韓国の言う『日本の健全な未来』とは

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

(いわゆる)慰安婦・強制徴用被害者たちが、反日種族主義及びそれと似たような主張をしたイ・ヨンフン氏とリュ・ソクチュン氏を告訴する件、本ブログでは7月1日にすでにお伝えしました。そこに、共に民主党の重鎮であり韓国国会の外交統一委員長でもあるソン・ヨンギル議員が、同じく告訴人として参加すると明らかにしました。被害者の名誉毀損で訴える、というのです。

共に民主党の重鎮が参加したことで、この件を複数のマスコミが報じていますが、本エントリーで取り上げるのはソン議員ではなく、同じ記者会見の場で弁護士が話した内容を紹介します。

慰安婦は性奴隷ではなかった、徴用工は強制労働ではなかった、そういうものを韓国では歴史歪曲と言います。そんな歴史歪曲を厳しく処罰することは、『日本の健全な未来のため』でもある、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国がいつも主張している「未来志向」の未来というのが、どんなものなのか、垣間見ることもできそうで、エントリーしてみます。そこそこ大きめのマスコミも同じ記事を載せていますが、本ブログとしては肝心となる『日本の健全な未来』の部分は書いてありませんでした。よって、本エントリーのソース記事は「ナヌム(分かち合い)ニュース」という、社会福祉関連のネットメディアとなります。

 

<・・(※告訴する側のヤン・テジョン弁護士は、反日種族主義著者たちに対して)「彼らは健全な歴史観を揺るがし、強制徴用、日本軍慰安婦被害者の心を傷つけてており、リュ・ソクチュン延世大教授も日本の右翼雑誌hanada 8月号に寄稿を通じて歴史を歪曲して、日本国内の嫌韓気流を煽っている」と訴えた理由を明らかにした。

また、ヤン弁護士は「イ・ヨンフン、チュ・イクジョン、イ・ウヨン、リュ・ソクチュンなどの歪曲された文は、大韓民国の未来だけでなく、東アジアの一軸を担当している日本の健全な未来まで毀損するものであり、東アジア全体の未来を闇に追い込む行為だ」と批判した。

 

続いて彼は「日帝強制徴用、日本軍慰安婦被害者とその遺族を再び恥辱と絶望の中に陥れ、先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国に多大な被害を及ぼし、さらに大韓民国と日本、東アジアの健全な未来を台無しにするこのような行為は、決して容認されてはならない」とし、「イ・ヨンフン前ソウル大経済学部教授をはじめとする『反日種主義との闘争』執筆陣とリュ・ソクチュン延世大社会学科の教授を、名誉毀損、死者名誉毀損、出版物による名誉毀損、国家保安法違反などの疑いで告訴する」と明らかにした・・>

http://www.nanumnews.com/sub_read.html?uid=77451

 

へぇ・・国家保安法・・ですか・・・「国家保安法」が堂々と入っているのが、また何とも。数十年の間、この国家保安法を廃止すべきだと主張してきたのは、他でもない韓国の左派勢力です。このソン・ヨンギルという人、『対北制裁を解除しないと南北対話は不可能だ』と普通に主張したり、ジャガイモを収穫しながら北朝鮮の童謡を歌って問題になったりした人です。

そんな人が参加した告訴告発騒ぎで、弁護人が『国家保安法で学者どもをぶっつぶしてやる。日本のためでもある』と熱弁を振るう有様。一つ前のエントリーで書いた、『被害者の味方を演じる人たちの裏の顔』を書いたばかりです。国家保安法を廃止せよと騒いでいた人たちも、実はその国家保安法を自分のものにしたいと、狩られる方から狩る方になりたいと、そう思っていただけなのでしょう。

 

慰安婦が直接参加して告訴告発するだけでも結構マズイ問題ですが、共に民主党の重鎮まで加わって・・帝国の慰安婦と同じく、ほんの一部が真っ黒に塗りつぶされる日も、そう遠くないかもしれません。

随分前のことですが、私が韓国で本を出版しようとして、小さな出版社の社長さんから『責任が取れません』と言われたこと、旧ブログのときに書きましたが・・覚えておられる方、いらっしゃいますか。あのときの「責任が取れません」という言葉。当時もその重さが全然分からなかったわけではありませんが・・今になっても、たまに思い出します。本当に、本当に重い言葉だったんだな、と。改めて、日本の自由民主主義に敬意を表します。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (161)

