韓国の言う『日本の健全な未来』とは

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

(いわゆる)慰安婦・強制徴用被害者たちが、反日種族主義及びそれと似たような主張をしたイ・ヨンフン氏とリュ・ソクチュン氏を告訴する件、本ブログでは7月1日にすでにお伝えしました。そこに、共に民主党の重鎮であり韓国国会の外交統一委員長でもあるソン・ヨンギル議員が、同じく告訴人として参加すると明らかにしました。被害者の名誉毀損で訴える、というのです。

共に民主党の重鎮が参加したことで、この件を複数のマスコミが報じていますが、本エントリーで取り上げるのはソン議員ではなく、同じ記者会見の場で弁護士が話した内容を紹介します。

慰安婦は性奴隷ではなかった、徴用工は強制労働ではなかった、そういうものを韓国では歴史歪曲と言います。そんな歴史歪曲を厳しく処罰することは、『日本の健全な未来のため』でもある、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国がいつも主張している「未来志向」の未来というのが、どんなものなのか、垣間見ることもできそうで、エントリーしてみます。そこそこ大きめのマスコミも同じ記事を載せていますが、本ブログとしては肝心となる『日本の健全な未来』の部分は書いてありませんでした。よって、本エントリーのソース記事は「ナヌム(分かち合い)ニュース」という、社会福祉関連のネットメディアとなります。

 

<・・(※告訴する側のヤン・テジョン弁護士は、反日種族主義著者たちに対して)「彼らは健全な歴史観を揺るがし、強制徴用、日本軍慰安婦被害者の心を傷つけてており、リュ・ソクチュン延世大教授も日本の右翼雑誌hanada 8月号に寄稿を通じて歴史を歪曲して、日本国内の嫌韓気流を煽っている」と訴えた理由を明らかにした。

また、ヤン弁護士は「イ・ヨンフン、チュ・イクジョン、イ・ウヨン、リュ・ソクチュンなどの歪曲された文は、大韓民国の未来だけでなく、東アジアの一軸を担当している日本の健全な未来まで毀損するものであり、東アジア全体の未来を闇に追い込む行為だ」と批判した。

 

続いて彼は「日帝強制徴用、日本軍慰安婦被害者とその遺族を再び恥辱と絶望の中に陥れ、先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国に多大な被害を及ぼし、さらに大韓民国と日本、東アジアの健全な未来を台無しにするこのような行為は、決して容認されてはならない」とし、「イ・ヨンフン前ソウル大経済学部教授をはじめとする『反日種主義との闘争』執筆陣とリュ・ソクチュン延世大社会学科の教授を、名誉毀損、死者名誉毀損、出版物による名誉毀損、国家保安法違反などの疑いで告訴する」と明らかにした・・>

http://www.nanumnews.com/sub_read.html?uid=77451

 

へぇ・・国家保安法・・ですか・・・「国家保安法」が堂々と入っているのが、また何とも。数十年の間、この国家保安法を廃止すべきだと主張してきたのは、他でもない韓国の左派勢力です。このソン・ヨンギルという人、『対北制裁を解除しないと南北対話は不可能だ』と普通に主張したり、ジャガイモを収穫しながら北朝鮮の童謡を歌って問題になったりした人です。

そんな人が参加した告訴告発騒ぎで、弁護人が『国家保安法で学者どもをぶっつぶしてやる。日本のためでもある』と熱弁を振るう有様。一つ前のエントリーで書いた、『被害者の味方を演じる人たちの裏の顔』を書いたばかりです。国家保安法を廃止せよと騒いでいた人たちも、実はその国家保安法を自分のものにしたいと、狩られる方から狩る方になりたいと、そう思っていただけなのでしょう。

 

慰安婦が直接参加して告訴告発するだけでも結構マズイ問題ですが、共に民主党の重鎮まで加わって・・帝国の慰安婦と同じく、ほんの一部が真っ黒に塗りつぶされる日も、そう遠くないかもしれません。

随分前のことですが、私が韓国で本を出版しようとして、小さな出版社の社長さんから『責任が取れません』と言われたこと、旧ブログのときに書きましたが・・覚えておられる方、いらっしゃいますか。あのときの「責任が取れません」という言葉。当時もその重さが全然分からなかったわけではありませんが・・今になっても、たまに思い出します。本当に、本当に重い言葉だったんだな、と。改めて、日本の自由民主主義に敬意を表します。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (161)

