弁護士「独立運動家をバカにしたユン・ソインを、これから20年かけて膺懲してやる。これはトイレ掃除と同じ、社会への奉仕だ」

この前、「独立運動家たちは熱心に生きなかったから貧しかった(のではないか)」と指摘して国中から叩かれた、ユン・ソイン氏。一時は「日本博士JOY」という名で知られていた、と聞きます。案の定、ユン氏は独立運動家団体などから訴えられました。そして、その件の弁護士が、「これから20年間、ユン氏を膺懲する」と明らかにしました。ユンソイン氏はすでに謝罪しています。なんというか、案件そのものについて考える前に、『弁護』士が膺懲という言葉を使うこと自体、違和感が半端ありません。しかも、ユン氏を膺懲することは、社会への奉仕だ、とも。以下、中央日報から部分引用してみます。

 

<<いわゆる「漫画家ユン・ソイン独立運動家嘲笑事件」を引き受けたチョン・チョルスン代表弁護士が「ユン氏の法的措置を10〜20年かけて着実に進行する予定だ」と明らかにした。これと共に、ユンさんの名誉毀損の被害情報提供を受けると発表した。

チョン弁護士は5日、自身のソーシャルネットワークサービス(SNS)に「光復会からユン氏の法的措置を検討してほしいという依頼を受け、可能だという意見を差し上げた。ユン氏の妄言に対する公憤があまりにも激しくて、様々な分野の方々から大きな応援と激励を受けている」と述べた。彼は「弁護士生活20年の間に、検察、与党4線国会議員など大きな相手と数多くの戦いをしてきたが、これに比べれば、ユン氏の法的措置は、トイレ掃除と同様の奉仕活動に過ぎないものであり、これまで経験したことのない熱烈な応援と激励を受けた」とした。

 

チョン弁護士は、今後ユンさんの取る法的措置計画を発表した。独立運動家の子孫たち数千人が参加する集団訴訟の形式で進行し、慰謝料訴訟は200〜300人ずつ数十回にわたって順次提起する予定である。これらの法的措置は、10〜20年の間に着実に進める計画だ。

チョン弁護士は「ユン氏は先祖の独立闘争と崇高な犠牲を見下して嘲笑する一方、社会的弱者に対する嫌悪を流布させ、私たちの社会の健全性を損なわせた」とし「にもかかわらず、むしろ評判を得て、金まで稼ぐ、象徴的人物」とした。また「このような者を10年近くも放置しておいた私たちの誤りも大きい」とし「ユン氏を10〜20年、着実に膺懲するのは、社会奉仕活動に過ぎない」と強調した・・>>

 

 

ちょうど、2月28日発売予定の(←宣伝)『恥韓の根源』には、「一つだけの正義を教育し、正しいとされる『記憶(歴史認識など)』だけを次の世代に残す。その記憶に逆らう存在なら、たとえ親でも赦してはいけない。その正しい記憶だけを残すことが、韓国で言う『文化』であり、文化的証拠や文化的制裁はそのためのものだ。韓国はその範囲に、韓国だけでなく日本まで含めている」という趣旨の内容があります。この記事も、その一つの事例になるのでしょうか。膺懲というより、幼稚すぎます。

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。

・<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5