韓国は、朝鮮式人民民主主義(民衆民主主義)を望むのか

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日も紹介した民衆民主主義(人民民主主義)ですが、似たような記事をもう一つ紹介します。政府も問題だけど、国民も「社会主義な何か」に慣れている、という指摘がありました。

この記事で指摘している内容は、私は「さすがに配給制は嫌だけど、ある程度まで国が役割を果たすことまで『社会主義だ』というのは、間違い。要はバランス」と思っています。

しかし、どことなく、『なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか』で話した『ゴンチャ(代価を払わないでいいもの)』の概念とも一脈相通ずるものがありました。私の読み方のせいかもしれませんが。その部分を中心に紹介したいと思います。昨日と同じくデジタルタイムズ、部分引用です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・気になるのは、過去3年間の文政権のポピュリズム政策により、国民が社会主義的習性に深く染まってしまった事実である。青年層は、無償教育と無償診療、公共賃貸住宅などを当然の福祉政策だと思っている。すべての国民に生活費を配る所得分配制度にも、抵抗が無いと言う。国から受けるだけの無料配給制に酔ってしまったのだ。

これは、まるで徐々に熱くなる鍋の中でゆっくりと死んでいくカエルのようなものだ。韓国民主主義の根本的な土台が、為す術もなく崩れている。社会主義の最終的な目標は、生産手段私有化の完全撤廃である。(※文政府の)私有財産の撤廃は、中国毛沢東時代や、スターリン治下の旧ソ連のような強制的な方法ではなく、徐々に進めることになるだろう。

 

税金はますます重くなり、企業や個人は、より多くの規制に苦しまなければならず、雇用と解雇はあまりにも難しいものになるだろう。増税と規制の拡大は、経済を弱体化させ、多くの国民が貧困層に没落することになる。先に南米ベネズエラが、似たような道を歩いた。チャベス政権下のベネズエラは「積弊清算」を掲げてポピュリズムと社会主義、民族主義が入り混じった「ボリバル革命」を推進したが、19年ぶりに国家破産に瀕している・・>

https://news.v.daum.net/v/20200630190722913

 

この記事、『北朝鮮式民主主義との融合(連邦制統一)のための下準備ではないのか』という趣旨なら、それは大当たりだと思います。でも、「社会主義化」はちょっと違う、と私は思っています。

見方にもよりますが、社会主義にとって真の公正は、全てがゴンチャに限りなく近い、そんな社会だと見る事もできるでしょう。そう考えると、記事での「韓国(特に青年層)の社会主義化」は確かに問題です。

しかし、そもそもそんな社会が出来るはずもないけど、もし出来たとしても、そんな社会主義は、韓国では長くは続きません。韓国社会なら、こうなるでしょう。

 

1日にりんご1個分しか稼げないAさんがいました。Aはりんご3個分稼げるBを金スプーンとし、国がなんとかすべきだとします。そして、ある日、『国が毎日りんご2個を配る』社会になりました。りんご3個分稼ぐBは「今までの私の苦労は何だったんだ」と、その制度に反対し、積弊として清算されました。しかし、しばらくすると、Aはこう思います。「私は、毎日りんご3個もらえて『当然』だ。いままでBと戦った苦労があるから」。ここでいう『当然』が、北朝鮮式人民民主主義です。彼らの言う、真の公正です

 

ここでAの思う『当然』に行けるところまで行ったのが、北朝鮮です。憲法には社会主義と書いて国名には民主主義の字が入っているし実際は独裁+貴族制でしっかり世襲。北朝鮮式人民民主主義です。差別も公正です。当然だからです。韓国では、これを「民衆民主主義」と呼びながら、市民団体の政治勢力化と相まって、市民が主役になる世界だと主張しています。韓国社会が心配すべきは、こちらでしょう。これは「社会主義」とは違います。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (118)

“韓国は、朝鮮式人民民主主義(民衆民主主義)を望むのか” への51件の返信

  1. 日本の歴史の話ですが、
    日本は、共産主義を経験しそして、うまくいかずに共産制度を辞めた国です。

    まず、共産主義とは何か?
    結果平等の世界ではなく、
    土地の私有化とその相続を認めない。
    すべての土地は国家が所有するとしたものです。

    リンゴの木が1本しかない土地と、3本ある土地があり
    代々その土地を親子で世襲する限り、
    貧富の差は永久に埋まりません。

    だから、土地のすべてを国家が所有し、世襲できなくして改めて、
    国民に貸し与えるわけです。

    日本は、1200年前に共産制度を採択した時代がありました。
    645年の大化の改新です。

    公地公民 天皇の下、万民は平等であるを、理想社会としたのです。

    公地公民 (こうちこうみん)とは、
    大化の改新に始まる日本の 飛鳥時代 ~ 奈良時代 までの律令制 が
    構築される過程において発生したとされる、
    全ての土地と人民は公 – すなわち 天皇 に帰属するとした制度である。
    日本では、 第二次世界大戦 以降、公地公民制について、
    古代律令制の基盤を形成した最重要の制度であると理解されてきた。

