韓国与党『私たちは手を伸ばした。日本はこの手を掴むべきだ』

与党も野党も、党名がダサくて「」で囲むのも面倒ですが・・韓国の与党「共に民主党」の院内代表キム・テニョン氏が、『GSOMIA終了猶予からちょうど1年目の日に駐日韓国大使を決めたのは、私たちの外交サインである』、『私たちは手を伸ばした。日本はこの手を掴むべきだ』と話しました。不定期に出てくる『手を伸ばしてやった』パターンです。以下、毎日経済の記事から部分引用してみます。

 

<<カン・チャンイル、前「共に民主党」議員が駐日大使に内定された中、キム・テニョン院内代表は、「韓日関係が、戻れない橋を渡ってしまわないように、日本政府は、韓国政府が伸ばした手を掴まなければならない」と述べた。

キム院内代表は24日、国会で開かれた院内対策会議で、カン前議員が駐日大使に内定された件で、「韓日の政治状況と対日関係に深い見識がある内定者なだけに、期待が大きい」とし「内定者が韓日議員連盟会長で長い期間 培ってきた経綸を、韓日関係の改善に注いでくれると信じる」と述べた。

 

キム院内代表は、「GSOMIA終了を猶予してからちょうど1年になる日に発表された人選は、韓日関係の未来のための、韓国政府の外交サインである」、「先に国情院長と韓日議員連盟議員の相次ぐ訪日もまた、梗塞された両国関係を解くための政府と国会の積極的な動きだ」と表現した。彼は「日本政府は、この点を明確に認識し、韓日関係を改善するための前向きな態度で出なければならない」と声を高めた。

 

東京オリンピック関連して、キム院内代表は、「東京オリンピックが平和の祭典にふさわしくなるためには、菅政府が安倍政府の足かせから抜け出さなければならない」、「菅政府が進むべき道は、韓日両国の不幸だった過去の歴史を直視し、新しいビジョンの価値を追求することから始まる」と主張した・・>>

 

まず、その『サイン』に気づいた人はそういないと思います。いるとしても、それが何?としか思わなかったのでは。というか、なかなか気づいてもらえないから、サイン送った側が自分で言ったのではないでしょうか。

そもそも、サインも何も・・いわゆるGSOMIAカードそのものがもうオワコンであまり話題にならなくなりました。なにせ、「日本が応じないとまた終了する」と言っておいて、もう1年過ぎています。終了する気があるならさっさとやればいいのでは。

 

次は、明日の午前中に更新します (・∀・)ノ

 

拙著<「反日」異常事態>が発売中です!ありがとうございます!

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

・現在の最新刊は<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。本ブログの「反日 異常事態」紹介エントリーもぜひお読みください!

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた『日本語』に関する本です。

・<なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか>は、韓国社会の「借りたお金を返さない」心理と日韓関係の現状の類似点を考察した本となります。

他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。ありがとうございます。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。

+129

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5