文大統領、『米朝』諦めて『南北』で突破か

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

もう一つ更新します(`・ω・´)シャキーン

昨日、パク・チウォン氏のことをエントリーしましたが、他にも文在寅大統領は、統一部長官、イ・インヨン統一部長官、ソ・フン安保室長など、統一や安保の字が入る部署(事実上、国家情報院もそうです)に『親北』な人たちを内定しました。今までは、ある程度は米国側との繋がりが強い人、韓国式で言うと『米国通』な人が配置されていました。これは、もちろん「米国と調整するため」という面もありますが、現政府になってからは、「南北がうまく行くためには、韓国が米朝の橋渡し役になる」という前提があったからです。しかし、今回は、明らかに「米朝はもう諦めた。南北で行く」ための人事であります。

一部では「文在寅大統領が北朝鮮に配慮した」という話もありますが、実は、北朝鮮が望んでいたもの(米朝会談)とは全然違う人事であり、米朝両方から嫌われるだけになる、という分析もあります。北朝鮮としては『いやお前(韓国)がこっち来るんじゃねーよ米国を説得しろってんだよこのバカ』でしかない、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

その点について、元外交通商部長官、ソン・ミンスン氏は、こう話しています。以下、CBSノーカットニュースから、ソン氏の発言を紹介します。番組進行役の人と会話する形になっているので、引用ではなく、発言をまとめて再構成しました。書き加えた部分は(※~)としています。

・今、北朝鮮が望んでいるのは、韓国が米国に接近して、米朝の間に橋を作れ、というのです。そんな要求が敷かれているのに、今回の人事は、下手すると、『米朝の間の橋ではなく、南北の間のトンネルを作るためのもの』として思われる可能性があります。だから、(※北朝鮮側と親しい人たちを配置したからといって)北朝鮮がこれを喜ぶこともないのではないか、そんな感じがします。

・米国と親しい・・というより、米国を動かすことができる人たちを配置すべきではなかったのか、私はそう思っています。実は、北朝鮮もそれを期待していたことでしょう。米国の顔色を気にしないでやれ、と言う人たちもいますけど、私たちが米国を気にするのは、米朝の間の橋渡し役をうまくやるために必要だからです。北朝鮮は何かあれば「韓国は米国の顔色ばかり気にする」と言うけど、それは、米朝間の橋渡し役をやめろ、という意味ではありません

https://news.v.daum.net/v/20200703203302544

 

『米国からも北朝鮮からも、嫌がられる人事である』というのが結論です。北朝鮮が言う『民族自主』『南側は米国の顔色ばかり気にしている』は、韓国に対して『もっと米国を説得しろ』という意味であり、決して米朝の橋渡し役をやめろと言っているわけではない。にもかかわらず、文在寅氏は『おお民族自主!そうだウリ民族だけで行こう!』と勝手に燃え上がって、今回の人事を決めたのではないか、そういう分析であります。もしこの分析が合っているなら、北朝鮮、いまごろどんな顔をしているのでしょうか。血圧上がって、再び健康異常説が流れたりして・・

 

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (127)

“文大統領、『米朝』諦めて『南北』で突破か” への45件の返信

  1. 独断専行すればアメリカの怒りを受けるということを考えないのですかねぇ。まあそれよりも民族の大義の方が重要なのでしょうけど。それに北朝鮮が何を望んでいるかということもまったく理解できていない。軍師の文正仁がアレですから仕方ないのでしょうけどねぇ。

  2. 何しろあみだくじができない人ですから、物事を総合的にとらえるという能力がもともと欠如しているのではと思います。しかしそれは他者から見ると一途な純粋な人に見える。それが女性とくに若い女性たちに人気がある理由ではないかと思うのです。

  3. 南の酋長であるムンたんが白い旗を持って両手を上げて歩いてくるならば、北のご主人様も少しは相手をしてくれるんじゃないか。

  4. 統一でも崩壊でも何でも勝手にやってればいいと思うが、こっちに足を向けるな。
    観光客も来んでもいい。迷惑だ。

  5. ふ~ん、ばか虎は亜米利加と北朝鮮の会談を「要求」した訳だが、断られたと・・・・。こういうことだな?
    北朝鮮が売った喧嘩を亜米利加はいまだ買ったままだ、そして、北豚のばかおやじの代から売りっぱなしのままだ。喧嘩を売ったは良いが北豚がビビッて体制維持を要求した。これに乗ったのが露西亜と支那だが、この2つの国はいまや侵略で生きているようなものだ。南朝鮮はその一派に加わった訳だが、その南朝鮮がこともあろうか「要求」を出す暴挙に出た。謝るならまだしも「要求」を出すとはこれ如何に。宣戦布告を遠回しにしたようなものだな。
    いずれ崩壊する朝鮮半島だが、崩壊した後の膨大な維持費は恐らく露西亜が出すのか。。。その時には北豚一族は最早存在しないし、ばか虎も居ない。共産独裁を争って支那と露西亜が戦争をやっているかもしれない。朝鮮人難民? お断りだ。

  6. 文在寅、ついにレッドチーム入りを鮮明にしたんですな、良いことです。

  7. 南北協調なんて、北は全然望んでない。
    南は永遠の奴隷。最近、奴隷の分際で頭が高いから怒ってるんでしょ。

  8. 劇場からのお知らせ
    「コロナウィルス蔓延を防止するため、
    予定していた
    【米朝落語会:地獄八景亡者戯】から
    【南北歌舞伎:東海道四谷怪談】へ、
    演目を変更いたします。ご了承ください」

    「劇場の演目替えか、大変なご時世ですなあ」
    「でもさ…歌舞伎の方が、人手がかかって大変なんじゃないの?」
    「いや、役者はみんな『サル』なんだってさ」
    「歌舞伎、じゃなくて『K舞伎』だそうですよ」
    「看板、よく見てみ…」
    「あっ『東海独島快挙』って、ホワイトで修正してある」

    1. 「いよっ!都呂井屋!待ってました!」
      ナンチャッテw

コメントは受け付けていません。