統一部長官「北朝鮮とワクチンを共有します」・・韓国のワクチン保有はゼロ

前にも書きましたが、防疫というのはいつまでも続けるためのものではありません。ワクチンの話が出てきた時点で、防疫は「次のラウンド」に進みます。世界中がそれを待っています。しかし、韓国はワクチン確保という面において、いまはまだK(皆無)防疫です。そんな中、ポータルサイト「ネイバー」のコメント欄を震撼させる記事がありました。

統一部長官が『新型コロナワクチンを北朝鮮と共有します(現状はゼロだけど)』と話したことが明らかになり、1万以上のコメントが殺到、しかも無数に削除されるなど、騒ぎになっています。北朝鮮は『要らない』と拒否したそうです、以下、朝鮮日報から引用してみます。

<<イ・インヨン統一部長官が18日、「(コロナワクチンが)足りない場合でも、足りないときに分けあうことが真の助け合いだと思っている」と、南北間のコロナワクチンの共有を提案した。世界各国がコロナウイルスの確保のために熾烈な「ワクチン外交」を繰り広げているが、韓国政府が公式確保した物量は皆無の状態で出てきた発言だ。次の日、北朝鮮は、外部支援を受けないという従来の立場を再確認した・・

・・韓国政府は最近、コロナ19ワクチンの確保のために奔走しているが、公式確保した物量は全くないことが分かった。来年下半期の接種開始を目標に交渉を行っているという。これにより、需給状況がままならない状況で出てきた長官の発言が、また議論を巻き起こすと予想される。日本の場合、第3床に入ったコロナワクチンを、最近4ヶ月の間、3億本以上確保したことが分かった・・

・・イ長官が南北防疫協力の意志を明らかにしたか、その次の日、19日、北朝鮮は外部支援を受けないという従来の立場を再確認した・・・>>

 

ネイバーコメント欄はかなり荒れていて、コメント数1万、自動検閲プログラムによる非表示コメントも700を超えています。

ある程度ワクチンを確保した状態でこんなことを言ったならともかく・・今の状態でワクチン共有というなら、何の意味があるのでしょうか。北朝鮮に「わけてくれ」と言った、とか?

昨日だったか一昨日だったか、保健福祉部長官が「ファイザーもモデナも、『早く韓国と契約させてください』と急かしている。ワクチン確保は問題ない(現状はゼロだけど)」と話して、何いってんだこいつと、ちょっとだけ話題になりました。ちなみに、ファイザーの場合、すでに生産可能な90%の分を契約済みで、モデナ社は大量生産能力が弱いと言われています。一部では、中国産ワクチンしか選択肢が無くなるまで意図的に待っているのではないか、というコメントもありました。ソース記事はファイナンシャルニュースです。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

124+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5