してもらえるぞ」というコメントは、私が読んだ限りでは、ありませんでした。不思議ですね。

そう、彼らにとっては、私がギレギ・・というかブレギ(ゴミブロガー)だったのでしょう。

 

 

※今日の午後の更新は、ちょっと遅れるかもしれません※

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (118)

“ギレギという言葉” への44件の返信

  1. 彼らの心理を勉強するのは本当に大事ですね。防御の意味で、彼らの心理を日本人こそ勉強しないと。ただただ相手を嫌いと罵ったり無視を決め込んでいても何も進歩しない。

  2. 会津には「什の掟」というのがあります。かつて、会津藩の幼年者(9歳以下)が自らを律する教えでした。そのなかに、「一、虚言を言うことはなりませぬ。一、卑怯な振舞をしてはなりませぬ。一、弱いものをいじめてはなりませぬ。」などがあり、最後に「ならぬことはならぬものです。」で締めくくられています。
    什は什器の什であり、日常の意です。最後の「ならぬことはならぬものです。」は、「人としてしてはいけないことは、絶対にしてはならないのです。」となります。この教えは、今も会津の人たちに受け継がれています。極論ですが、これが韓国の人たちには決定的に欠けているように思います。

    1. >荒野の素浪人さん
      そうですね。アチラではなによりも「放縦の自由」が大事にされているような?
      いわく、辱(汚い言葉)を叫ぶ自由。
      いわく、ポイ捨てする自由。 などなど。

      まるで正反対、全然違うんですよね。

    2. あえて逆説的に考えると、
      朝鮮文化は「ならぬことはならぬ」が、行き過ぎてしまったモノです。暗黒面に行ってしまった「ならぬものはならぬ」ですね。

      朝鮮式「ならぬことはならぬ」の欠陥は、大きく捉えて二つ。
      1「何が『ならぬこと』なのか」を「自分で」考慮しない。
      2「ならぬこと」が観念だけで出来ており、まったく具体性が無い。

      両方とも、
      「正しい事」の内容が「朱子学的正義」で固定した事によります。朱子学の「正義」をそのまま受容し、細部だけをこねくりまわすのが「朝鮮の学問」でした。
      その上「学問」は庶民には禁じられたので、「日常感覚での善悪」は、まったく「考慮の対象」ではなくなったのです。
      結局「朱子学的テーゼとしての正義」以外は、すべて「ならぬものごと」になってしまいました。

      とどめとして、
      「学問(と権益)を独占した両班」は「朱子学的テーゼとしての正義」の解釈をめぐって、党争に明け暮れたので、
      構造が反転して、「正義」は「政敵を陥れるための攻撃手段」になってしまいました。
      つまり「政敵を陥れる事さえできれば、何でも良い」が「正義の内容」という事になった訳です。
      これが発展して、陥れる対象が「政敵」から「敵」になって、ますます「何でもあり」が酷くなりました。

      「正義の看板を高く掲げて、あらゆる『人間としてやってはならない事』を、したり顔でやりまくるミンジョク」は、このように成立したのだと思われます。

      本人たちは「ならぬことはならぬ」という道徳の基本に忠実なつもりでいるのです、多分。
      「正義」の中身に、「人権」とか「法」とか「平和」とか、何を入れこもうが、
      「敵を陥れる事こそ正義、ゆえに何をやっても良し」という基礎構造は、まったく揺るぎません。世界最強です。

      韓国の造る建築物も、このぐらい基礎がしっかりしてればね。

    3. 自立している者にとっては、「実」を伴わないものは最終的に自らを滅します。ならぬこと=「虚」は決して「実」になりません。

      しかし、朝鮮においては「虚」を宗主国が認めれば、宗主国がそれを「実」に変換してくれるのです。(それは宗主国の「実」を毀損するが、宗主国の「実」が圧倒的であれば無視できる。)

      後者の世界では、テストで100点を取りたければ、先生に100点と書いてもらうだけでいいのです。「お前は100点ではない」と言う他の先生や生徒を排除できれば、学校内では何も問題ありません。しかし、社会に出ていくことはできません。

      1. しかも「自分で、100点と書いてる」訳だしね。

        「へえ、いつも100点なんだ、すごいね」
        「ウリは、世界一優秀ニダ」
        「250点満点だって、知らなかった?」

        ※なぜ「250点満点」なのか…
        福島県の高校入試は、5科目各50点満点なのです。

        1. 皇帝や中共幹部は「実」の世界の住人ですよ。学校の経営者ですから。「虚」の世界の住人になった暗君が続くと王朝が滅びます。習近平はちょっとヤバい気がしますけどね。

          国家のトップまで「虚」の世界の住人なのが朝鮮の特異性です。

        2. 中国の「暗君」や「暴君」には、2種類有って、
          一つが「正義病患者」です。もう一つは「ただのバカ」。
          ※「かんじゃ」を変換したら「韓者」と出て、笑ってしまった!