“韓国の言う『日本の健全な未来』とは” への88件の返信

  1. 韓国の国内法に詳しくないから、基本的な部分で紳士蟻さんに質問です。

    名誉棄損で民主党の議員が訴えるとあるけど、本人以外の第三者が告訴する事って可能なんですか?
    日本では親告罪なので、被害者からの告訴でないと検察は動けないのですが。。。。

    仮にこれが可能であるとしたら、例えば、推しの芸能人が番組でそれっぽい何かを言われた場合、第三者のファンが勝手に告訴出来る事になってしまうけど、大丈夫なの?

    1. 韓国では第三者が告訴できる。そして、受理は極めて恣意的に判断されるので韓国ではなんの問題もない。

    2. シンシアリーさんの過去のエントリーや他の韓国ウオッチャー様方の記述を拝見しても分かりますが、彼の国では、全く関係のない第三者でも「こんなことをしてけしからん!」と思えば訴えられるシステムだからこそ、息を吐くように、自覚なく言論弾圧ができるわけですね。(客観的な基準や証拠がなくても、自分にとって気に入らないことを言う奴、自分の考えに合わないことを言う奴がいたら訴えれば良い。自分の感情こそが正義だから、という思い込み。)
      で、気に入らない日本に対して「日本は言論の自由がない独裁国家。我々の国は民主主義が発達した国」などとおっしゃいます。

    3. その昔、産経新聞が朴槿恵大統領の秘線に触れて侮辱したとして、何の関係も無い輩が産経新聞の加藤支局長を告訴した事がありましたよね、

      あの時に南朝鮮では無関係の他人事でも第三者が入り込んで告訴出来るとか言ってましたが、

      おもしろかったのは 告訴した本人は新聞の記事でその事を知って腹が立ったから告訴した、内容の詳細については余り良く知らない(覚えてないニダ)と言っていたのがオチでした、

      結果無罪とは為りましたが、裁判中とはいえ半年間の長きに渡って出国禁止命令が出されて拘束されました、将に正義も法も無い暗黒大陸(半島)の話ですねぇ。

    4. 皆様レス有難うございます。

      なるほどですね。
      第三者が侮辱罪で訴える事が出来るとか、侮辱罪自体の意味が問われますね。
      それって、結局は

      「訴えた人は侮辱されてないじゃん!?」

      という事ですからね。
      あの国に理屈を求めても意味が無いのかもしれませんが。。。

  2. シンシアリさんは、韓国が日本の『日本の健全な未来』を決められるとしたら、いったいどういった道を選ぶと思います?

    決して『日本の健全な未来』として、日韓の断交を選ぶことはないよね?

    島国が日本を名乗るなんて許さない。天皇なんて許さない。自ら倭国、倭人と名乗れば良い。そして女性は韓国人の妻、韓国人の子を孕め。男性は奴隷か強制労働。子供には韓国に謝罪する教育を。これが韓国の求める『日本の健全な未来』ですよねえええ。

    あ。これって、韓国人の言う、シンシアリさんの言う、「日本の加害」でしょう?

    よくも日本の加害なんて言えたもんだわさ。

    1. 違うと私は思います。
      それは、お金をせびる為の単なる口実だと思います。
      なんのかんの言って、日本は韓国の「金のなる木」でいる事。
      その為にあーせい、こーせいと妄想やら嘘やら、歪曲やら、なんでもあり。
      謝罪?そんなもん韓国人が本当に望んでるなんて、ナイナイ!
      だって、謝罪だけなら、一銭も儲けにならない、ですよね?シンさん。

      1. 何故か、韓国の目的は小金をせびること。って頑な信じている人がいるよ、楽韓とかもそうだけどさ。

        それって違うよね?