    だけどうまくいきませんでした。

    理由は、国民の働く意欲を失うことになったからです。

    墾田永年私財法(こんでんえいねんしざいのほう)は、
    奈良時代中期の聖武天皇の治世に、
    天平15年5月27日(743年6月23日)に発布された勅(天皇の名による命令)で、
    墾田(自分で新しく開墾した耕地)の
    永年私財化を認める法令である。

    (聖武天皇が)命令する。これまで墾田の取扱いは三世一身法(養老7年格)に基づき、満期になれば収公し、(国有田として他の耕作者へ)授与していた。
    しかし、そのために(開墾した)農民は意欲を失って怠け、
    開墾した土地が再び荒れることとなった。
    今後は、私財とすることを認め、三世一身に関係なく、
    全て永年にわたり収公しないこととする。
    国司の在任中における申請手続きは、三世一身法に準ずるものとする。
    ただし、耕地を開墾してその土地を占有しようとする者は、まず国に申請すること。その後で開拓せよ。
    また、公衆に妨げのある土地を占有する申請は認めない。
    もし許可を受けて3年経っても開墾しない場合は、他の者へ開墾を許可してもよいこととする。 天平15年5月27日

    韓国の目指していることは、日本が1200年も前にやったことだよ。

    その未来は、全員が平等に貧しくなる結果を招きます。

  2. 文大統領、もっとバラ撒かないと駄目だよ。
    日本に住んでる韓国人が、国に帰りたくなる位バラ撒かないとね。

  3.  「当然」の部分がよく理解できませんでした。特に思考課程が理解できませんでした。

     朝鮮の社会は、苛烈な上下関係社会の中で、全員が上位存在に成り代わりたい社会である。
     あまりにも社会が苛烈なので、国民全員が「私が一番努力している」と信じ、また、金の匙の人の報酬は、本来自分がもらうべき報酬だと信じている。
     この思い込みが反映されていない社会は間違っているといった思考が「当然」であり、北朝鮮ではこの「当然」である身分差社会や世襲が認められてしまった。

    こんな認識で合ってますか?

  4. う~~ん、これで丸く収まっているのだから南朝鮮人民にとって最も安定した、且つ、優れた政策、つまりは方向転換なのだと思うな。
    南朝鮮にとって、社会主義、或いは共産主義が何であれ大した意味を持たない。これは北朝鮮も同じ。南北の体制下においては主義は意味を成さない。朝鮮半島においては己の不幸は誰かの幸せが共通の認識であるので、誰かが餌付けをすれば世の中のあらゆる問題は忽ち解決する。これを利用したのが、嘗ての我が政府である。よって、南朝鮮は考える頭を持たなくなった。元より、集る以外に能は無かったが。今は日本のみずほとか名乗る銀行がついているので、銭は青天井で出てくるんだろう。為替スワップの返済が出来たそうではないか。何よりだ。
    俺は、朝鮮半島は外界を知らないが、これが致命的な行動の結果にまずい事態を作り出すものと思っている。
    これ以上の北朝鮮の遣りたい放題もないし、南朝鮮のやりたい放題もない。しかも、南北の領地を治める人間は既に何度も戦争行為をやっている。阿呆の宣伝屋が何をほざこうが、皆が忘れてはいないことを、南朝鮮は忘れるべきではない。

  5. 絶対的貧困と相対的貧困の違い。
    機会の平等と結果の平等の違い。
    社会主義と主体主義の違い。
    この違いをしっかり説明せずに、同じことのように誤解させて語る連中って胡散臭いですよね。貧困に関して言えば、NHKで貧困女子高校生なんてのもいましたしw

    まあ北朝鮮に関して言えば、あの国の目指すところは大戦前の日本皇室のパクリなんで、これに気付かない&指摘したくない韓国人は多いでしょうね。
    ただ制度自体は真似できても、その歴史や正統性(おっと!韓国ぽいw)や本当の仁徳はパクれないだろうなぁ。

  6. パククネは、ローソク革命で、刑務所

    パククネより、経済を悪くしているムンは、

    支持率70%?

    この差は、何だろう

    1. ええ?わからないの?