“韓国の言う『日本の健全な未来』とは” への88件の返信

  1. 結局、特亜は思想・情報統制して反論する者は粛清になるんですよね。
    そして特亜の言う「日本ガー」批判は自己紹介ばかり…。

  2. >小さな出版社の社長さんから『責任が取れません』と言われたこと、

    つまり、「(著者のあなたに何が起きたとしても)責任が取れません」という意味ですかね。まあ、現在の韓国よりは日本の方がマシですかな。
    でも、油断するとすぐに失われてしまいます。
    それが自由民主主義というもの。

    1. 出版社がその著者を守れない、、、これは版元として自己否定に近い言葉なんです。だから重いんです。

  3. 先に皆さんが書かれていますが、韓国では、
    ・第三者が誰かを告訴出来る自由
    ・道路に違法駐車する自由
    ・ゴミをポイ捨てする自由
    ・辱を使い口汚く相手を罵る自由
    などなどがある、フリーダムなお国柄ですよね。
    だから言論の自由などちっぽけなことには無頓着?ケンチャナヨ?
    ウリの自由は無限大に、ナムの自由は最小限に規制して構わない。

  4. 韓国人本当に怖い。私は日本で産まれ育ち、一歩も出ることなく、たぶん、日本で完結する。韓国人もそうして欲しい。

  5. 韓国人に
    文明や文化なんて

    100000000億兆年

    ( ̄∇ ̄)早すぎたんですよ
    宇宙が1000億回生まれ変わっても
    無理でしょうね

  6. >先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国

    また歴史をコリエイトしてますね~

    1. いわば棚ぼた式の独立ですよね。しかも併合される前の国は大韓帝国なんですよね。

      1. 彼の国の憲法では併合も大韓帝国も認めていないのだから仕方がない。

  7. そんな中、ムンムンは大統領勇退(笑)後の豪邸を購入(一億三千万円っ)だそうで。
    慶南梁山市下北面ってそんなに地価高かったっけ?どうせ、牢屋に入るかマジカルダイブなのに必要ないと思うのだけど(笑)
    100均で必要なモノを買い揃える庶民派大統領ニダ!とか選挙で謳ってなかった?
    まぁ、所詮は韓国人だよねぇ(笑)

    1. 先日、「家を買うな!もうすぐ安くなるから!」って言ってたと思うんだけど、日々矛盾しながら生きてるのかもね。

  8. 芝居がかった台詞を。夢の遊眠社みたいですね。
    言いたいことを、和風に五七五で言えば
    「韓国の 夢を暴くな 学者ども」
    「証拠など 心傷つく 刃かな」
    「立証で 司法に勝てるか この国で」
    こんな感じですかね。

  9.  韓国の「健全な未来」のためには、日本国内での少数民族との連携は欠かせません。特に沖縄に関しては中国とも利害が一致し、国政では「反日」の砦になっています。

     都知事選に隠れていますが、沖縄議長選挙がありました。「オール沖縄」(親中・親韓・反米勢力)が議長職を失いました。(ttps://www.asahi.com/articles/ASN737K45N71TPOB005.html)

     桜井さんの思いがけない得票と相まって、ひとつのシグナルだと思っています。日本人の政治行動は鈍重です。「風」が吹いたときにはその限りではありませんが、そういうのは揺り戻されます。たいてい段階的に評価が票になります。
     その動向を見るのには「風」とは無縁のところを観ればいい。今回、東京で桜井さんに「風」が吹いていたわけではありません。沖縄議長選で野党に「風」が吹いていたわけではありません。後付け分析では妥当性を考えられますが、事前には「予想外」の結果です。

     2カ所の結果で日本を横断的に分析するわけにはいきません。しかし「韓国の徴用工裁判における現金化」に対して政府が「重い対抗措置」を繰り出しても、韓国が期待する反発は日本国内からは出てこないのではと思います。
     ここで「重い」というのは、韓国の命脈が危うくなる措置です。日本人は自分たちが立場が強いからといって「それを盾にして強権を振るうこと」を潔しとしません。強硬措置には誰もが納得する名分と、共有された感情が必要です。

