韓国紙、小池氏再選に一斉に「極右」大合唱

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

昨日紹介した聯合ニュース以外にも、韓国中が極右大合唱となっています。さすがに、何も韓国がここまで騒ぐほどのことかな・・と。

「安倍より右翼小池再選・・韓日関係には悪材料。小池は公然と韓国差別政策を展開してきた(朝鮮BIZ)」

「小池、東京都知事再選・・嫌韓の雰囲気がこれからも続く(朝鮮日報)」

「小池都知事再選・・右クリック(※右傾化)強くなる。日本首都の保守右傾化が強くなると思われる(ソウル新聞)」

「反韓派小池知事再選。韓国学校白紙化など悪縁があり、これからも悪縁が続くと思われる(世界日報)」

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「小池東京知事、得票率60%圧勝・・右クリック強くなる。自民党と公明党は候補を立てず、事実上小池氏を支持する格好となった(ヘラルド経済)」

※得票率60%、366万票で歴代2位だそうです。

「極右小池東京都知事再選・・嫌韓の歩みが続くと思われる。4年間韓国を差別する嫌韓政策を展開した政治家です(MBN)」

「極右小池東京都知事再選・・極右に分類される小池都知事は無所属だが与党側の人士とされる(韓国経済)」

「安倍よりも右翼という小池東京都知事、再選成功・・東京都の保守右傾化色がさらに強くなると思われる(国民日報)」

 

以上、詳しく調べたわけではありませんが、「私が目にした記事の中では」、ここで紹介したもの以外にも、他の記事・報道も基本的には「自民党の味方が勝った」という書き方になり、表現の強弱の差はあれど、右翼がー安倍よりーな感じのものとなります。東亜日報だけが、「実は安倍は小池の人気を快く思っていない」とする記事を載せました。なぜか中央日報だけ普通に選挙結果だけ伝えていますが、4月に『安倍は嫌いだが小池はもっと嫌いだ・・と日本の専門家が言った』という記事を載せたことがあります。

本件だけでもありませんが、韓国側の書き方には、なにかのマニュアルでもあるのか・・な気がしてなりません。いつものこと、「~なのかどうか」より、「~~でなければならない」という縛りの方が強すぎるからでしょうか。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5