韓国の言う『日本の健全な未来』とは

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

(いわゆる)慰安婦・強制徴用被害者たちが、反日種族主義及びそれと似たような主張をしたイ・ヨンフン氏とリュ・ソクチュン氏を告訴する件、本ブログでは7月1日にすでにお伝えしました。そこに、共に民主党の重鎮であり韓国国会の外交統一委員長でもあるソン・ヨンギル議員が、同じく告訴人として参加すると明らかにしました。被害者の名誉毀損で訴える、というのです。

共に民主党の重鎮が参加したことで、この件を複数のマスコミが報じていますが、本エントリーで取り上げるのはソン議員ではなく、同じ記者会見の場で弁護士が話した内容を紹介します。

慰安婦は性奴隷ではなかった、徴用工は強制労働ではなかった、そういうものを韓国では歴史歪曲と言います。そんな歴史歪曲を厳しく処罰することは、『日本の健全な未来のため』でもある、というのです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

韓国がいつも主張している「未来志向」の未来というのが、どんなものなのか、垣間見ることもできそうで、エントリーしてみます。そこそこ大きめのマスコミも同じ記事を載せていますが、本ブログとしては肝心となる『日本の健全な未来』の部分は書いてありませんでした。よって、本エントリーのソース記事は「ナヌム(分かち合い)ニュース」という、社会福祉関連のネットメディアとなります。

 

<・・(※告訴する側のヤン・テジョン弁護士は、反日種族主義著者たちに対して)「彼らは健全な歴史観を揺るがし、強制徴用、日本軍慰安婦被害者の心を傷つけてており、リュ・ソクチュン延世大教授も日本の右翼雑誌hanada 8月号に寄稿を通じて歴史を歪曲して、日本国内の嫌韓気流を煽っている」と訴えた理由を明らかにした。

また、ヤン弁護士は「イ・ヨンフン、チュ・イクジョン、イ・ウヨン、リュ・ソクチュンなどの歪曲された文は、大韓民国の未来だけでなく、東アジアの一軸を担当している日本の健全な未来まで毀損するものであり、東アジア全体の未来を闇に追い込む行為だ」と批判した。

 

続いて彼は「日帝強制徴用、日本軍慰安婦被害者とその遺族を再び恥辱と絶望の中に陥れ、先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国に多大な被害を及ぼし、さらに大韓民国と日本、東アジアの健全な未来を台無しにするこのような行為は、決して容認されてはならない」とし、「イ・ヨンフン前ソウル大経済学部教授をはじめとする『反日種主義との闘争』執筆陣とリュ・ソクチュン延世大社会学科の教授を、名誉毀損、死者名誉毀損、出版物による名誉毀損、国家保安法違反などの疑いで告訴する」と明らかにした・・>

http://www.nanumnews.com/sub_read.html?uid=77451

 

へぇ・・国家保安法・・ですか・・・「国家保安法」が堂々と入っているのが、また何とも。数十年の間、この国家保安法を廃止すべきだと主張してきたのは、他でもない韓国の左派勢力です。このソン・ヨンギルという人、『対北制裁を解除しないと南北対話は不可能だ』と普通に主張したり、ジャガイモを収穫しながら北朝鮮の童謡を歌って問題になったりした人です。

そんな人が参加した告訴告発騒ぎで、弁護人が『国家保安法で学者どもをぶっつぶしてやる。日本のためでもある』と熱弁を振るう有様。一つ前のエントリーで書いた、『被害者の味方を演じる人たちの裏の顔』を書いたばかりです。国家保安法を廃止せよと騒いでいた人たちも、実はその国家保安法を自分のものにしたいと、狩られる方から狩る方になりたいと、そう思っていただけなのでしょう。

 

慰安婦が直接参加して告訴告発するだけでも結構マズイ問題ですが、共に民主党の重鎮まで加わって・・帝国の慰安婦と同じく、ほんの一部が真っ黒に塗りつぶされる日も、そう遠くないかもしれません。

随分前のことですが、私が韓国で本を出版しようとして、小さな出版社の社長さんから『責任が取れません』と言われたこと、旧ブログのときに書きましたが・・覚えておられる方、いらっしゃいますか。あのときの「責任が取れません」という言葉。当時もその重さが全然分からなかったわけではありませんが・・今になっても、たまに思い出します。本当に、本当に重い言葉だったんだな、と。改めて、日本の自由民主主義に敬意を表します。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (161)

“韓国の言う『日本の健全な未来』とは” への88件の返信

  1. 日本の未来はこう有るべきだと他国の要人や学者が語るのは、日本に対する主権侵害だ。
    そんなに気に食わないなら、断交すれば良い。
    不買は出来ても断交は口に出来ないなら、口にセメント塗って閉じておけ。

  2. >シンシアリーさんの韓国観の向こうにあるもの

    全面的に賛成しますし、私がこのブログを見るようになったのもそれが動機です。

  3. シンシアリーを引き渡せとかそのうちマジで政府が言いそう

  4. 「先祖が命を懸けて血で取り戻した大韓民国」とは、日本と独立戦争でも戦って独立したとでもいいたいのでしょうか?あまりに想像が逞しすぎます。シンシアリーさんのいわれる「被害者が加害者になれる権利」を悪用したのが慰安婦問題であり、徴用工問題だと思います。この場合、被害者がなれる加害者とは、相手を未来永劫従わせる権利を有する絶対者です。自ら進んで慰安婦や徴用工を詐称し、日本に謝罪と賠償をし続ける社会が果たして健全な社会といえるでしょうか?さらに、韓国に永遠に服従することが健全な日本の未来だというのでしょうか。だとしたら、答えはひとつしかありません。「そんなもの糞くらえ!」だ。

