ハーバード大学韓人学生たち、ラムザイヤー教授を糾弾する声明・・中国人学生も加勢

ハーバード大学の韓人(コリアン)学生たちが、ジョン・マーク・ラムザイヤー教授を糾弾する声明を発表しました。一部、中国人学生の団体も関わっているようです。ただ、少なくとも記事によると、さすがに「論文を撤回しろ」という要求はできなかったようです。以下、聯合ニュースから部分引用してみます。

 

<<米ハーバード大学の韓人学生たちが、日本軍慰安婦は公認された売春婦だったと主張した自校教授を糾弾する声明を出した。ハーバード大ロースクールの韓国人学生会(KAHLS)は4日(現地時間)に声明を出し、ジョン マーク ラムザイヤー ハーバード大学ロースクール教授と関連して「人権侵害と戦争犯罪を意図的に削除したことを強く糾弾する」と述べた。声明には、ハーバード大学ロースクール 中国法学生会(CLA)、ハーバード大のアジア法学生会(HALS)など計6つの団体が共同に署名した。

これらは、 「ラムザイヤー教授の主張は不正確で事実を隠すものだ」とし「確かな証拠もなしに『政府が女性に売春を強制していない』と主張している」と批判した。学生は、ラムザイヤー教授が自分の主張に反する証拠と視点を研究に全く考慮しなかったと指摘した。

 

これらは、 「ラムザイヤー教授が歴史的事実を忠実に提示しなかったという点は、論文の参考文献だけ見ても知ることができる」とし「このテーマについて豊かな資料である韓国の視点と学界著作を彼の研究ではほとんど言及していなかった」と批判した。続いて「ラムザイヤー教授は、国連と国際アムネスティなど国際機関の幅広い学問資料も無視する」とし「これらの機構は、日本政府が慰安婦の女性を脅迫、誘拐、強制したという事実を発見した」と述べた。

学生は、「歴史学者たちは修正主義と偏向の可能性を理解し、これを防ぐために、さまざまな情報源から幅広い資料を参照した」とし「ラムザイヤー教授は慰安婦女性の証言を詳しく示した学者たちの視点を考慮していない」と指摘した・・>>

 

 

他にも、日本政府は賠償も公式謝罪もしていないと主張しているそうです。気になるのは、そんなに『豊かな資料である韓国の視点』から何かの資料を示せばいいのに、少なくとも私がこの糾弾声明関連ニュースを探してみたところ、声明にこれといった資料が含まれているという話はありませんでした。

これは、記事の方も同じです。私が読んでみた関連記事の中でもっとも長いのは『ソウル新聞』の記事で、聯合ニュースより2倍以上長い記事、しかも多くの画像でできています。しかし、長いだけで、この記事もまた、糾弾声明を紹介する本文にも、記事に載せた画像にも、証拠(例えば何かの反論資料のキャプチャー画像、出処など)は一切ありませんでした。慰安婦像の写真、慰安婦像を見て泣いている慰安婦の写真、旭日旗の写真、論文紹介のキャプチャー画像、慰安婦の胸像写真。一つだけ、『国家記録院提供』と書かれた、絵がありました。慰安婦が『連れて行かれる前の自分』を描いたものだそうです。

キャプチャーソース:ソウル新聞

どうみても、連行されたというより、誰かに騙されているように見えるのは、私だけでしょうか。汽車(?)に乗っている女性たち、笑っているし。この絵、ラムザイヤー教授の指摘と一致しているようにも見えます。

 

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリーもお読みください

・<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+104

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5