(※再UP)新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>のご紹介

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

(※以下、1ヶ月前に書いたエントリーを再UPしたものとなります)新型コロナで本の売れ行きも苦しくなっている中、こうして新しい本の紹介が出来、そして、5月31日に発売日を迎えることが出来ました。いつものことながら、私は本当に恵まれている人間だな・・と思わずにはいられません。新刊は、『日本語』に関する本です。アマゾンなど一部のサイトに掲載されましたので、今日から紹介致します。<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>という、恐縮なタイトルです(※アマゾンアソシエイト リンクになっています。電子書籍も同じページから選択出来ます。


 

(ここから「続きを読む」の後になります)

私が韓国で宗教、またはそれに近い形で接してきたものは、儒教とキリスト教でした。本ブログコメント欄では朝鮮半島儒教、ウリスト教などと言われている、あれです。儒教もキリスト教も、とにかく「敬」を示せ、というのは同じです。徳が高い人に敬の意を示せ、自分が徳の低い人間だと認めろ。罪を赦してくれる神様に敬の意を示せ、自分は罪人だと認めろ、と。それに、「人が正しい生き方をする」には他の方法が無いとしており、ある意味、とても一方通行です。逆の方向には、「敬」を示しても意味がない、究極的には何も変わらないことになって
いるからです。むしろ、双方向性を望むことは、世の中の理、または絶対的な神の意志に反することだ、ある意味、「罪悪」なのだ、というニュアンスすら感じられます。

 

私は、韓国で、ざっと四十年間、実生活の中で、これら二つの思想を経験しました。そして、疲れました。神様や徳のせいではなく、『人』に疲れました。神も徳も悪くありません。ただ、人と人の関係も一方通行で、それに疲れました。

本書には、一部の文章に、「神国」という言葉が出てきます。「神国」にもいくつか意味がありますが、本書で言う神国は、単に、「神々が宿る国」という意味になります。ものすごく曖昧で哲学的で難解な表現なのに、「ま、そういう意味だよね」と、ある程度は分かってしまうから、不思議なものです。

真の神国とは、神が人間との共存を受け入れ、人間が神との共存を受け入れた国のことではないでしょうか。もっと簡単に言うと、人が人に、人が神に、神が人に、疲れない国、それが神国です。

そのために必要なものはなにか。何が神国を支えているのか。私は、その関係を支える大きな柱の一つこそが、日本語だと思っています。「日本語と関係あるのか?」と思われるかもしれませんが、私が「比較」が出来るほどの知識を持つ2つだけの言語、韓国語と日本語を考察してみると、それが分かってきます。本書は、そういう感覚を率直に書いた、そんな本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。また、よろしくお願い致します。

5月31日は、まだ臨時休業の書店もあるので、いつもとは少し違う書店を巡ってみるつもりです。31日午前の更新は、少し遅れるかもしれません。

それでは、行ってきます(・∀・)ノ

 

 

※本ブログの各エントリーは、3週間後にはコメント欄が自動的に閉じる仕組みになっています。ブログの最初にある『インフォメーション』エントリーだけはコメント欄が無くなることが無いので、もし本エントリーにコメントが出来なくなっていたら、インフォメーションの方にコメントください※

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。

・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (640)

“(※再UP)新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>のご紹介” への55件の返信

  1. 初コメントさせていただきます。
    以前は、毎日訪れていたシンシアリーさんのブログ。最近は、回数がめっきり減りました。韓国疲れ…。もう韓国に関するものを目にしたくない。関わらずにいられたらそれで良い。

    安倍総理の土下座銅像の騒動がありましたが、批判対象の国のトップを貶める銅像を国内に作り仮想でも優越感を持ちたい(?)韓国人。私はどんな銅像であっても韓国大統領の銅像を国内において欲しくない。国が汚れるようでゾッとする。(ごめんなさい)
    きっと、これが反日と嫌韓の違いですね。

    今後もシンシアリーさんのご活躍だけは楽しみにしています。

  2. 路に迷って、手探りで日本文化を探していました。家の宗教は、曹洞宗ですが、恥ずかしながら一知半解で、一から勉強し直しているところです。呉善花さん、黄文雄さん、石平さん、を導きの糸としてきましたが、シンシアリーさんで円環が閉じた感じです。日本語の中に溶け込んださまざまな思想が、知らず知らずのうちに私たちを守ってくれているのでしょう。シンシアリーさん、少し仏教を勉強されたら如何でしょうか?日本文化に対する理解がより深まることと思います。登山口としては、鈴木大拙がお勧めです。ではでは…^^

