北朝鮮「韓国はなぜ傲慢な日本に関係改善を乞うのか」・・ラムザイヤー教授の論文にも言及

北朝鮮が、「韓国(南朝鮮)はなぜ韓国を無視する日本に関係改善を乞うのか」と主張しました。いや、そもそも関係改善努力をしていないので世界観設定そのものがおかしいですが、それだけでなく・・北朝鮮、無視とか関係改善とか言える立場でしょうか。なんか、「お前が言うな」のレベルが高すぎで反応に困ります。日米が「韓国はなぜ韓国を無視する北朝鮮に関係改善を乞うのか」と言うならまだ分かりますが。以下、ニューシースの記事から引用してみます。

 

<<北朝鮮の宣伝媒体は21日、韓国政府の韓日関係改善努力を批判した。対外用週刊誌「統一新報」は、この日の「傲慢無礼な日本に関係改善を要求」のタイトルの記事で、「最近、南朝鮮当局が、日本との関係改善のために頭を抱えているという」と明らかにした。

媒体は、韓国政府が過去史問題と関係正常化を分離する「ツートラック基調」をとり、「日本通」カン・チャンイル大使を任命したが、「日本は強制徴用被害者賠償判決と日本軍性奴隷被害者の賠償判決の撤回を関係改善の前提条件として掲げ、南朝鮮に対する露骨な無視を示した」と主張した。

 

また、「外交長官電話通話要求を拒否して、新しく赴任した駐日大使に会ってもくれないなど、傲慢無礼に遊びやがっている」、「さらに当局の後援の下に「竹島の日」ということを公の場で広げておいて、親日アメリカの学者を前に出して日本軍性奴隷が「自発的な売春婦」というとんでもない内容の論文まで発表させるなど、再侵略の野望の実現と歴史歪曲にさらに狂奔している」と指摘した。

それとともに媒体は、日本に対して「血なまぐさい過去の罪について毛の先端ほどの(※ほんの少しの)謝罪も、賠償もしていない破廉恥、経済力を優位に置いて他の民族を蔑視する「経済動物」の傲慢、歴史に対する低質で卑劣な歪み・捏造にぶら下がる厚顔無恥」と表現し、「このような人たちとの関係改善を云々するのが果たして妥当なのか」と批判した>>

 

こんなものでも、感動して(宗教的な理由で)そうだそうだと叫ぶ人たちがいるでしょう。南北連絡事務所を爆破されたときも「隣のビルのガラス直してそこを南北連絡事務所にすればいい」と言ってましたから。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5