韓国市民団体、神社の跡に「断罪碑」設置

韓国、江原道のジョンソンという地域にある神社の跡に断罪碑を設置しました。いまは何も残ってない跡ではありますが、記事の中に気になる内容があったので、紹介します。聯合ニュースです。

 

<<ジョンソン平和の少女像(※慰安婦像)建設推進委員会が3・1節102周年を迎え、江原ジョンソンウプ・ボンヤンリ飛鳳山(ビボンサン)に日帝神社断罪碑を立てた。断罪碑が建てられたのは、日本の神社の跡だ。推進委員会は、飛鳳山の日本の神社は1945年8月15日まで存在したと説明した。ジョンソン郡は、日本の神社があった場所に、1970年5月31日に忠魂塔を立てたが、忠魂塔は2006年6月ジョンソンウプ・シンウォルリに移転した。日本の神社の断罪碑の除幕式は3月1日午前11時、現場で行われる。

カン・ギフイ建設推進委員会代表は25日、「ジョンソンの神山である飛鳳山の脈を切断し、神社を建てた日本の破廉恥さと暴挙に怒り、このような歴史的事実を忘れないために市民の意を集めて断罪碑を建設した」と語った・・>>

詳しく何が書いてあるのかは読めませんが、鳥居のような形をしたものになっています。

 

なんで1970年代に、神社の跡に忠魂塔(戦争で死んだ人たちを記憶するための塔)を作ったのだろう、とちょっと疑問でした。70年代なら、朝鮮戦争のことでしょう。もう少し調べてみたら、ここにあった神社は、『戦争で死んだ人たちのための神社』だったとのことです。ひょっとして、『ここは戦争で死んだ人たちを追悼する場所だ』という認識が1970年代まで残っていたのではないでしょうか。

そして、その地域に行ってきた人の個人ブログで読んだ話ですが、この神社が『厳』氏の始祖の墓より下の方に存在することも分かりました。始祖の墓はずっと前からあったものだから、もし、「山の脈を切断(いわゆる気を断つ、とかそんなものです)」する目的で神社を建てたのなら、なんで墓を避けて作ったのでしょうか。普通、朝鮮半島では、ミョンダン(明堂)といって、先祖の墓は風水的に良い場所を選びます。オム(厳)氏の始祖の墓なら、風水的にすごく良いところを選んでいるはずです。そういうの凄く気にしますから。韓国人は。脈を断つなら、そんな場所がよかったのでは。

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5