韓国が目指す「結果の平等」。その恐ろしさ

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログでは取り上げませんでしたが、仁川国際空港の正規職採用問題で、韓国では大きな騒ぎがありました。簡単にまとめると、政府(仁川国際空港公社)が、仁川国際空港の保安検査要員(非正規職)1900人を、正規職として直接雇用すると発表したからです。もちろん、待遇も相応の分、よくなります。

この件、普通に就職を準備していた人たちから、大きな不満が噴出されました。『ちゃんとした準備をしても就職できない人がこんなに多いのに、バイトを正規社員として採用するとはどういうことだ』というのです。これを、韓国では「イングックゴン(仁国空)事態」と呼びます。

本ブログで今日この件を取り上げたのは、韓国政府及び与党が、そんな不満を噴出する就業準備者たちを「マスコミのフェイクニュースのせいだ」「『金の匙』たちが愚痴を言っているだけだ」と話しているからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大統領府はこの件を、フェイクニュースのせいだとしています。非正規職が大きな得をし、普通に就業準備している人が被害を被ったとする内容のマスコミ記事・報道はフェイクニュースであり、それに騙されているというのです。ちなみに、フェイクでもなんでもありません。与党の重鎮でもあるキムドゥグァン議員はまたこの件で、「数年間就業準備をしても問題無い『金の匙(金スプーン)』たちが、愚痴をこぼしている」と話しました。

 

すでに正規職として雇用すると発表した分は仕方ないとして、「これからはもっと幅広い意見を受け入れる」と言えばいいでしょうに、なんで政府・与党はここまで攻撃的な態度を取るのでしょうか。その理由は、文在寅政府の進む道である「結果の平等」を守るため、「機会の平等」を主張する意見を敵として見なしているからです。以下、「デジタルタイムズ」というネットメディアの、ホン・ソンゴル国民大学行政政治学部教授の寄稿文です。

<・・最近の仁国空事態、保安検査要員の正規職化をめぐる公正性論議を見てみよう。キム・ドゥグァン議員は、激しい競争をくぐって正規職を達成した人こそが不公平であり、彼らは何年も試験の準備をすることができる金スプーンだと主張した。

仁国空事態が悪化すると、大統領府はマスコミの偽ニュースのせいだと言った。大統領府の見方こそが、大統領府が持っている「公正」がどういう概念なのかを自ら吐露したものである。すなわち、文在寅政府は、試験の「機会」が皆に開かれている機会の平等ではなく、非正規職自体をすべて取り除く公正、結果の平等を目指しているのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200629190343825

 

結果の平等については、2018年の憲法案を説明するエントリーでも少しだけ取り上げたことがあります。文在寅政府が、韓国流に変形された「民衆民主主義(人民民主主義)」を目指しているのは、随分前から明らかです。「政府は、人が生まれて死ぬまで責任を持つ」とか言ってましたから。

大統領選挙の前、「文在寅は共産主義者だ」と話して、まだ裁判を受けているコ・ヨンジュ弁護士は、「共産主義は、昔は、『私も民主主義だ』と主張していた。しかし、文在寅政府の共産主義は、『私こそが真の民主主義だ』と主張している」と話しています。

 

北朝鮮は、「成分」というものを基準にして、人を50以上の階級で分けていると言われています。成分は、生まれと実績によって決まります。よって、貴族(労働党幹部)の子は、貴族として生きることができます。

その階級の中には、「人」に入らない人たちもいます。例えば、強制収容所の人たちは、成分が低過ぎで、「人(人民)」ではありません。言い換えれば、北朝鮮が言う「結果の平等」というものの平等とは、階級に応じて決まるものでしかありません。そういうこともあって、私は、北朝鮮の人民民主主義(韓国では民衆民主主義とも言います)でいう「結果の平等」という言葉を聞くと、「いや、それ、共産主義ですらない」と思ってしまいます。新しい身分制でしかありません。そんなもの。

とはいえ、そういうものでもなければ、韓国社会の「公正」という無茶な要求を満たすことが出来るのだろうか・・・そう思うと、複雑な心境です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