        1. 違いません。
          韓国の目的は「日本から小金をせびって、働かずに暮らす事」です。それ以外の事は、どうでもいいのです。

          日本が、せびっても小金をくれなくなっては困るから、いろいろ小理屈をこねるのです。
          さらに言えば、小金をくれる相手が確保できるなら、それは誰でも良いわけです。しかし、そんな都合の良い相手はいません。
          「もっとも都合の良い相手に近い存在」が歴史的に日本だっただけ。

          「上下関係」とか「身分秩序」とか「民族の誇り」とか「復讐」とか、そんなモノは単なる「小金をせびるための小理屈」です。
          その「小理屈」の意味は、まったく形骸化しています。

          昔のシナ人に「そういうものなんだ」と教えられたと思い込んでる【朝鮮人の中のごく少数のエリート】が、今でも「そういうものなんだ」と思い込んで、まくしたてているだけです。
          日本人とアメリカ人に新しい小理屈を吹き込まれて、小理屈のネタが増えました。
          彼らのこねる「小理屈」は「ただの書き割りみたいなモノ」なのです。内容は有りません。
          けれども「理屈としての内容が無い」ので、小金をくれなくなったら、相手に対してどんな残虐な事もします。
          「書き割り」に「ウリは絶対正しい」と書いてあるので。

          その他大勢は、エリートがまくしたてているのが「自分たちにも都合がいい」から尻馬に乗っているだけです。
          字面さえ分かっていません。
          「たかり」あるのみ。
          「他民族を奴隷にする」というのは、彼らにとっては「効率的にタカる方法」に過ぎません。
          そして「小金をせびることさえ出来るなら」誰かの奴隷にされてもまったく平気なのです。

          1. 〉そして「小金をせびることさえ出来るなら」誰かの奴隷にされてもまったく平気なのです。

            このように、とろいやというのは韓国人を理解していないのですね。

    2. >韓国が日本の『日本の健全な未来』を決められるとしたら、

      この仮定がどんな状況を表すのか私には想像できません(多分シンさん含め誰にも)。
      だから、

      >決して『日本の健全な未来』として、日韓の断交を選ぶことはないよね?

      に対してyesともnoとも言えません。

      だから七誌さんが
      >>決して『日本の健全な未来』として、日韓の断交を選ぶことはないよね?
      と問いかけ(断言か?)できる理路がさっぱりわかりません。
      多分無知なんですね。
      七誌さん、ぜひこの無知を教導してください。

  3. ま、三田渡碑(大清皇帝功徳碑)になんて書いてあるのか無視する恥ずかしい民族だな

    昔から全然大した事して無いどころか、哀れな民族だからなぁ

  4. どのような集団の中にも一定数の異様な考えの持ち主は居るものだが、韓国という集団(敢えて国とは言わない)は足のつま先から頭のてっぺんまで(最下層の民から国を司る大統領に至るまで)異様な者たちである。

    私の子供の頃(首相が佐藤栄作の頃)、MW(中波)とSW(短波)で放送されていた海外の日本語放送局には北京放送やモスクワ放送、朝鮮の声放送(平壌放送)等がありました。
    いずれも1MW(1×10の6乗ワット)位の大出力で放送され、国内の放送を押しのけてガンガン聞こえていたものです。
    これらのうち北京放送と平壌放送は、無駄に勇ましい音楽に乗せながら現在の朝鮮中央テレビのアナウンサーと同じ様に大袈裟な抑揚を付けて無駄に大声を張り上げた日本の政治批判プロパガンダを放送していました。まるで基地外が喚いているように聞こえたものです。
    モスクワ放送は、日本の政治批判は同じでしたが綺麗な女性の声で抑制のきいた話し方に好感が持てたものです。
    北京放送は日中国交正常化が実現するや否や、いきなりそれまでの声高で上から目線の政治批判を止め、モスクワ放送のような冷静な語り口に変わったことには驚きました。昨日までの北京放送は何処に行ったの?と頭の中に「?」が飛び交ったのを覚えています。
    さて、最後に残った平壌放送は相も変わらずプロパガンダ放送で埋め尽くされ、到底人の心には届かない愚かな行為を繰り返しています。

