韓国与党、公式に論文撤回を要求・・「ロビー情況からして『個人』の主張ではない」と日本を非難

この前、韓国政府(外交部)が「政府が立場を示す事案ではない」としたばかりですが、与党「共に民主党」が「論文を撤回せよ」と論評を出しました。もっとも注目すべきは、『ロビー情況などからして、個人の主張だとは思えない』と明言したことです。韓国与党が、公式に「日本のせい」を宣言したわけです。以下、ニュース1の記事から部分引用してみます。

 

<<共に民主党は20日、ジョン・マーク・ラムザイヤー ハーバード大ロースクール教授の歴史歪曲論議が起きている論文を、撤回しなければならないと主張した。クォン・ジウン民主党青年スポークスマンはこの日、論評を出し、「ハーバード大学の学生と教授の批判に続き、米国の韓国人団体もラムザイヤー教授の論文撤回請願を昨日から続けている」とし「ラムザイヤー教授の慰安婦歴史歪曲論文は、直ちに撤回なければならない」と述べた。

クォン青年スポークスマンは、「アメリカの国務省もまた、日本軍慰安婦問題について『米国が複数回述べたように二次世界大戦当時、日本軍による性的目的の女性人身売買はひどい人権侵害』との立場を明らかにした」とし「ラムザイヤー教授の論文は、学界の別の意見ではなく、明らかに間違った主張だ」と指摘した。

 

先にラムザイヤー教授学術誌国際法「International Review of Law and Economics」3月号に掲載される予定の論文で、日本軍慰安婦制度を自発的な売春と紹介し、性奴隷制を否定した。クォン青年スポークスマンは、「ラムザイヤー教授の公式の肩書きは、戦犯企業として知られる三菱教授だ」とし「日本が官民の次元で、国際社会に持続的なロビーをしてきた状況まで考慮して言うと、これは決して単純な個人の主張だと見ることができない」と分析した・・>>

 

さすが、大学教授が講義中に「デフォ設定」と少しでも違う話をすると刑事処罰の話が出てくる国の与党だけのことはあります。

でも、なぜ「青年スポークスマン」という曖昧な立場の人が公式論評を出したのでしょうか。公式スポークスマンではありますから、共に民主党の公式見解であることに変わりはありません。大学でのことだから青年を前面に出したのかもしれません。

でも、個人的な邪推ではありますが、政府は「与党がやったことだから知らない」と、与党は「青年が若さゆえにやったことだから、ね?」と言い訳するために、いわば責任取りたくないから、こんな流れが出来たのではないか・・そんな気がします。

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+99

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5