“韓国が目指す「結果の平等」。その恐ろしさ” への51件の返信

  1. 採用する企業の方針は蚊帳の外ですか。
    人材を選ぶものではないのですか。戦略もあるでしょう。新たな海外進出も。
    正規で入った人も、TOEICや資格とかとって臨んだのでは。
    結果の平等には、企業を大きくしていく発想が全く感じられない。
    個人の身の丈を国が決めれば身分になりますが、会社も社員も大きくしていくものです。身分制度は基本動かないように固めるもの。
    ベンチャーとか展開していく気がないのでしょうか。
    勝てるのですかね、海外市場で。

  2. 奴婢が戸籍にあたる書類を焼き払い
    奴婢全員が、両班の家系だと自称して
    現代韓国社会全体で、それで通してるのと同じ

  3. 口では結果の平等と簡単に言えますが、全てのひとにその「平等」が与えられなければ平等とは言えません。
    ですが与えられるパイには上限があり、全てのひとに与えることは不可能です。
    そうなれば与えるひとを選別するしか手がないですが、そうなると「結果の平等」を全てのひとに与えることは不可能になる訳ですが、「結果の平等」を謳う人達はこの矛盾をどう解消するつもりなんでしょうね?(もちろん、それらの矛盾を無視するのが彼らの遣り口なのは知ってますが)

  4. 韓国併合をして総督府が最初にやったことは身分制度の廃止でした。韓国の近現代史でいう「開化期」はまだ身分制度があったのですよ。
    韓国でいう「義兵運動」はまさに既得権を奪われた両班たちの武力抵抗運動であったのです。しかしそのようなものは大衆的支持を得られるはずもなく、各個撃破されてあっという間に鎮圧されたのです。不満を持つ者は満洲に出たりしました。金佐鎮や金日成(本名:金成柱)もそういった1人だったのです。
    金日成がソ連の傀儡とし北朝鮮に戻り、権力掌握を果たすとやったことは、成分制度という身分制度の復活だったのです。

    曺国前法務長官は自らを主思派だと明らかにしていますが、彼が大統領になれば韓国も成分制度を作るのですかね。

  5. 恨島の民族は『餓鬼』そのものですからねぇ。
    自分の中のありとあらゆる欲望を際限なく膨らませ、
    一時的に満たされた時は自分限定ではない事に怒り狂い、
    自分の欲望だけを満たそうとしない周囲の人間に当たり散らし、
    自分の欲望だけを満たそうとしない世界に簡単に絶望し、
    その絶望の原因を周囲の人間のせいにして暴れまくる。
    ・・・まあ村八分で済めば幸運、絶縁されて当然のバ〇モノですな。

    1. 最後が消えてしまった(汗)
      自分だけが幸福な世界を希求するバ〇モノである恨島民族が、
      平等を語る事自体がおこがましい、と思うのは自分だけだろうか?

  6. 頑張ろうが頑張らなくとも結果が平等になるのは、今の韓国にとっては理想のようにも思えます。

    ただ、既得権益者の立場が守られているという前提があるのが玉に瑕でしょうか。

    ただ結果平等は北朝鮮には受け入れられない考えなので、南北統一を目指すよりは今の韓国を二つに分けて、それぞれ理想の国を作ったほうが国民にとっては幸せかもしれませんね。

  7. 元々階層社会を、日本が平等にしたのが、間違いだったのでしょう。
    世界中では、その階層社会を是正しようとして、活動が有るのに、韓国は逆行して、それを「民主主義の最先端」と考えているように、思います。

  8. 機会の平等か、結果の平等かの議論は良くあるが、スタート地点が平等でないと言う話は盛り上がらない。右と左のイデオロギー問題ではなく、支配層と被支配層の問題だからかな?

  9. 韓国の学歴偏重社会は、学生に努力を強いる社会であり、
    弊害もあるが、優秀な人材を生み出す下地になっていた側面もある。
    そんな中、努力を否定するような方向に韓国政府が舵を切れば
    国力は衰退するしかない。かつて共産主義国家が辿った道をまた歩くだけだ。

    結果の平等を唱える支配層が、自らの子息や親せき縁者に対して行う過程の不平等が結果の不平等を招き、利益を享受しているのに、韓国人はその矛盾をおかしいと思わないのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。