韓国の国会議員、国策機関、市民団体、一斉に韓米軍事訓練に反対表明

3月に韓米軍事訓練が行われると『噂』されていますが、ここ数日間で、妙な動きが集中しています。与党・与党支持政党の国会議員35人が「金正恩が反対している」という理由で訓練の延期を主張し、市民団体は訓練の取り消しを要求、国策研究機関は「韓米軍事訓練をやると南北対話は難しい」と提言、国防部は『まで日程は決まっていない』と話しました。そして、文化日報は、コンピューターシミュレーションをメインに行われている今の韓米軍事訓練は『コンピューターゲームになってしまったと言われている』としながら、訓練のちゃんとした再開を促しました。以下、順次、紹介します。

 

<<共に民主党所属キム・ナムグク議員とユン・ミヒャン議員など凡与圏(※与党陣営)の国会議員35人が、来月行われるとされている韓米連合軍事訓練を延期するよう、促した。彼らは25日、声明を出し、「国防部は、防御的な性格の連合指揮所訓練だと説明しているが、北朝鮮は金正恩委員長まで出て強く反発している」と述べた。続いて「南北間、米朝間の相互不信の壁が高く・・(略)・・現時点で韓米訓練は北側の強硬対応を誘発し、極端な外交・安保的対立を引き起こす可能性がある」と憂慮した・・(東亜日報>>

 

<<6・15共同宣言実践南側委員会(南側委員会)が、韓米連合訓練中止と戦時作戦統制権の返還(※韓国軍への譲渡)を要求しました。南側委員会は、今日(25日)、「韓米連合軍事訓練中止を促す各界の共同記者会見」を開き、「(韓米連合訓練は)調整ではなく、中断にする、正確な決断をしなければならない」と主張しました。彼らは「訓練の規模の調整の話が出ているが、この問題は訓練の規模ではなく、訓練の性格」と「いくら規模を調整しても、同胞に向けた敵対行為そのものである訓練の危険性は変わらない」と明らかにしました・・(KBS>>

 

 

<<来月初めに行われる見込みの韓米連合訓練を延期またはキャンセルしないと、南北対話の復元は難しいという提言が出た。国策研究機関である『統一研究院』は25日、北朝鮮の非核化交渉再開のために、韓米連合訓練を延期またはキャンセルする必要があるという報告書を提出した。キムサンギ統一研究院の平和研究室の研究員は・・(略)・・「韓米連合訓練を実行する場合、北朝鮮は何かの形で反発する可能性がある」と主張した。キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長が今年初めの党大会で、韓米連合訓練中止を、事実上、南北関係の改善の先決条件として提示しただけに、現実的に訓練の延期・キャンセル無しでは、南北対話の復元はしばらく難しいという分析だ・・(イーデイリー>>

 

<<国防部は25日、「前半期 韓米連合指揮所訓練と関連、日付、訓練内容等については最終的に確定されていない」と明らかにした。ブ・スンチャン国防部スポークスマンはこの日の定例ブリーフィングで、関連した質問に、「韓米は新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の状況などを総合的に考慮して、実施案を緊密に協議している」としながらこう言った。韓米は、前半期の連合指揮所訓練を来月9~18日の日程で協議中だと知られていた・・(聯合ニュース>>

 

ここからは文化日報の社説です

<<汎与党圏議員の「韓米連合訓練延期要求」声明は、それ自体で深刻な安全保障の阻害であるが、しかもその理由としてキム・ジョンウンの反対を掲げたとなると、これはもう彼らの意図が『安保破壊』ではないかと思わざるを得ない。その理屈だと、韓米訓練は延期ではなく、永久中止、韓米同盟の崩壊につながることになるだろう。北朝鮮政権は執拗に連合訓練を非難してきたし、今後もそうであろうからだ・・

・・韓米連合訓練は、ムン・ジェイン政府になってから『形骸化』したと言われるほど、すでに縮小されている。コンピュータゲーム レベルだとの懸念まで出てきている・・・国軍の主敵は北朝鮮軍である。キム・ジョンウンが反対だから訓練しないということは、北朝鮮最高人民会議の代議員が言うことであろう>>

 

例え、訓練が出来たとしても、こんな状況じゃ、大した効果はないでしょう。そして、そのまま米国政府にも報告されるはず。さて、訓練ゲームはともかく、状況はかなり高難易度のゲームに見えます。

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5