韓国各紙「ラムザイヤー教授が日本政府との関係を認めた」とミスリード記事を連発

ラム建て(すみません)教授のことで、韓国側の複数のマスコミが右も左もなく『ラムザイヤー教授が日本政府との関係を認めた!でも論文とは関係ないと言ってる!」という記事を載せています。ハーバード大の校内新聞がそういう記事を載せたそうです。

 

韓国の地上波放送「SBS」の報道を部分引用してみます。

<<日本軍慰安婦被害者を売春婦に歪曲する論文を書いたマークラムザイヤー ハーバード大ロースクール教授が、日本政府との関係を事実上認めたと伝えられました。ハーバード大校内新聞「ハーバードクリムゾン」は現地時間5日、論文内容で議論が発生した直後のラムザイヤー教授とのインタビューで、彼は日本政府との関係があることを否定しなかったと報道しました。

ハーバードクリムゾンによると、当時、ラムザイヤー教授は、日本政府との関係を否定するかという趣旨の質問に「なぜ今、私がそんなことをしないといけないのか」と反問しました。ただしラムザイヤー教授は、その後ハーバードクリムゾンに電子メールを送り、日本政府との関係は、自分の論文に影響を全く与えなかったと主張しました・・>>

 

まるで「今まで隠してきたものを仕方なく認めた」ような書き方です。でも、ミスリードです。まず、「議論になった直後」のことが今になって記事になったことから考えても、『そろそろネタ切れか』な感じもします。それに、教授の発言は「なんで今になって私が日本政府との関係を否定しないといけないのか」という趣旨でしょう。なぜなら、今までも日本関連の履歴が公開済みだったからです。日本政府から勲章を受けたことも公開されていました。校内新聞はそれを「ラムザイヤー教授が日本政府との関係を否定できないとした」と妙な書き方をし、韓国側のほぼ全ての新聞が、まったく同じ内容の記事を載せてこの騒ぎになったわけです。

 

珍しいことでもありませんが、「これ、記事としてどうよ・・」としか。ただ、朝鮮日報(朝鮮BIZではなく本体の方)と中央日報は、「日本との『友好』関係を認めた」としています。以下、中央日報の記事から部分引用してみます。

<<日本軍慰安婦被害者が自発的に売春婦という論文を書いたマークラムザイヤー ハーバード大ロースクール教授が、日本政府との友好的な関係を認めた。しかし、この関係が「論文には影響を与えなかった」と主張した。 ハーバード大校内新聞「ハーバードクリムゾン」は5日(現地時間)ラムザイヤー教授とのインタビューで、彼は、日本政府との関係があることは否定しなかったと伝えた。ラムザイヤー教授は、日本政府との関係を否定するかという趣旨の質問に、「今、私はなぜそんなことをしないといけないのか」と反問した。インタビューの後ラムザイヤー教授はハーバードクリムゾンに電子メールを送信、「日本政府との関係は、論文に影響を全く与えなかった」と主張した・・>>

 

 

科学者が「新しい、癌の見つけ方を発見しました」と発表したら、次の日には「科学者、癌の治療に成功」という記事が載りました。科学者は記者に「違います。私たちが目指す目標にもっと早くたどり着けるようになっただけです」と話しました。次の日には「科学者、タイムマシーンを発明」という記事が載りました。怒った科学者が記者に「フ◯ッキュー!」と叫んだら、次の日に「科学者が記者をレ◯プした」という記事が載りました・・そんなイラスト(英語圏のもの)を見たことがあります。それを思い出しました。

 

 

ありがとうございます。ついに発売です!(地域によって少し差があります)

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+91

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5