経済産業省「韓国との政策対話はもう難しい」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

韓国からのWTO提訴が本格化し、経済産業省が韓国との政策対話を中断しました。韓国側では非難する声も出ていますが(ソース記事はそういう類ではありません)、日本としては、WTOでやると言われたからには、別の場で対話を続けても意味が無いでしょう。以下、KBSの記事から部分引用してみます。

<梶山弘志 日本経済産業相が、世界貿易機関(WTO)の日本の対韓輸出規制の強化がWTO協定違反かどうかを判断するパネルが設置されたことについて、「極めて遺憾」という立場を表明しました。梶山経産相は今日(31日)閣僚会議が終わった後の記者会見で、「韓国の輸出管理措置運用見直し(輸出規制強化)は、WTO協定に整合したもの」とし「WTO協定の手順に沿ってじっくり対応していく考えだ」と言いました。

 

(PCの場合、ここから「続きを読む』の後になります)

続いて「韓国側が指摘するように、サプライチェーンに影響を与えるものではないというのが私たちの見解」とし「韓国側の一方的な対応は、日韓(韓日)双方が対話を通じて懸案を解決するとした、今までの「輸出管理政策対話」の合意を破ったことであり、極めて遺憾だ」と述べました。また、梶山経産相は、「このような状況では、政策対話の開催は困難である」とし、昨年12月以降、輸出規制の問題の議論のために二度行われた局長級の輸出管理政策対話の追加開催に懐疑的な見方を明らかにしました・・(ソース記事:KBS、外部リンクにご注意を)>

「対話でダメだからWTO行き」というのが普通なので、経済産業省の「もう局長級対話とか出来そうにない」発言は妥当なものだと思われます。でも、ネットメディアなどを中心とした一部の記事では、「WTOに提訴したのに、日本は何で『話し合おう』と言ってこないのか」というふうにがっかりするニュアンスもあります。

 

 

また、そのWTOですが、現在の事務総長が8月31日に早期辞任することとなり、次の総長が選ばれるまで臨時の事務総長代行を選ぶことになっていました。ですが、会員国の意見が衝突して、代行の任命すら出来ませんでした。事務次長(ドイツ)が総長代理になるのではないかと思われていましたが、米国が自国の人にすべきだと主張し、決裂となったそうです。米国が臨時の事務総長代理に拘っていたとは思えないし、多分、WTOが組織として立ち直ること自体を快く思っていないのではないか・・そんな気もします。こんな状態で、果たして組織としての機能を維持できるのでしょうか。WTOは。

 

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著のリンクはアマゾン(アフィ)リンクとなります。リンク先でDL版(電子書籍)も選択できます。


・現在、最新刊は<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論(2020年5月31日)>です。私なりの『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。他のシンシアリーの拙著については、リンク先の内容紹介、または本ブログの書籍紹介ページをご覧ください。ニューコリアは、私の書いた本ではありませんが、ブログを立ち上げるきっかけになった本です。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (163)

“経済産業省「韓国との政策対話はもう難しい」” への72件の返信

  1. >「対話でダメだからWTO行き」
    これに尽きるんですが、なんでしたっけ苦情でもめる推移で、散々暴れた後で、これで終わりにしましょうと丁寧に申し出て見せてこれを受け入れないとそれを責め始める、でしたかそんなんがあったかと思います。

    そういうのに類似した何かだったりしませんかね。
    基本的に何がどうあれ自分の都合をまるっと受け入れろというだけの話なのですが、その論理の筋道が似てないかなと、ふと。

    巷でママ見られる苦情によるもめごとの場合はひとしきり文句を垂れて気が済んだら、その苦情が通ったか否かに依らずちらっと丁寧に話をすること、尊待して見せることで自分が苦情を付けたことによる相手の不満を相殺したつもりになるのだと思います。それが受け入れられないのは不当として批難対象足りうることになるのでしょう。

    金を借りる時に尊待するから借りた金はそれで相殺されて返さんでいいとするのも同様だと考えます。

    今回のWTO提訴したのにがっかりだ、というのは提訴をもめごとの解決手順を守ったことで、本来なら必要もないことであるのに尊待してやったのだ、といった認識をしてる部分があるんじゃないでしょうか。加えて日本の指摘に従った管理強化もその実際はともかく、してやった尊待に数えられましょうか。

    必要条件に「尊待」を勝手に加えて十分条件と見做しているのではないか、だからグループAに戻されるのが当然で少なくともその方向で対話が継続されるべきなのにがっかりだ、ということになるのかなと愚考する次第です。

    韓国ちゃん的には尊待して見せることが序列の決定の他に、分け前の分配や利権の対価として確立してるんじゃなかろか。同じ尊待、下待と呼ぶものにも、して見せるとさせられるで違いがありそう……ちょと脱線。

    うんまああれだ。一言で済みますね。そこじゃない。

  2. イランの原油と日本産フッ化水素行方不明って繋がっているのでは?。
    イランに原油代金として直接金を渡すとアメリカににらまれるので、代わりにフッ化水素を物々交換していたと思う。

  3. 物事の順序や理屈が理解出来ない国とは、はなから対話するのは無理です。
    なので、時間の無駄はやめましょう。

  4. 韓国さんと対話が難しくない国ってあるのかな?
    ニホンはともかく、アメリカとも、北とも、中国とも、ニュージーランドとも、最近はナカマじゃないことがわかったドイツも。東南アジアの国々も、アフリカもダメそうじゃん。
    ニホンが際立って簡単そうなのだが、この現状。

  5. 信用ならない国や企業と取り引きするからそうなるってだけで。
    嘘吐きで泥棒の特亜なんてリスクしかないじゃん。

  6. 今までは「対話」で日本側が折れてくれて問題が解決していたので、それが当たり前だと思ってしまっているのでしょう。

    一方、日本側はもうそれを続けるつもりはないのですが、韓国側はそれを理解していなくて、日本が「対話」に出てくるように対応のレベルを上げていったのですが、それがエスカレートしすぎて国際法違反にまでなってしまい、逆に日本としては動くことができなくなってしまっているというのが、現状だと思われます。

  7. 第三者の裁定に任せることを、自らの意思で選択したのだから、直接対話では上手く行きようが無いと感じていたのでしょう。韓国のマスコミが煽り報道をしているだけで、韓国の政治家や官僚は非難していないのでは?

  8. 今も輸出されてる事実が全てです。
    申請をするのは輸出する日本企業なので、韓国企業だからといって輸出を止める事は出来ないのでは?
    それこそ日本で問題になる。政府の措置ですから。
    となると、争点が”輸出管理の存在”自体になりませんかね?
    で、日本が問題視したのが、韓国の輸出管理の脆弱性なので、韓国も輸出管理をしているのは明白です。
    韓国は輸出管理の体制強化もしていると豪語してるので、WTOに提訴する不当行為を強めてる事になりますね。

    もう無茶苦茶ですよ。
    まさに「自分がやればロマンス、他人がやれば不倫」を体現する形。
    そりゃ対話できないよ。

    1. そもそも、嘘・捏造・妄想と自己に都合の良い部分のみ摘まんでいるワケで。
      それって「対話」ですらないから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。