      安倍総理が、経済のため韓国とは仲良く!
      韓国に頭を下げて、和解し賠償金を支払った方が将来の利益になりますから。ってやったら、桜子さんは、安倍総理を支持しますか。

  7.  りんごを1個100円で生産し売ります。まとめ買いをするからと生産者に90円で11人以上から買い取り、100円以上で売れば他のリンゴ売りより裕福になります。裕福になった分で、農場を作り、リンゴ1個につき80円で生産する人を募集します。こうして利幅を拡大していくのが「市民革命」のもたらしたものです。「市民革命」はどんどん貧富の差を広げていきます。マルクス・レーニン主義とは、労働者はもともと100円の価値の労働をしていたのにそれが「市民革命」によって目減りしていくのは「搾取」だ。是正しなくてはいけない。こういう発想で産まれました。

     社会主義とは、3個分生産した人と1個しか生産できなかった人とを、2個分(200円)で平準化して分配する思想ではありません。それは「ウリイズム(韓国主義)」です。元々は労働に対する対価の「平等」を目指したのがマルクス・レーニン主義です。

     ところで韓国ではこのような「平等」はありません。韓国では誰もが「差別されたい」と願い、「差別したい」と考えます。関係性において「平等」がないのが「ウリイズム(韓国主義)」です。
     皆がマウンティングしたい社会は「闘争の社会」です。「闘争で勝ち得た権利」が韓国の「公正」です。

     文化において韓国で穴の開いた分野があります。それは「思想書の翻訳」です。原書から韓国語への翻訳は珍しく、日本で翻訳されたものを迂回して訳したものが多い。韓国では有名な「カントの著作」ですらつい数年前に訳されました。

     ただし、これを持って韓国が文化的に遅れていると言うことではありません。「必要がない」のです。「ウリイズム(韓国主義)」至上主義の国では理論的整合性は、方便にしか過ぎません。つまり思想書の必要がない国なのです。それはキリスト教など宗教にも同じことが言えます。

     韓国で「自由主義」「民主主義」「社会主義」など「●●主義」といったものが論じられるときは原義に忠実である必要はありません。

     すべて「ウリイズム(韓国主義)」ですから。

     

    1. 基本賛同ですが、あえて言うと

      >「闘争で勝ち得た権利」

      ここが「実力闘争」ではなく「声闘」なのです。
      例えば、「日本に勝って上になる」ではなくて、「日本より上だとアメリカに言ってもらう」なのです。
      扱いの違いが実力による違いではないと考えるからそれが「差別」だと思い、自分の実力を顧みることなく他者を「差別」できると考えて争うのです。

      1. リプライありがとうございます。

         ご指摘のような広い視座で使った言葉ではありません。言葉足らずで申し訳ありません。想定したのは「貴族労働者」です。勝ち取った「2このリンゴ」でありしかも世襲という「人民民主主義」ことでぴったりしているなと思いました。

    2. 「ウリイズム」巧い言い方です。

      「思想書が不要」、というよりも、
      「思想が不要」なのですね。
      これは「中華文明」に共通する欠陥でもあります。

      朝鮮では、それを洗練して「思考そのもの」を不要としました。
      「思考実験としての思考停止」ではなくて、「ホンモノの思考の欠如」です。

      「モノを見ると、人は、何かを考えてしまう」ので、まず「モノを見なく」なります。
      「他人の話を聴いてしまうと、人は、何かを考えてしまう」ので、次は「他人の話を聴かなく」なります。
      そのようにして、順次「現実世界との接点」を途絶して行きます。
      こうして「イデア世界の暗黒面に住む人たち」ができました。

      ところが「イデア世界の暗黒面に住む事」自体が「虚構」なので、生身の体はいまなお現実世界に有って、暗黒面のロゴスをまき散らしているのです。

      1. リプライありがとうございます。

         中国と韓国とを同一視することには少し抵抗があります。おっしゃるとおり韓国は「思想論理」が不必要です。ですから「モノを見なく」なるということはあると思います。むしろ「モノを見」るということが「ウリイズム(韓国主義)」を否定する可能性がある。
        韓国における「思想論理」とは詭弁のためにあります。

         目と耳を覆ってこそ「ウリイズム(韓国主義)」は全体の価値となります。そこには「忘我」があります。

  8. 朝鮮半島でも1945年に普通選挙が実施されることになっていたが、大日本帝国の敗戦によって泡と消えた。

    これが実現されていたならば、現在の朝鮮半島の政治状況は随分と変わっていたのではなかろうか。

    まあ、妄想にすぎないのだが。

  9. ここでいう『当然』が、北朝鮮式人民民主主義です。彼らの言う、真の公正です。

    この部分は、読み返さないと、分かりませんでした。と言ってもよく分からないんですが、朝鮮人は、一度貰える物は永遠に貰えると考える習性が
    有ると思います。
    この考え方で、日本にも対峙しているのかなあと、思いました。
    K公正ですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。