文大統領、野党議員に「みみっちい。聞いていて恥ずかしい」 → 野党、文大統領に「感情調整に問題があるのでは」

これも、本ブログの本題には合わないネタだとは思いますが・・昨日あたりから韓国でものすごく話題になっていて、他に書きたいこともないし、紹介します。「좀스럽다」という言葉があります。直訳すると「『少し』くさい」で、みみっちい、ケチくさいという意味となります。別に使ってはいけないというほど低俗な表現ではありませんが、少なくとも公人が公開的に使う言葉ではありません。なのに、大統領が、フェイスブックで、この言葉を野党議員相手に使いました。

李明博氏の頃にも社邸関連でいろいろ問題でしたが、文大統領もまた、似たような疑惑がかかっています。退任後に住む予定の社邸、詳しくはその土地の用途変更(地目変更)が理由です。農地を購入するのは、普通は農事をするためですが、文大統領の社邸の場合は、農地を安く購入して、1年も経たずに地目変更したそうです。

土地住宅公社の件でいろいろうるさくなっていて、「国民の力」側から文大統領社邸に関する話が出てきましたが、それに対し、文大統領がフェイスブックに「みみっちいこと言わないで」と書きました。以下、中央日報から部分引用してみます。

 

<<文在寅大統領は12日、退任後の居住のために購入した慶尚南道ヤンサンの私邸敷地購入の過程に、農地法違反ではないのかとする野党の主張に対して、「すべての手順は、法の通りに進行している」と述べた。文大統領はこの日、社会関係網サービス(SNS)を介して、「選挙シーズンだから時期できるが、いい加減にしてください」、「みみっちいし聞いていて恥ずかしい」と強い遺憾を表した。

文大統領は「大統領の金で土地を買って、建築が警護施設と結合されるため、大統領は住むだけで、処分することもない土地」と説明した。それとともに「盧武鉉元大統領のボンハ私邸を見れば分かるではないか」とし「すべての手順は、法の通りに進行している」と強調した。

 

文大統領は昨年4月、退任後の居住を目的として慶南ヤンサンの土地を購入し、形質変更手続き(地目変更)を、1月に完了した。

ユン・ヨンソク「国民の力」議員はこの日、今後の私邸建築が完成されて竣工検査に合格すると地価の上昇が伴う」「農業をやると言って相対的に地価が安い農地を買い入れた後、1年も経たずに土地の使用用途を変えたのだ」と主張した・・>>

 

文大統領のフェイスブック投稿は、「みみっちい」「聞いていてはずかしい」「いい加減にしなさい」などさえ無ければ、そこまで話題になるものではないでしょう。なんで余計な表現を増やして、ここまで騒ぎを起こすのか。支持する人たちからすると「よく言った」になるかもしれませんが、普通の感覚だと「なにかあるな、これは」になってしまうのでは。

野党側は、文大統領に「実にみみっちい」「感情調整に問題があるのではないか」「イ・ミョンバク大統領の社邸には『貪欲、欲心』と言ったのは文大統領本人ではなかったのか」と反駁しました(聯合ニュースより)。いや、本ブログも文氏にそこまでは言ってませんが・・(汗

 

文大統領、いろいろと追い込まれて余裕が無いのでしょうか。いままでも無かったのにさらに無くなるとヤバいのでは。この人、朴槿恵氏と大統領選挙で競争していた頃(結果は負けました)は、韓国の政治家としては本当に珍しく「怒らない」ことで有名でした。大声を出さない、感情的に怒らない、そんなところがありました。朴槿恵氏に選挙で負けたとき、左派支持者たちが不正選挙を主張したときにも、文氏は「選挙結果に従いましょう」と、支持者たちにもうやめてくださいと呼びかけたりしました。それから、「なんで前に出て戦わないのか」と、支持者たちに猛烈に叩かれましたけど。もともとこういう性格なのに猫をかぶっていたのか、それとも何かに覚醒(?)して今の文氏になったのかは分かりませんが、今思えば別人のようです。ずいぶんみみっちい人になりました。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

扶桑社新書新聞広告です(リンクではなく画像です)。よかったら御覧ください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5