ベルリン、1年限定で慰安婦像の設置を許可

ドイツ、ベルリンに、慰安婦像(韓国で言う平和の少女像)が設置されました。市が管理する公有地に設置されたのが、さらに残念です。ベルリン市は『もともとベルリンは公有地での芸術作品設置に寛大であり、あくまで芸術作品として設置を許可した』としました。設置期間は1年だそうです。以下、ニュース1の記事から部分引用します。

 

<日本政府が、最近ドイツの首都ベルリンに設置された日本軍慰安婦被害者を象徴する慰安婦像の撤去を要求すると発表した。

産経新聞などによると、日本政府のスポークスマン加藤勝信官房長官は29日の定例会見で、「慰安婦像の設置は日本政府の立場やこれまでの対応と相反する」とし「極めて残念なことだ」と述べた。加藤長官は「(日本の)政府は、(慰安婦像)撤去のために、さまざまな関係者に接近、日本の立場を説明するなど、引き続き努める」とし「今後も国際社会で正当な評価を受けるように努力する」と強調した・・

 

・・これに先立ち、ベルリン、ミーテ区で28日(現地時間)、韓国系市民団体「コリア協議会」が設置し慰安婦像の除幕式が行われた。ドイツ慰安婦被害者を象徴する少女像が建てられたのは今回が三回目だ。しかし、ベルリンの慰安婦像は私有地ではなく、市当局が管理する公有地に設置されたという点で、以前と違いがある。

ベルリン市の関係者は、日本TBS放送とのインタビューで、「ベルリンは公共の場での芸術に対してすごく開放的」とし、慰安婦像を「芸術作品と見て、設置を許可した」と明らかにした。ベルリン市の関係者は、「1年間の時限で慰安婦像設置を許可した」、「あくまで女性の性暴力に反対するメッセージとして伝えられてほしい」とも述べた>

 

「人権」「芸術」など美しい言葉には、その美しさに紛れ込んで私利私欲のために動く邪悪な人たちがいます。1年限定とはいえ、ベルリンの人たちもそれに気づくといいのですが・・

重要なのは1年という期間ではなく、慰安婦像というものが持つ意味、外交・政治的問題と深く関わっているという事実を、ちゃんと説明できるかどうかです。それが撤去までつながらなくても、少なくとも再発防止のためにはなるでしょう。日本政府の皆さんには、ぜひベルリン及びドイツ側にちゃんと伝えてほしいと願います。

 

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

109+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5