反日おもちゃ・・犬が噛む「安倍」人形も(写真あり)

夜の更新も、日本語記事を紹介し、ちょっとだけ自分で追記するだけになりました。最近、いつもの増して大勢の方々に来て頂いているのに、申し訳ございません。「NEWSポストセブン」が、韓国の反日玩具事情を記事にしました。代表的・・というよりは、『インパクトが強い』ものを集めた感じです。韓国の教科書こそが最大の「反日玩具」ではないでしょうか。まずは記事のソースページはここです(ヤフー経由)。まだの方は、ぜひお読みください。

 

で、記事本文にこういうのがあります。

<<・・反日玩具は人間だけでなく、動物のおもちゃとしても登場した。それが「愛犬用アベマスコット」。犬や猫が噛みついて遊ぶマスコットで、片面に安倍晋三・前首相、もう片面に河野太郎・行革担当相(前外相)の似顔絵がプリントされている。「日本の輸出規制に対抗して、2019年に韓国が始めた日本製品不買運動の最中に登場しました。輸出規制をした当時の首相、外相だった安倍氏と河野氏を模した商品で、販売元は『愛国心を高めて笑いを誘い、ストレスを解消する愛犬用マスコット』と謳っています。

すでに生産終了していますが、現在の菅首相と茂木外相は韓国内の知名度が低く“悪役キャラ”として扱いにくいのか、同様の商品は見当たりません」(平井氏)

もし、日本のメーカーが韓国大統領をモチーフに同様の商品を作ったら「たかが、おもちゃ」と笑って済まされるだろうか。「相手の立場に立ち膝を交えれば、過去の問題も賢明に解決できる」──3月1日に行なわれた「対日独立運動記念日(三一節)」の式典で、文在寅大統領は冷え切った日韓関係の改善を訴えた。対日融和に舵を切った文在寅氏の「相手の立場に立ち」の言葉がむなしく響く>>

 

犬用の人形といっても、犬が人形にドール専用着物を着せてRX-1で写真撮ったりはしません。犬が「噛み付く」ようにするための人形のことです。犬からするとストレス解消になるとか、運動になるとか、歯を鍛えることになるとか、いろいろ言われています。

記事ではすぐ生産終了になたっと書いてありますが、まだ普通に買えます。もちろん、類似製品かもしれません。「日本不買子犬用パロディ人形」となっています。韓国のショッピングサイトから、実物の写真を紹介します。安倍総理の羽織には放射線マーク付きです。

 

(↓ 写真付きレビュー)

 

こういう情報を補完するのも個人ブログの仕事かもしれません。そういう意味で追記しました。不愉快に思われる方が多いでしょう。『呆れた』を不愉快の範囲に入れるなら、なおさら。私もです。でも、これもまたありのままの写真です。

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+134

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5