    現在の韓国を見ると、先祖返りと言うべきか益々北朝鮮に似てきて「嗚呼、やっぱり同じ朝鮮人なんだなあ」と感慨に耽る今日この頃です。

  5. ときどき、韓国の上から目線の対日感がとても疎ましくなる。
    そこまで言うのなら、力で圧殺してやろうかなど負の感情がもたげてくる。
    そんなときは、福沢諭吉の脱亜論や古田先生の非韓三原則を胸に噛みしめる。
    中国、朝鮮、韓国、共に未来を語るに値しない東アジアの三バカである。

  6. >先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国

    北から取り戻すために血を流したのは主にアメリカ人なんですが
    健全な歴史というのは人命の価値がやけに軽すぎやしませんかね

    破墓の件とか半島の宗教観は日本人にはとても受け入れ難いです

  7. 〉東アジアの一軸を担当している日本の健全な未来まで毀損するものであり、東アジア全体の未来を闇に追い込む行為だ」と批判した。

    何回か説いているけれど。
    日本の健全な未来とは、韓国が夫、日本が妻の関係になることなのですよ。

    日本は日本が従、韓国が主の関係を、日本の方から求めなくてはならない。韓国兄さん、弟日本の関係こそが、韓国が本当に求めるものなのですね。

    韓国って、本当に反日国家でしょうかね。
    本当は、わたしは韓国って反日国家ではないと思うのです。

    日本と上下関係で一体化したい。それが韓国であり、在日朝鮮人なのですね。

    1. なるほど、「日本の健全な未来」とはそのレベルの話でしたか。
      ならば今後こうすればいいのですね。
      「我が夫であり兄であるムン様に書す。在日資産を没収します。恙無きや」

  8. 「弁護人が『国家保安法で学者どもをぶっつぶしてやる。日本のためでもある』と熱弁を振るう有様。『被害者の味方を演じる人たちの裏の顔』を書いたばかりです。国家保安法を廃止せよと騒いでいた人たちも、実はその国家保安法を自分のものにしたいと、狩られる方から狩る方になりたいと、そう思っていただけなのでしょう。」
    本当にダブルスタンダードそのものです。嘘つきそのものです
    生物学では強い生き物が生き残るのでは無く、変化に対応できる物が生き残る。と言われますがこんなに変化が激しい生き物が半島人です。これが5千年生き残ってきた理由です。
    目の前で常に変化球を投げ続ける。惑わされてはいけません。

  9. ひしぶりに「東アジア」が、出てきましたね。
    東アジアが~ 懐かしい。ww

    「反日種主義」なんか韓国でベストセラーで韓国人も変わってきたなんて保守系の人達が言ってるけど、韓国の人口に対しての発行部数なんて微々たるもので、めちゃくちゃ多く見積もっても せいぜい数百人に一人が読んだだけで、ほとんど誰も知らないでしょう。
    しかもその内の2~3割は、執筆者に対抗するために買ったんじゃないかな。
    韓国併合前に夢見た人達と同じで、また同じ幻想を抱いている。

    だいたい 福沢諭吉が結論だしたでしょ、韓国にかかわるのは日本にとって不幸だって。
    だから何も変わらないて。
    人(性根)は、そう簡単に変わらない。

    1. 十分、韓国社会に大きな影響を与えたと思います。

      強烈なアレルギー反応を引き起こした結果、
      韓国社会に言論統制の必要性が刻み込まれ
      正義を法的に保護する動きが活発化しました。

      あの本がなければ、もう少しゆっくりした動きに
      なっていたかと。(最終的には変わらないけど)

      1. 韓国国内 韓国国民 からすれば、そうだと思います。
        このような本が出版されること自体がショックでしょうから。
        そういう意味では反日団体や政府の人達が「日本を正当化」したという「強烈なアレルギー反応を引き起こした」のでしょう。

        ただ 韓国国外から見れば、無に等しいでしょう。
        一般人が変化を起こすほどでもないですから。
        もし 影響というほどの影響があったなら「アラブの春」韓国版が起こっていると思います。

        ※「反日種主義」の記述も間違った所(妄想)が有りますしね。

  10. 「華夷秩序では親北 親中の現政権がやっている事は正しい、日本は中華では許されない存在故に韓国は中国とも相通じる」
    って考え方ですから、中国がウリの範囲に入り居丈高になり
    「反日なので中華のウリになれるのに、それを邪魔する連中はナムとすべき」って感じでしょ。

コメントは受け付けていません。