「契約書が無いと批判している人たちは、強制連行の証拠を持っているのだろうか」 イ・ウヨン氏寄稿文、その1

イ・ウヨン氏の「ペン アンド マイク」特別寄稿文、その1です。ウルトラスーパーでラックに長いけど、ぜひご一読を。

 

<<ラムザイヤー教授の、慰安婦と慰安所の関係を契約として把握した論文に、韓国と米国の研究者の批判がまだまだ炎上している。多くの場合、人身攻撃非難だが。核心は、彼がそのような関係を立証する契約書、契約の内容を盛り込んだ「紙」を提示していないということだ。これらの批判の背景には、合意の内容を必ず文書で残す欧米の契約文化と、口頭契約に大きく依存していた朝鮮・韓国の差に対する理解が欠けている。

契約書がないという批判は、契約自体がなかったに違いないという信仰に基づいている。契約がないのに契約があるはずがないと追及するものである。そこでは、彼らなりの理由がある。ラムザイヤー教授への批判は、共通して、朝鮮の女性が慰安所との契約ではなく、日本の官憲、すなわち軍人・警察・官吏などによって「強制連行」されたと確信している。「強制連行」だったのに、なんで契約書や契約云々するのか、という批判である。

彼らは自分たちが「確信」する根拠が山ほどあると言う。 「被害者」である元慰安婦たちの「証言」、「加害者」である吉田淸治の「告白」、1992年に吉見義明が発見した「強制連行」を指示した日本軍の文書、 1993年には、日本政府が「謝罪」の気持ちを込めて発表した河野談話、1996年の国連人権委員会特別報告官ラディカ・クマラスワミの報告書をはじめ、国際人権団体アムネスティと国際法律家連盟(ICJ)のような国際機関名義の各種レポートがそれである。

しかし、彼らの信仰とは異なり、それら証拠の中で現在まで生きているのは、元慰安婦たちの「証言」だけである。その他のすべてのものは、フィクションであるか、ただ「証言」に基づいた可能性だけなのだ。

 

国際機関の報告書は、その全てが元慰安婦と吉田清治の証言、日本軍文書、河野談話を論拠として提示した。また、河野談話は、ほとんどの人が「被害者と加害者の証言があり、これを客観的に立証する日本軍の文書がある」と確信してた中、日本政府が窮地に追い込ま作成したものである。しかし、1993年以降は、その日本軍文書は「強制連行」と無関係なものであることが証明され、他の文書は発見されなかった。また、吉田清治の「告白」は、後日、彼自身が捏造した「創作物」であることが明らかになり、日本で彼を集中報道した朝日新聞は、最大発刊部数を誇るその名声に似合わない、吉田清治関連過去報道すべてをキャンセルしなければならない侮辱を受けた。一見、証拠が山のようにあるようにも見えるが、実際には元慰安婦の証言だけが残っているのだ

元慰安婦たちが言う「強制連行」は、信頼できるものだろうか?彼女たちが「カミングアウト」した1990年代初めの証言内容は、「強制連行」とは無関係だった。慰安婦になったきっかけを朝鮮人による「就職詐欺」や自分の親による「人身売買」と証言した。その背後にある慰安婦問題が韓国の社会・政治的問題で大きくなり、韓日間の外交問題に飛び火すると、彼女たちは言葉を変えた。2000年代に入り、本格的に「強制連行」を語り始めた。「証言」が政治的に汚染されたのだ。一つ、例を挙げてみよう・・

証言が変わった事例、この部分は過去エントリーを御覧ください。赤いワンピースと靴が嬉しくて謎の男について行った、という内容です。1992年の証言です

 

・・しかし、そのイ・ヨンスが、2007年2月16日に米国下院慰安婦被害者聴聞会に証人として出席するようになった。イ氏は次のように「証言」し、この証言は、米下院が日本を非難する決議案を採択するために大きく貢献した。「軍人がその女の子と入ってきて、肩をこのように囲んで、片手で口を覆い、兵士は後ろに何かをツンと刺しながら、その夜、私はただ連れて行かれました。 (私は)歴史の生きた証人です」。

 

元慰安婦の "証言"の最初の問題は、このように、一貫性がないという点である。さらに重要な問題は、彼女たちの証言を裏付けるいかなる客観的な証拠もないという事実である。

日本の官憲による「強制連行」を証明するだけの公的文書は発見されず、民間人を含むそのような事件を目撃した第三者が残した記録もなく、そのような証言も無かった。強制連行説を主張する者は、当時20代の朝鮮人女性の8%に相当する「20万人」がそのように連れて行かれたと主張しながらも、過去30年の間、強制連行を立証する証拠を一つも提示していなかった。したがって今、私たちは、もうこう認めるしかない。彼女たちの「証言」をもはや信頼しない、と。

 

ラムザイヤー教授への非難を強め、テレビにも出て韓国で有名になったAlexis Dudden米国コネチカット大学歴史学科教授は、「もし主張を裏付ける書類がない場合は、証拠がない場合は、その主張は真実ではありません」と述べた。なお、「恐ろしい」「典型的な」「詐欺」だとした。この基準を突きつけると、元慰安婦たちの「証言」は、ドドン教授の審査を通過することができるだろうか? ・・>> ※その2へ続きます

 

 

ありがとうございます。ついに発売です!(地域によって少し差があります)

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+75

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5