韓国、例の土下座像で『遊ぶ』観光客たち

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

永遠の贖罪とかいう土下座像を作った植物園ですが、火事のせいで10年近く閉園、7月1日にやっと開園したことがわかりました。そして、植物園を訪れた人たちは、慰安婦像の隣に座っていたり、安倍総理の後頭部を叩きながら楽しんでいました。まず「THE FACT」の記事を部分引用し、それからキャプチャー画像を載せてみます。

<・・江原平昌の韓国自生植物園は、2011年10月に発生した大型火事で閉館したが、7月6日ブックカフェや植物園などを再造成し、再オープンした。植物園側はパンフレットを介して「独島を自国の領土だと無茶な主張をする日本の行動は侵略行為」、「歴史の過ちを心から反省して丁重に謝罪し、新たな日本に生まれ変わってほしいと祈る気持ちで『永遠の贖罪』という名の造形物を建立し公園を造成した」と明らかにした・・(ソース記事:THE FACT、以下のキャプチャー画像も同じです。外部リンクですのでご注意を)>

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

植物園の再オープンになんで竹島が出てくるのか。反日におぼれている人なのか、それとも話題作りが必要だったのかは分かりませんが、すくなくともソース記事を読んでみると、なかなか好評のようです。

平日なのに観光客たちが集まって、慰安婦像のとなりに座って安倍総理の像の土下座を受けたり、後頭部を叩いたりしていました。

 

 

演出された写真である可能性もありますが、韓国社会の「愛国」の水準がどんなに幼稚なのかをよく見せてくれる気がして、キャプチャーしてみました。今日は疲れたのでこれで終わりにして、明日また更新します。今日撮った写真はまだ整理ができていないので、明日載せます。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (179)

“韓国、例の土下座像で『遊ぶ』観光客たち” への70件の返信

  1. 南朝鮮人たちもあんな片田舎(何処か知らないが)にわざわざ出かけて行って偽物の像を擦って自慰しなくても、

    朝鮮の歴史上の偉大な遺産である〝大清皇帝功徳碑〟に描かれた大清皇帝の前で卑屈に謝罪する奴婢(中国から見れば)の頭を蹴飛ばして遣れば良いと思うがねぇ、

    其れに折角〝大清皇帝功徳碑〟のあるソウル特別市まで行ったのだから、この際〝三跪九叩頭の礼〟の遣り方をしっかり覚えて帰れば家族への土産話にもなるし一石二鳥だろうに。

  2. 韓国人は反日ではないと言う人の立場が日々消えていくな
    こんなの作って遊んで生きてて惨めじゃない?

  3. 何だっけ、中国のどっかにある、周りを金網で囲まれていて観光客がツバを吐きかける裏切り者の像、あれと同じだな。
    この21世紀にこんな未開部族の風習が隣国で見られるとは、思わんかった。

    1. 岳飛の廟(正式には「岳王廟」)における秦檜夫妻の座像(場所によって張俊も加わる)ですな。
      品がないといえばそうですが、彼らの死は十二世紀の話で、現代の価値観では測れないものでしょうね。なお唾吐きなどは十六世紀には禁止された模様。
      しかも岳飛も秦檜も中国内部の人間で、かつ関連者は全員死んでからの造作なのです。
      が、例のOINK像は当人が存命の上に選挙で選ばれた他国の指導者でもあるのに、論外ですな。

      ちなみに、岳飛は当時北方異民族国家の捕虜になっていた先代の皇帝・欽宗を奪還するつもりだったそうな。
      しかしそれでは、現在皇帝になっている高宗(欽宗の弟で兄が捕まったから皇帝に即位した)は、どうなるのか。どう考えても政争になる。
      岳飛の誅殺は、高宗の正当防衛もあったようです。

  4. 韓国の植物園とは植物を観賞しに行くところじゃないんでしょうね。
    韓国以外の植物園にあんな関係のない展示物があったら「植物園に政治やスローガンを持ち込むな」と非難の的になってると思います。
    まあ、植物園再開だけじゃインパクトが弱いんで韓国人受けするようにあんな物を設置して愛国心アピール&話題作りにしたんでしょうけど。
    あわよくば、この場所で定期的に慰安婦集会やってくれないかな、ぐらいは考えてたかもしれませんね。

    1. 直接ソースの画像を見てきましたが、「案の定」ショボイw
      目に付くのは水色のガクアジサイ位で後は雑木ばかり…
      地図で確認すると高々東西500m、南北100m程の山の中の小さな公園と言った体で、しかも駐車場や建物が全体の三分の一程を占めており、こんな物でも無ければ到底韓国人が訪れる様な施設では無いですわ。
      私としてはこれで味を占めて貰って更なる「反日・侮日」モニュメントを設置して、「彫刻の森美術館」ならぬ「ウリの精神世界美術館」を目指して欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。