朴正煕氏も『破墓』対象

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

パミョ(破墓)パミョパミョパミョと、韓国で国会でパミョ大戦が発動中です。昨日(一つ前のエントリーです)紹介した二つの改正案以外にも、似たような内容の改正案が発議されていて、光州民主化運動(戒厳軍)関係者も30人の墓も国立墓地にあり、彼らも対象に含まれているそうです。野党側は「国会議員でも功績がある人は国立墓地に埋葬しましょう」というよくわからない法案を出して対抗していますが、あまり効果は無さそうです。

改正案がいくつもあって(事前に改正案をまとめて一つにするとか考えなかったのでしょうか?)案によって少しずつ違いますが、ご親切に(?)墓を移す費用は国が負担する、となっています。ですが、その費用が「件あたり20万ウォン」となっています。どう考えても、20万ウォンでソウルや首都圏で墓を作るのは無理です。

そんな中、気になるのは朴正煕大統領の墓です。彼は、反民族行為者・親日派とされているし、墓は国立墓地にあります。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

憲法前文に光州民主化運動と610抗争(全斗煥政権のとき)、釜馬民主抗争(朴正煕政権のとき)を入れようとしているのもそうですが、文在寅大統領が狙っているのは、保守右派政権を、『憲法外の存在』にすることです。李承晩氏の場合は、419義挙(1960年)がすでに憲法前文に載っています。韓国の憲法前文が「31運動と臨時政府の正統性」を明記して併合時代を違法だとしているのと同じパターンだと言えましょう。

 

ご存知、北朝鮮は韓国政府を「傀儡政府」としてきました。文政府が保守右派政権を憲法外の存在にするのは、この主張と合致します。同時に、自分たち(左派政権)は傀儡政府ではないとすることで、連邦制統一においての「南側政府」としての資格を主張しているとも言えます。もちろん、北朝鮮からすると文在寅政府も大差ないでしょうけど。

 

私は、今回の「破墓」騒ぎも、そのための下準備の一つだと思っています。そして、その目的は、ペク・ソンヨプ氏の国立墓地埋葬を妨害するのももちろんありますが、もう一つ、朴正煕大統領の破墓にあります。朴正煕氏の墓は、改正案の「破墓」基準にあたいします。彼の墓を20万ウォンで追い出せるなら、左派勢力からすると笑いが止まらないでしょう。

 

実際、墓にいたずらする事件が多い韓国。この「死後にも攻撃する」ことを、韓国人はこう言います。「死んでも罪は無くならないというのは、韓民族が霊とか霊とか、そんな面を重視する民族だからだ」。しかし、実は人の霊とか死後とかそんなことを考えているわけではありません。ただ、「死んだやつには、もう何をしても反撃されない」と思っているからこそ、こんなことも出来るのです。ある意味、唯物史観の現れだと言うこともできるでしょう。現世での権力が、いちばん強い。韓国では、ただそれだけです。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (117)

“朴正煕氏も『破墓』対象” への57件の返信

  1. たとえ敵であったとしても、勇敢に戦い、戦死した敵の将軍を、かつての日本軍は、こちら側にも甚大な被害があったであろうにも拘らず、敬意を表して手厚く葬った。戦闘は終わった、そして、この戦闘で亡くなった軍人は敵味方なく、敬意を表して弔う。ある意味、ヒューマニズムに溢れていると思う。朝鮮人のように、死体蹴りなど絶対しない。この思想を朝鮮人は未来永劫理解できないのだろうな。

  2. >>この「死後にも攻撃する」ことを、韓国人はこう言います。「死んでも罪は無くならないというのは、韓民族が霊とか霊とか、そんな面を重視する民族だからだ」。

     下の一文を思い出します。

    ———————————————–
    「朝鮮では、父親の仇を討たなかったならば、父子関係が否認され、その子は私生児となり、姓を名乗る権利さえもなくなってしまう。このような不幸は、先祖崇拝だけで成り立っているこの国の宗教の根本を侵すことになる。たとえ父が合法的に殺されたとしても、父の仇あるいはその子を、父と同じ境遇に陥れなければならず、また父が流罪になればその敵を流罪にしてやらねばならない。父が暗殺された場合も、同じ行為が求められる。この場合、犯人はたいてい無罪とされる。なぜなら、この国の宗教的国民的感情が彼に与(くみ)するからである」
    ——————————————-

  3. フッ化水素国産化で「日本は寝た子を起こした」という朝日新聞の記事を韓国は喜んでいましたが、お墓は故人が眠っているという発想はないみたいですね。
    親日派ばかり起こしたら大騒ぎになるんじゃないかと思ったのですが。(もちろん故人ではないものが目覚めるでしょうが)
    ぼうぼうの髪のサダム・フセインが身柄を確保され、健康状態を調べるために口を開けさせられる映像に、イラクの人は屈辱を感じたといいます。
    マッカーサーのふんぞり返った映像を日本人は不愉快に感じます。
    優勝カップを踏みつけて笑う若いサッカー選手が育つ韓国ではそんなデリカシーはないでしょうが、わざわざ(反対勢力の)神経を逆なでするような真似が賢いのでしょうか。本当にいろいろな価値観を認める前提の民主主義を理解しているのか。次は自分らがやられる発想はないのか。
    大した国格です。

  4. あれ、韓国には元々霊だか魂だかの概念はないんじゃなかった?

  5. 韓国はキリスト教徒が多いですが、こんな前近代的な意趣返しが国会で俎上に乗り、それに反論する声もあまり聞かれないところを見ると、真のキリスト教徒なんて殆どいないんじゃないかと思ってしまいます。
    というか、「日本に関することだけは例外」で、サタンと同じ扱いにしてよいと思っているんでしょうね。

    1. どっちかと言うと、キリスト教を騙る邪教のような気がする・・・

  6. >ただ、「死んだやつには、もう何をしても反撃されない」と思っているからこそ、こんなことも出来るのです。

    日本と全く逆な国。これが隣同士というのが不思議
    日本人は敵であっても、死ねば生前の罪はすべて消えて
    神様になるとして、死者には敬意を向けました。

    死んだ人の悪口をいってはならない。
    生きている間は、相手を赦なくともいいけど、
    死んだ後なら、なにもかも相手を赦さないといけない。

    じゃないと、死者が神様ではなく
    怨霊になって、生きている人たちに祟りを起こす。

    怨霊とは、まどかまぎかのアニメに出てくる
    魔女のようなものです。
    普通の人の目には見えない。(見えたときは、復讐の対象者…)

    病気、災害、不慮の事故、度重なる不運は、
    魔女ならぬ、この世を恨んで死んでいった悪霊の仕業だと
    古代から信じられてきました。

    リングの貞子などは、日本の怪談の典型です。

    人を悪の道に誘い込む、悪魔はいないけど、
    災いをもたらす悪霊はいるわけです。

    だからこそ靖国神社でも、かわいそうな戦死者達を
    慰霊するわけです。
    あの数が悪霊になったら大変ですよ。

    韓国には悪霊の概念がないからこそ、
    あれだけ残酷なことができるんでしょう。

    生きた赤ちゃんを、煮えたぎった鐘の素材の中に
    投げ込んでいけにえにするとかさ

    1. >生きた赤ちゃんを、煮えたぎった鐘の素材の中に
      >投げ込んでいけにえにするとかさ

      こういう残酷なことをさらりと
      書けるお主は精神鑑定が必要なほど
      病んでると危惧するが。。。

コメントは受け付けていません。