在韓米軍司令官「今年中に韓国にミサイル防御システム(※THAAD?)追加配置します」・・韓国は否定

在韓米軍司令官が、米国議会で『今年、朝鮮半島にミサイル防御システムを追加配置する』と発言しました。THAADとは明言していないものの、一部では『THAADの拡散(追加配置)のことではないのか』という話も出ています。韓国国防部は超スピードで否定しました。韓国の「クアッドがー」に、米国は「サァドをー」で返したような形に見えるのは、気のせいでしょうか。以下、ソウル新聞とニュース1の記事を連続で紹介します。まずソウル新聞です

 

<<ロバート・エイブラムス韓米連合司令官 兼 在韓米軍司令官が10日(現地時間)、今年、韓半島にTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)のほか、弾道ミサイル防衛のための2つの能力が加わると公言した。韓国国防部は、米国と関連協議をしたことはないと述べた。エイブラムス司令官の突発的な発言により、ミサイル防衛システムの追加配置の可能性をめぐり議論が続く見通しだ。

エイブラムス司令官はこの日、米国下院軍事委員会のオンライン聴聞会で、「米ミサイル防衛庁(MDA)が、(弾道ミサイル防衛のための)3つの特定の能力を開発中だ」とし「1つはすでに朝鮮半島に存在し、他の2つも今年に入って、私たちの弾道ミサイル防衛能力を画期的に改善させるだろう」と述べた・・

・・エイブラムス司令官は、3つの特定の能力を具体的に明らかにしなかった。ただし、すでに朝鮮半島に存在する1つの能力は、慶尚北道ソンジュに臨時配置されているTHAADのことだと推定される。エイブラムス司令官の発言が、韓国に新しいミサイル防衛システムを配置するというものではなく、韓国に配置されたTHAADとパトリオットなど既存のミサイル防衛システムを向上させるという意味だという解釈も出ている・・>>

 

韓国国防部は、すぐ否定しました。ここからはニュース1です

<<国防部が11日、年内にミサイル防衛システムを追加配置するという計画について、米国と「協議したことがない」と一蹴した。国防部の関係者はこの日、「韓米国防当局は、韓半島に展開されている米軍戦力と関連し、緊密な連携体制を維持している」としながら、こう明らかにした・・

・・関係者は、「私が知っている限りだと、米国側も追加配置する予定は無い」、「米軍戦力運用の詳細を私たち国防部が確認してやることはできないと分かって欲しい」と付け加えた。

一方、この日エイブラムス司令官が言及した追加配置武器とは、在韓米軍が2017年慶北ソンジュ郡に臨時配置したTHAADを意味するものではないかという指摘も出ている>>

 

これ、どう考えても突発的な発言ではないでしょう。ただ、韓国側と協議していない(少なくとも韓国は同意していない)のも事実でしょう。もしTHAADではなかったとしても、韓国が中国に約束した『3NOの誓い』には『米ミサイルシステムに入らない』というのがあったので、部分的には3NO違反になります。

エイブラムス司令官は他にも、『どんな同盟にも苦しいことはある。鋼のような韓米同盟も例外ではない』としながら、韓米同盟に問題が発生しているという趣旨も話しました(同ソウル新聞より)。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

扶桑社新書新聞広告です(リンクではなく画像です)。よかったら御覧ください。

+81

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5