     それが整いつつあると思っています。「金の卵を産むガチョウの腹を引き裂いたばかりか、その血に拠ってきた猛禽を相手にする」

     韓国がそんな事態にならないよう霊的な生まれ変わりを期待しています。

     

    1. じわたねほ様

      しばらくお見かけしなかったので、心配しておりました。やれやれ、これで安心です^_^

      先程の都知事選の考察といい、この考察といい、ど素人の私には考えつかないことばかり!興味深く拝読しました。

      これからも楽しみにしております。

      にしても、知れば知るほど、K国とはサヨナラしたいです。

      1.  リプライありがとうございます。過分なご評価ありがとうございます。

         私はたいした見識は持ち合わせていません。「なぜこうなるのだろう?」という思考の累計があるだけです。「韓国」については、このブログではもう動かないレベルで、みなさんがおのおのの認識をもっておられます。私ごときの徒然書きには左右されることはないと感じます。

         ブログ主様の提示してくださるものは、無知な自分には目から鱗なことが多く、ありがたく読ませていただいています。ブログ主様の「韓国観」については、もう再考する余地がないくらいできあがっているのかなと感じます。

         できあがっているものには「新しい感動を得にくい」ということが言えます。それ故、「韓国観」の向こうにあるものがいります。

         日本人には「日本人による日本観」が大切です。ブログ主様が「韓国人による韓国観」を示されているように、多くの日本人は自分の「日本観」を言葉で持つのがよいと考えます。それで初めて「韓国観」を相対化して自分のものとすることができます。

         「嫌韓」という言葉があります。日本人は「韓国観」を相対化できるほど、おのおのが「日本観」を突き詰めていない。だから「嫌悪感」で片付けている部分があるのだと思っています。

         よき隣人としてつきあう必要を韓国には認めません。しかし、全面否定は危険だと思っています。断絶のみならず、戦争の危険に繋がるからです。

         「事実(Fact)」にも通じますが、客観性は大切です。自己研磨と自己発展のために必要ですし、無用な敵対を避けるために必要です。韓国分析の目的は「日本人の安寧」です。韓国が同じ気持ちになる可能性が少しもないのが残念です。

        1. >シンシアリーさんの韓国観の向こうにあるもの

          全面的に賛成しますし、私がこのブログを見るようになったのもそれが動機です。

        2. じわたねほ様
          おはようございます。
          丁寧なご返信、ありがとうございます。

          またまた、うーむなるほど‥と唸ってしまいました。特に後半部分。

          日本人による日本観、考えたことも無かったです。

          嫌韓、断韓、その先にある結果も考えないといけないのですね。戦争は真っ平御免です。

          1. >戦争は真っ平御免です。

             観念哲学でいう「誰もがそう思う共通理念」。韓国人には共通しているのかどうか疑問です。戦争で日本を屈服させたい欲求を韓国は持っていると思っています。日本にとっては戦争の回避は最優先命題です。韓国がつぶれるつぶれないはどうでもいいのですが、「日本人の安寧」は大切です。

             韓国人は「日本人の安寧」など赦さないところに問題があります。

    2. 「現金化」が行われた場合(強引な手法をとるでしょうが)、金額の多寡にかかわらずドミノ倒しの連鎖が始まります。誰も望んでいない「対抗措置」なのですが,,,

      1. リプライありがとうございます。

         「必然の不幸」というものがあります。互いの論理性の衝突で起こります。韓国の論理では「日本は韓国より下の存在であり、永劫に謝罪し賠償を続け」なくてはいけません。日本の論理では「約束上も契約上も終わった話。それを蒸し返すのは新たな火種を産むだけ」だというものです。

         「対抗措置」は「必然の不幸」です。どちらかが引けるならありません。日本が韓国に隷従するか、韓国が約束の価値をウリの情緒より重んじるかです。どちらもありません。ですから「対抗措置」は出ます。

         誰も望んでいない「対抗措置」ですが、誰も否定できない「対抗措置」なのです。

  10. >私が韓国で本を出版しようとして、小さな出版社の社長さんから『責任が取れません』と言われたこと、旧ブログのときに書きましたが・・覚えておられる方、いらっしゃいますか

    覚えてますよ。
    その当時はまだ、お国にいて、内部から変えて行くことができたらと思って頑張っておられたんですよね。
    こうして日本に移って来ることがどれほどの苦渋の決断だったのかお察しします。

コメントは受け付けていません。