外交部長官候補『日本は同伴者です』→韓国紙『おお、これは和解のジェスチャーだ』

ちょうど韓国の国防白書で日本を「同伴者」から「隣国」に格下げした、と紹介したばかりですが・・チョン・ウィヨン外交部長官候補が『日本は重要な同伴者です』と話しました。さらに、ソース記事はこれを『和解のジェスチャーだ』と評価しています。いや、それなら国防白書に(既存の表記のまま)同伴者にしておけばよかったものを、公式資料で消しておいていまさら何を言っているのか・・和解のK・ジェスチャー、ソウル新聞から部分引用してみます。

 

<<チョン・ウィヨン外交部長官候補者は3日、「韓日関係の安定的管理・発展は、韓半島の平和定着のために非常に重要である」という立場を出した。ジョー・バイデン米政府が韓日米3角協力を強調している状況で、チョン候補も、韓日関係改善の意志を示したものである。

チョン候補者はこの日、国会外交統一委員会の人事聴聞会、書面による質疑答弁書で、「日本は私たちの最も近い隣人であり、韓半島と北東アジア、世界の平和と繁栄のための協力の同伴者」と語った。国防部が前日公開した「2020国防白書」は、日本を同伴者ではなく「隣国」で書いた。チョン候補者は、同伴者を強調しながら、和解のジェスチャーを送ったのだ。

 

チョン候補者はまた、「長官に任命されれば、私たち政府が一貫して堅持してきた『ツートラック』(過去問題と未来志向協力の分離)基調の下に強制徴用、慰安婦問題など、さまざまな懸案の解消のために、日本側と多方面の疎通努力を展開する」と明らかにした。続いて「コロナ19状況に萎縮した両国間の経済・人的交流を復元し、環境・保健・デジタル化など両国が向き合った共通の課題を中心に建設的未来志向的な協力が拡大することができるようにする」とした。

 

 

日本軍慰安婦被害者問題については、「世界で類を見ない戦時女性人権蹂躙の事例で、真の解決は、単純な対日圧迫や韓日間のギブアンドテイク式の交渉では、達成することは困難だと考えている」と説明した。

それとともに、日本に対して「問題の本質を直視し、自ら表明した責任を痛感と謝罪・反省の精神に合致する動きを見せなければならないという点を強調していきたい」と述べた・・>>

 

他にも、終戦宣言をまた強調し、『朝鮮半島平和プロセスのためには必ず経由しなければならないもの』としました。この部分、前に本ブログでも取り上げたことがありますが、実は米国とは逆のことを言っています。チョン候補は『平和プロセスのためには(平和プロセス達成の前に)終戦宣言が必要だ』としていますが、米国は『終戦宣言を出すのは非核化が出来てから』というスタンスを維持しています。去年9月にも文在寅大統領が同じ趣旨を言って、米国側からかなりの反発がありました。

 

文在寅氏が大統領になってから「ああ、朴槿恵氏のほうがまだマシだったな」と思ったりしましたが・・ひょっとして、「カン・ギョンファ氏のほうがまだマシだったな」と思うようになるのでしょうか。不思議な感覚です。

 

 

拙著のご紹介

以下、拙著の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリーもお読みください

・<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5