韓米合同軍事演習、防御訓練で大ダメージを受け、反撃訓練で目標達成できず終了

コンピューターシミュレーションだけで実行された韓米軍事訓練(韓米合同軍事演習)。米国のオースティン国防長官は「成功的だった」とリップ・サービス的なことを言いましたが、実際はうまく機能しなかったようです。防御・反撃の両方で問題が発生、防御訓練では大ダメージを受け、反撃訓練では地上軍と上陸する味方軍とのタイミングが合わず、目標地点を確保できずに訓練終了になった、とのことです。以下、イーデイリーから引用してみます。

 

<<去る8日に始まった韓米連合訓練が19日、事後講評を最後に終了した。しかし、今回の訓練では、様々な問題点が発生したことが分かった。この日、軍当局によると、韓米は前日の午後4時頃、1部防御、2部反撃に分けて行われた前半連合指揮所訓練(21-1 CCPT)を終了した。今回の訓練は、昨年と同様に、野外機動訓練は行わず、コンピュータシミュレーション方式で行われた。

韓米は訓練期間、首都防衛司令部の地下バンカーであるB-1文書庫と京畿城南(ソンナム)の在韓米軍バンカーなどに指揮所を分散運用した。必須人員を除いて、両国将兵が一ヶ所に集まることを最小限に抑えながら、訓練参加規模も大幅に縮小したことが分かった。

去る17日に訪韓したロイド・オースティン米国防長官はソ・ウク国防部長官との会談で、今回の前半期訓練について「正常で円満に行われたものと評価した」と国防部の関係者は伝えた。しかし、この日の事後講評では、複数の問題の討議が行われたことが分かった。

 

まず今回の訓練で初めて適用された陸軍の3軍団と8軍団統廃合に伴うシナリオで問題があったという。今年末、陸軍8軍団は廃止され、3軍団に統合される。これにより、3軍団に統合部隊のシナリオを適用して関連した訓練を進行したが、予想外に、防衛訓練当時の被害が大きかったと伝えられた。

これと共に、反撃訓練も陸軍地上軍団の進撃と韓米連合上陸戦力の間の時差が合わず、途中で訓練を終了したことが分かった。これにより、それぞれの目標地点をすべて確保できず訓練を終了したという。

 

今回の訓練の過程で、一部の指揮官は、現実に合った「作戦計画」に基づいた訓練ではなかったと不満を吐露したと伝えられた。国防改革計画による部隊改編と、変わった安全保障環境に合った訓練作戦計画ではなかったという指摘だ。実際に、訓練の途中に訓練課題を再検討したりしたという。

特に、昨年下半期の訓練に続き、今回もコロナ19状況で戦時作戦統制権(戦作権)転換のための未来連合司令部の完全運用能力(FOC)の検証はなされなかった。韓国軍大将が指揮する未来連合司令部主導の作戦予行練習が一部含まれただけだ。韓米はFOC検証を下半期連合訓練の時に実施する方向で協議する計画だ。しかし、コロナ19により依然として実施するかどうかは、不透明な状況だ>>

日々、「形だけ」になっていく在韓米軍でした。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+108

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5