          「実効的政策」が機能している内は良いのですが、「空想的な政策ばかり」になると「暗君化」します。
          さらに「強権的+狂犬的」になると「暴君」ですね。

          まず「正義」を「実行できる」と信じて、無茶な政策を強行するようになるわけです。正義が「ある程度客観的なモノ」であっても、民衆はついて行けなくなります。

          その「正義」が「恣意的且つ空想的なモノ」になると「韓者」になります。
          「対香港政策」なんか、そう見えますね。
          この頃の習近平は、毛沢東になりたがってるみたいだから、かなり「韓者化」してるのかも。

  3. 「ゴミコメンテーター」は、
    「コメレギ」になるのかな。
    それは、さておき…

    「韓国(及び現政権)を持ち上げているかどうか」が「ゴミかどうか」の判別基準になる…ホルホル教の基本教義です。
    滅亡の日まで、そうやって「ホルホル踊り」を続けるわけですね。

    いや、滅亡しても、そのまま「踊って」いるでしょう。
    踊るのを止めると「虚構世界から消滅」して「現実世界」に戻ってしまいます。せっかく虚構の中で幸せに暮らしているのに。
    「現実世界でムチ打たれている」のが、「虚構世界では何か楽しいイベントに変換されている」のでしょうね。
    ときおり「現実世界の体」がムチの痛みを感じているのか「ピクピクする」のが、哀れです。

  4. 凄いですね。一民間人をメディアが取り上げコメント欄でボコボコ。日本もない事はないのかもしれませんが、韓国のそれは性質が違うよう。しかも世界日報って極左のような…。

    今、選挙期間で様々な陣営がネットで活動してますけど、特に盛んな陣営がありますが、彼らを見るとシンシアリーさんの話に合致すると思う事があります。

    1. その「ある」陣営の支持者とTwitterでやり取りしたのですが、彼らに同意しないと私を「反日教育を受けた韓国人みたいだ」と言ってきました。こちらとしてはポカーン状態です。彼らは自分に同意しない人を見下し自分達を崇高な立場に精神設定してきます。その候補者を「思想家」と称する者もいるようです。同様に山本太郎も支持者に「思想家」と称されたりします。極右は極左に酷似してる。お前ら本当はマッチポンプ、相補関係で繋がってる極左同士というのは分かってるゾって感じです。(どこか分かったかな)

    2. 個人的にあんまり世界日報が極左って印象はないです。
      比較対象はハンギョレとか京郷とかになるんで。
      民族主義的な傾向は右派も変わらないですからね。

  5. >>気に入らないものを『ゴミ』とすることで、『悪いもの』にしようとしているだけです。

    相手は悪だから敵対してもいい、いやするべき、悪とオポジットの自分は正義という考え方ですね。

    これを利害関係にも持ち込むからいつまで経っても物事が解決しない
    感情が癒えるってどういうこと?
    気分さえ良ければいいの?
    韓国人が文明人と交際するにはまだまだ道が遠そうだ

  6. 一応、記者は悪って韓国人が叫ぶときは、事実がどちらかは理解しているんですよね。

    >「ちゃんと返してもらえるぞ」というコメントは、私が読んだ限りでは、ありませんでした。不思議ですね。

    ワロタw

  7. 要するに、都合の悪いことを指摘されて感情を害すると、その指摘を「ギレギ」として排除する、と
    ウリナム関係の言い方を変えただけですな
    当然、感情と短期的な利害だけなので論理性があるわけもなし
    今の韓国における会話もこのレベルなんじゃないですかね

  8. ぶっちゃけ朝鮮戦争以降から
    2010位までは韓国は普通に
    日本に借りた金キッチリ返してたんだよね。
    今はもうそうじゃないけど。

    個人的には50年ジュニアパートナーとして
    働いてくれたからもういいかな感はある。
    まぁ当然ずーっとジュニアパートナーの
    位置に甘んじてくれていた方が良かったけど。

  9. 韓国人のコメント(反応)が総じてそうですね。
    まぁ、それ(自身の感想や主義の主張のみの意見)自体を否定する訳ではないですが、『なぜそうなったか』『こうする理由は何が』『他の手段はないのか』と言った議論や『本当にそうだったのか?』と言う検証がない以上は、ノーベル症も治らないと思います。

  10. 造船業に限らずどれだけ赤字出しても資金注入されるんだから、企業の危機なんて存在しないやろw
    倒れるときは国ごとってことだがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。