『韓国の婿』検査キット50万回分、結局は全て不良品と確認。交換は有料でした

メリーランド州の州知事ホーガン氏が、韓国系の奥さんの影響で(?)韓国産新型コロナ検査キット50万回分を購入し、『韓国の婿』と讃えられた件。いよいよ、この騒ぎも最終回となったようです。随分前から、一つも使っていない→そんなことはない→不良品だった→そんなことはないを繰り返しながら本ブログに何度もネタを供給してくれたムコさんでしたが・・ワシントン・ポストが『配送まで含めて946万ドルもかけて買ったのに、全部不良品だったことが確認された。キットの交換に韓国の製造社が追加金額を要求、250万ドルもかかった』と報道しました。ちなみに、ホーガン氏の奥さんは、10月『世界韓人の日』に韓国政府から国民勲章を受け取りました。以下、ニュース1(元ソースWP)から部分引用してみます。

<<韓国系の妻を持つことで「韓国の婿」と呼ばれるラリー・ホーガン米国メリーランド州知事が昨年4月に購入した韓国産新型コロナウイルス感染症(コロナ19)診断キット50万回分が、すべて不良品であったことが確認されたと、ワシントンポスト(WP)が20日(現地時間)報道した。報道によると、ホーガン知事は、4月、配送46万ドルなど総946万ドルを投じて韓国のラップゲノミクス社が作ったコロナ19診断キット「ラプガン」50万個を購入した。しかし、キットから欠陥が発見され、一本も使われなかった。ホーガン知事はラップゲノミクスに交換品を求めて、5月21日受領したが、250万ドルを追加で支払う必要があったとWPは報道した・・

 

・・WPによると、5月、メリーランド州の議員たちは、聴聞会での診断キット中で何本を使用したのか尋ねたが、フランシス・フィリップス(当時メリーランド州保健省次官)は、「ラプゴンは秋に備えた長期的な戦略の一環」とし回答を避けた。

ホーガン知事がキットの交換を初めて認めたのは、7月16日だった。当時、彼は「より速く、より良い検査のため、キットあたり数ドルでより良いものと交換した」と、何の問題もなかったように説明した。

昨年9月にも現地メディア「ボルチモア サン」が、偽陽性反応が多すぎで信頼性に問題があると報じた。当時ホーガン知事は、独自の調査結果、問題がないことが分かったと発表した・・

・・韓国政府は、昨年10月の第14回世界韓人の日を記念して、ホーガン夫人に国民勲章ドンベクジャンを授与した・・>>

 

さすがに今回ばかりは何も言えなかったようで、ホーガン氏も製造会社も、WPのコメント要請に応じないでいる、とのことです。コメント欄は『そんなはずない。追加購買に決まっている』『ゴミ言論のフェイクニュースだ』『こんな記事、信じないでください』などのコメントが殺到、そのせいでニュース順位はどんどん上がって、10時頃にはDAUMニュースランキング1位になっていました。

 

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

120+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5