ナ・ギョンウォン前議員、ラムザイヤー教授の論文を『女性人権蹂躙』として国連の議題にすると主張

ラムザイヤー教授の論文関連の動き、二つのニュースを紹介します。

まず、チェ・スンシル氏のタブレットPCを発見して一気に有名になった韓国のケーブルテレビ局、JTBC。そのJTBCがラムザイヤー教授に立場を問いましたが、教授は「私は私の論文を支持する」と短く答えました。以下、JTBCニュースから引用します。ソースURLの動画の自動再生にご注意ください。

 

<<(題)「国際的物議のラムザイヤー教授、それでも『私の論文を固守する』」

日本軍慰安婦被害者を売春婦と主張したハーバード大のラムザイヤー教授は現在、米国政界、学界から批判を受けています。吐き気がする、謝罪しろという要求が政界からも出てきたのに、ラムザイヤー教授は、それでも「論文を固守する」という立場をJTBCに初めて明らかにしました。

「私は私の論文の内容を支持する」。ラムザイヤー教授は立場を問うJTBC問い合わせに、そう短く答えました。「契約に基づく自主的売春」という主張が、妄言だという批判に包まれた後、初めて出した反応です。ハーバード内外の相次ぐ問題提起にも論文を撤回または変更などは考えていないと明らかにしたものです。

 

[パク・ヒョンチョル/米国コネチカット慰安婦像建設 前韓人会長:片側の偏った知識と情報だけを持って論文を書いたことに対して心が痛みます。できれば撤回されることが良いと思います]

独自の調査に着手した国際学術誌は「オンラインに既に掲載された論文を最終版とみなす」という立場を明らかにしました。また、「遺憾表明と意見を一緒に載せるために学術誌の印刷を保留した」と説明しました。これにより、論文は反論を反映する線で、学術誌3月号に予定通り掲載される可能性が大きいと見えます。

批判の声は、米国の韓国人社会全般に広がっています。米国の主流社会に影響力が大きい米州韓人会は、ラムザイヤー教授の主張を糾弾する声明を出しました。

[イ・ジュヒャン/米国北東部の韓人会連合会長:私たち韓国人社会の怒りを込めて来週あたりに糾弾声明発表があるでしょう]

韓国人団体は、論文の撤回と謝罪も公式に要求することにし、ラムザイヤー教授の立場表明の後に反発の動きは、より大きくなっています>>

 

この記事の最大の笑いどころは、「国際的」という単語かもしれません。ハーバード大学内の校内新聞か何かに社説を書いたのも、吐き気がすると言ったの会員議員も、韓国系ヤング・キム議員です。『国際的な物議』と言いつつ、登場人物がラムザイヤー教授以外は全員 韓国人・韓国系ばかりです。

 

 

また、韓国では親日派扱いされている「国民の力」党のナ・ギョンウォン前国会議員が、ラムザイヤー教授の論文の件を国連に回付すると主張しました。ソウル市長の座を狙っていると聞きましたが、その一環なのでしょうか。この部分はソウル経済からです。

<<・・(※ナ・ギョンウォン氏は)ラムザイヤー教授の論文を取り上げ、「私たちは怒るしかない」とし「私はすぐに韓国系米連邦下院のヤング・キム議員と一緒に、対応策を議論した」と紹介した。ナ候補は、「国連にラムザイヤー教授の論文を『女性の人権蹂躙』議題として扱うことを提案しようと話した。ヤング・キム議員も非常に肯定的な反応を見せた」とし「ヤング・キム議員が米下院国際関係委員会アジア太平洋小委員会の副委員長を務めており、米国の政界内の共感の形成はもちろん、国際的対応にも大きな力になってくれると思われる」と期待した。

また、「ヤング・キム議員も、米議会内でさまざまな方法で、日本の歴史歪曲を正すという意志を伝えてきた」とし「ラムザイヤー教授が自らの論文を撤回し、無責任な歴史歪曲に対して深く謝罪するまで、私が可能なすべての役割をする」と明らかにした・・>>

 

親日ということで前の選挙で負けたナ・ギョンウォン氏。今回のソウル市長選挙で『私は親日じゃない』と証明するための手柄を探っているようです。賛成・反対の表明ならともかく、国会議員が正式論文のことで女性蹂躙として議題にしたり、政界で問題にしたりする、と。聞いたことがありませんね、そういうのは。学術論文なら、学術論文の世界で評価されるべきでありましょう。前も書きましたが、米国がそこまで落ちてないと信じたいところです。

 

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。

・<「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。

・<高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

・本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。

・シンシアリーはツイッターを利用しています

+123

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5