隅田川を歩いてみました

久しぶりの写真エントリーです。ちょうど浅草に用事があったので、桜を見に隅田川を歩いてみました。飲食禁止だったのでいつもより静かでしたが、桜は見頃を迎えていました。

思ったよりずっと咲いていて、なんと緑色の葉っぱが出ている木もありました。

 

 

↑よく見ると、真ん中あたりに鳥がいます。

 

 

 

 

 

 

どうせならと、浅草寺のほうにも行ってみました。

1枚だけ、レナの写真もあります。ツイッターのほうに載せましたので、よかったらぜひ御覧ください。

 

隅田川周辺・・川のスカイツリーがあるほうには渡りませんでしたが、いわゆる「密」回避はちゃんと出来ている感じでした。マスクをしていない人はいなかったし、宴会はもちろん飲食も禁止だったので、ベンチ以外に座っている人もいませんでした。

見頃の隅田川の桜を見たのは、3年ぶりです。懐かしいですね。初めて日本で桜を見たときにも、開花が早いとかで、26日か27日に上野公園と隅田川の桜が見頃を迎えていました。観光客だった頃は、スカイツリーの夜景が見えることもあって、桜といえば「とりあえず隅田川」と思っていましたが・・最近はもっと家の近くを歩き回るようになりました。満開が過ぎる前に家の近くの桜スポットにもう一度行ってみたいと思っています。今夜の更新はこれだけです。それでは、おやすみなさい。

臨時のお知らせ・・「恥韓の根源」が、ZAKZAKで紹介されました!

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+102

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5