    1. 韓国の司法試験や大学入試では「大韓民国」と書く場合、必ずその前に「先祖が命を懸けて血で取り戻した」他の定型句を入れないと合格しません。

  5. 徴用工(自由人)と慰安婦=売春婦(自由人)を
    大韓民国が奴隷だと喚いていることこそが
    >「日帝強制徴用、日本軍慰安婦被害者とその遺族を再び恥辱と絶望の中に陥れ、
    てますよ。
     朝鮮半島の奴隷の子供は奴隷、過去現在未来永劫奴隷の子は奴隷、ご主人様のご機嫌しだいで金魚を握り潰すように殺されてきた奴隷家系と朝鮮半島中に触れ回っているのだから。

    1. 多分、韓国人にとって「自由人」とは賤民(奴婢・白丁、妓生)のイメージでしょう。
      英語のfreeの意味のうち「タダ」が韓国人一般での「自由」の意味でもあります。

  6. いや~~ 朝鮮人てのは、本当に奴隷好きの奴隷人種なんですね

    >慰安婦は性奴隷ではなかった、徴用工は強制労働ではなかった、

    朝鮮人男も朝鮮人女も奴隷じゃなかったと書いてくれたのに

    >「彼らは健全な歴史観を揺るがし、強制徴用、日本軍慰安婦被害者の心を傷つけてており、

    朝鮮人は、労働者(自由人)じゃない売春婦(自由人)じゃないんだ、朝鮮人は奴隷なんだ、奴隷でなかったと馬鹿にするな!
     奴隷じゃなかったといわれたら傷付くんだぞ。

    大威張り。
     いやはや、なんとも朝鮮人は俺たちは奴隷人種だ、奴隷人種なんだと喚いてる真性の奴隷人種なんだわな。

  7. 「イアンフがー」「徴用がー」が嫌韓の原因となっているとは夢にも思ってないようですね。

    ウリより下の永遠の加害者を作り己れの自存心を満たしたいという卑しい考えこそ嫌われる要因。韓国人の魂胆など日本は分かっている。
    それも気付かず心の奥で嫌韓を恐れる臆病な韓国人。醜すぎる。

    1. 「嫌韓」をむしろ彼らは喜んでいる節があります。個人的にはそう感じます。「嫌われる」というのは「かまってもらう」「関心を抱いてもらう」「強い感情をぶつけてくれる」ということです。「無関心」とは別次元ですから。

      わたしなどはずっと韓国のことに関心がありませんでした。チョーセンジンは差別用語、かわいそうで野卑な人たちだからあまり触らないほうがいいくらいな認識でずっと来ました。まあ今でも日々のあれやこれやに忙しくて韓国どころではありませんけど。

      たまに横目で見る限りですが、何かにつけ日本人の関心を引きたいがために悪目立ちしてる風にも見えます。何か事を起こして問題の渦中に日本を引きずり込み、面倒なことを解決させることで己の利得とする。そのパターン。ビジネスモデルとさえ言っていい。まあ長い歴史の中を生き延びる過程で体得した民族特性なのでしょう。

      そのための「嫌韓」であれば、自分たちへの関心が高まるという意味で、むしろ彼らは嬉しがっていると思うのです。

  8. 何で赤い人たちは、こうも自己正義に酔いしれるのか。
    見ていて不快だし、他者に対して、
    ましてや今の大韓民国を守った人々を死後も
    殺す所業、この先、韓国には国のために、
    何かを成そうとするものは、現れない気がするよ。
    ホントに、
    そしてホントに不快なのは、
    それを許す大韓民国の国民。
    一度、北朝鮮と同じ様に、大半の人が搾取され、貧民奴隷になって、初めてわかるのかな?
    今の自由の尊さが、
    いや、結局日本のせいにして、
    更に恨むのかな?

    1. 〉結局日本のせいにして、
      更に恨むのかな?

      もちろんこれ。今の在日北朝鮮人を見れば理解できますね。

    2. 同感です。お隣の国の人たちは21世紀に生きているのではなく、元に日本侵攻をそそのかし、自らもその戦いに加わった13世紀に生きているのではないかと思わせます。なんとも言えない不快感だけが募ってきます。

  9. >「日帝強制徴用、日本軍慰安婦被害者とその遺族を再び恥辱と絶望の中に陥れ、先祖が命をかけて血で取り戻した大韓民国に多大な被害を及ぼし、さらに大韓民国と日本、東アジアの健全な未来を台無しにするこのような行為は、決して容認されてはならない」

    これはアジ演説の原稿?
    言葉に酔いしれ、書いていて興奮が収まらなくなってしまったのでしょうか?

    (日本でも昭和30年代~40年代にかけて流行っておりましたね)

    感想:
    ※日本の援助で成功したとしても、自分たちの力で成し遂げたと豪語し叫ぶ。失敗すれば日本のせいだと半狂乱で叫ぶ。結局叫んでいるだけで、何もしない。真似ばかりせず、いい加減に独り立ちをしたらどうか。君たちの未来は、自分たちで台無しにしている。それがあなたたちの国なのだ。  

コメントは受け付けていません。