日本、中国を牽制するための「技術先進国の輸出協議体」を提案・・韓国は言及なし

韓国経済が、「日本『技術先進国が集まって中国に対応しよう』・・韓国は除外」という題の記事を載せました。以下、韓国経済の記事、部分引用してみます。

<日本政府が、技術先進国だけで構成された輸出規制協議会を作って中国を牽制する案を、米国と英国、ドイツなどに提案する方針だ。韓国は日本が構想する協議体に招待される可能性が低いと予想される。日本経済新聞は、日本政府が人工知能(AI)と量子コンピュータなど、最先端の技術が中国の軍事力増強に活用されることを防止するために、最先端の技術を保有する国だけが集まって、輸出規制標準案を作ることを提案する計画だと、27日報道した。このため、2021年の発足しを目指し、米国、ドイツ、英国、オランダなどに協議体創設を提案する方針だ・・

 

・・韓国は、協議体創設を提案する国に言及されなかった。日本が強制徴用被害者問題をめぐり韓国の貿易報復措置を強行しているので、韓国を招待する可能性は不透明だ。日本は韓国の輸出管理が不十分であるという理由で、昨年7月から、半導体核心材料の輸出を規制しており、8月にはホワイトリスト(輸出審査優遇局)からも除外した・・

・・日本の動きは、Huawei社規制など、中国への技術制裁を強化する米国と歩調を合わせるものでもある。これまでは、米国が独自に中国の情報技術(IT)企業を規制しており、国際的な協調システムは無かった。

技術先進国だけで協議体参加対象国を絞ったのは、世界中の国がすべて参加する既存の「国際輸出管理体制」では意見の一致が難しく、意思決定にも多くの時間がかかるからである。技術先進国だけが連携して、懸案が出てくるたびに、直ちに協議するようにすると、短期間で国際的な規制項目を決定できるというのが、日本の構想である。技術先進国でのみ行われた協議体で新しい輸出規制品目を決定した場合、加盟国が自国内の規定を作って輸出規制を実施する方式である・・

・・日本はすでに外為法で日本企業が国家安保の重要な技術を輸出する際に、経済産業省の許可を受けるよう義務付けている>

 

 

「技術先進国じゃないから」と言ってしまえばそれだけですが、そもそも中国を牽制するための協議体に韓国が呼ばれないのは、もう当たり前のことでしょう。日本はすでに、安保上の理由で韓国への輸出管理を強化しました。つい昨日、韓国のカン・ギョンファ外交部長官がクアッド(日本、米国、インド、オーストラリアによる中国包囲網)のことを「特定国家の利益を排除する措置なので、望ましくない」「韓国は招待も受けていない」と話したばかりです。こんな中、よくも『なんで韓国を排除するのか』という記事が載るから、これはこれで大したものです。思わしくない意味で。韓国が協議体から排除されたとして、すぐに何か韓国が困る事態が発生するわけではないでしょう。しかし、こうやって1つ、また1つずつ、自由民主主義陣営から韓国が排除されていくと、韓国に残るのは、何があるのでしょうか。

2018年9月、文在寅大統領がインドネシアのマスコミとの書面インタビューで、「朝鮮半島の状況と関連して、今年末までに、戻ることができないほどの進歩を出すことが目標だ」と話したことがあります(ソースはニュース1です)。『戻れなくする』。2年ぐらい遅れたものの、その目標が着々と進んでいるのかもしれません。

 

 

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

121+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5