    1. >呉善花さん、黄文雄さん、石平さん、を導きの糸としてきましたが、シンシアリーさんで円環が閉じた感じです。日本語の中に溶け込んださまざまな思想が、知らず知らずのうちに私たちを守ってくれているのでしょう。

      うへぇ、何と浅い理解か。
      そのような思想を外国の人に押し付けるのは、あまり賛成できませんねぇ。

  3. この本の他、著作の端々に記された、シンシアリー氏の「日本人」が、逆に「日本人」を再確認+覚醒していると、思います。

    まあ、歴史的にも、日本人って外国から色々影響を受けましたから。
    ふむ。シンシアリー氏の影響を「韓国から」とすると、韓国人が好きな歴史認識に合いますね。
    でも、そこを見つけられない韓国の人達が・・・w

  4. 人間のくせに神様を気取るヤツが問題有り。
    とは言え、片っ端からぶち込めっというのでは無く、
    法律の適用を変えてはどうか?
    所謂法律って間違うことも有る人間を対象としたものなのだから、
    神様に適用すべきでは無いよね?
    神様は間違わないから神様なので間違ったならそれは悪魔。
    悪魔に相応しい扱いをすべき。

  5. 読み終わりました。深く深く考えさせられたことについては私の中で反芻することにして。。。
    思い出したのは、シンシアリーさんの最初の本、2冊目の本あたりでは、それこそ「行間」に、シンシアリーさんの韓国への愛国心を痛いほど感じました。日本に来ても、それを捨てないで欲しいなぁと思います。。捨てたらシンシアリーさんじゃなくなってしまうような。。捨てなくてもいいのだと思います。。行間に、余韻に、取っておいてくださいな。

  6. ようやく買えました。東京で売り切れだったので、地元で買いました。書店応援のため通販では買いたくなくて・・!読むのが楽しみです。

  7. たったいま読み終わりました。

    『石さえも成長する〜日本は。』を読んで、「これは、もしかして、、、」と思って読み進めたら、最後に「やっぱり。。。」でした。同時に、小学校に入学して何回目かの音楽の授業で先生に歌詞の意味を教えて貰った記憶が蘇りました。そして、そこには、「先生の話は難しい⤵︎」とキョトンとした顔の私がいて、思わず微笑んでしまいました。

    私も神社はよく訪れます。
    小さい頃から「神社は”お願い”しに行く処ではなく、“お礼”しに行く処なんだよ」と親から散々教えられたにも関わらず、「困った時の神頼み」を幾度となく犯してしまいました。でも、それは「お願いしてはいけない」ではなく「神様は願い事 は全てお見通し」という習いなんですね、、、やっぱり。

    リーさんは『日本人になる準備が足らない』ような事をお書きになっていますが、どうして!どうして!『バチは当たらないはず』なんて言葉をスッと口にされるなんて、、、もはや外国人ではありません!無論、異人でもなく、既に日本人の心をお待ちです!!

    リーさんの本は、日本人でいる事に感謝する気持ちにさせてくれます。そして、リーさんが日本人になって良かった、と思って頂けるような日本の姿をずっと守っていきたいという思いに至ります。

    素敵な本をありがとうございました。

  8. 「高文脈文化」、本日読み終わりました。
    読み終わって、爽やかな気持ちになりました。

    「文脈」がこの本のテーマでありましたが、「読後感」は爽やかでした。

    この本は、シンシアリーさんがとても楽しんで書かれていたとのことですが、その楽しさはどうやら私にも伝染したようです。

    病気が伝染するのは嫌ですが、こういうのはいいですね。

  9. 著述家だから「行間」なんでしょうね。
    私ならそれをなんと呼ぶんだろうと考えました。

    鍵になる日本語の独特の解釈だと思いましたが、言葉に選び方に「敬」が込められている気がして、心地よいの空気感が得られました。

    面白いですね。
    文章を読むスピードが、感じ方によって変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。