ペク・ソンヨプ将軍墓の案内標識、デモ一発で撤去・廃棄

顕忠院(国立墓地、本件は大田という地域のものです)には故ペク・ソンヨプ将軍の墓を案内する道案内標識がありました。大したものではなく、矢印のような鉄製の標識です。ですが、親日精算を要求する市民団体のデモ1回で、顕忠院側は案内標識をすぐに撤去、廃棄しました。以下、朝鮮日報の記事から部分引用してみます。

 

<<国立大田顕忠院境内にあった、故ペク・ソンヨブ(1920〜2020)将軍の墓の案内板が、いくつかの親・与党団体の抗議で撤去された。

7日、国家報勲処と対戦顕忠院などよると、5日、『民族問題研究所』支部の会員20人余りが大田顕忠院の将軍第2墓地に埋葬されたペク将軍墓のすぐ前で集会を開き、ペク将軍の墓を(国立墓地の外に)移せと主張した。それと共に顕忠院駐車場将軍第2墓地に設置された「故ペク・ソンヨブ将軍墓」の案内板も撤去するよう要求した・・

 

・・民族問題研究所のメンバーはたちは、国立大田顕忠院で、故チョ・ムンギ愛国志士13周忌追悼式を終えて、すぐにペク将軍の墓地に向かった。彼らは「陸軍大将ペク・ソンヨブの墓」と書かれた墓石の前で「反民族行為者ペク・ソンヨブの墓を国立墓地から移せ」と書かれた大きな懸垂幕を振ってデモを行った。

彼らは顕忠院関係者に「なぜペク将軍だけ案内板があるのか​​」「個人墓地かここは」と後ろ指をして大声を上げた。「独立運動家を叩き潰したやろうだ」という声も聞かれた。ある参加者は、ペク将軍墓石の前で「独立運動家たちを討伐していた満州士官学校出身」と言った。参加者は、白将軍を「反民族行為者」と呼ばながら「墓を移せ」「国立墓地法を改正せよ」などのスローガンを叫んで腕を振った。民族問題研究所は親日人名辞典編纂など、いわゆる「親日清算」の活動をしている団体で、昨年7月にペク将軍が顕忠院に埋葬されることも反対デモを行った。

 

騒ぎが続いたが、顕忠院は彼らを阻止せず、要求どおりペク将軍案内板を撤去した。現行の国立墓地法は「誰でも国立墓地の敷地では、国立墓地の尊厳を害するおそれがある行為をしてはいけない」と規定している。しかし、顕忠院は「当時、職員20人余りが状況を観察したが、国立墓地の尊厳を損なわない範囲であると判断した」と話した・・>>

 

チョ・ムンギ愛国志士というのが誰なのかというと、1945年京城府民館事件の爆弾テロ犯です。前に本ブログで紹介したことがありますが、韓国では武力闘争(ただのテロ)を中心活動としていた「義烈団」などが注目を浴びています。チョ・ムンギも義烈団のメンバーでした。戦後には韓国側だけでの総選挙を拒否、『人民青年団』を組織して李承晩大統領の暗殺を計画するなど、明らかに親北なスタンスを見せましたが、左派政府(盧武鉉政府)の頃から抗日闘士として名を上げ、親日派名簿の作成などに参加しました。

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。

・<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5