『バイデン大統領、文大統領とはしばらく会わないだろう』

朝鮮日報の取材によるもの(「当局者」「情報筋」など)ではありますが、米国が「しばらく首脳会談は無いだろう」という「気流(原文ママ)」を韓国側に伝達済み、とのことです。そういえば、記事でも指摘していますが、今回の2+2会談で「早い時期にできればいいですね」など、首脳会談に関するフレーズはありませんでした。理由は簡単で、「会う理由が無い」とのことです。以下、朝鮮日報です

 

<<先日、ある外交情報筋に会った。 「バイデン米大統領が菅総理とは来月に対面、首脳会談を行う。ムン・ジェイン大統領とは、しばらくは会わないだろう」と言う。「韓日関係を放置したままだし、北朝鮮・対中政策も足並みをそろえないから、いま会う理由が無い」ということだ。このような気流は、韓国側にも伝わっているという。

最近、韓米外交・国防長官会議でも、韓米首脳会談の話は出てこなかった。会議の後、米国側の雰囲気は、「まさか」から「やっぱり」に変わったと言う。

 

ムン・ジェイン政府の関心は「ただ、北朝鮮」であり、同盟より中国の顔色を気にした。同盟として韓国に期待より失望が大きかったのである。訪日時は雰囲気が違った。米日は、中国・北朝鮮の核などの懸案ごとに足並みをそろえた。日本が米国の「1級同盟」を確かなものにする間、韓国は「2級」でもなく、「3級」に落ちたという評価が出ている。

 

米国は中国牽制のために韓米日安保協力を絶えず注文した。米・日・インド・オーストラリアが一つになった安保協議体「クワッド」にも加入してほしいとした。中身のない「首脳会談イベント」方式の対北朝鮮接近にも反対した。ところが、(※韓国)政府は、「クワッド議論はなかった」とし、事実上、蹴っ飛ばした。米国が強調した「非核化」「中国」「人権」も、共同声明には無かった。

トランプの時代に流れていった「シンガポール会談(1次米朝首脳会談)」の継承だけを叫んだ。韓日関係を改善すると言うけど、したが、実質的な代案など出さなかった。米国も、表向きには韓米同盟が堅固であるとしたが、空の殻だと感じているだろう。

 

バイデン政権は「自由・民主・人権」を前面に出した「価値同盟」を組んでいる。しかし、韓国は北朝鮮・中国を意識して距離を置いている。隙間が広くなると、韓国は米国に「あっても無くても大して変わらない」国になるだろう。韓米同盟が三流になると、私たちの安全保障の位相も三流になる。米国の支持がないのに、北朝鮮が私たちと会話しようするはずがない。核・ミサイルで威嚇し挑発しまくるだろう。中国は、私たちを力でねじ伏せようとするだろう。日本も韓国を露骨に無視するだろう・・>>

 

 

最後の絶望感が半端ないですね(苦笑

記事でもっとも印象的だったのは、「会う必要が無い」という部分でした。ある意味、外交、国家と国家の関係の本質を示す言葉ではないでしょうか。北朝鮮もまた同じです。対話に応じる必要が無い(プラスよりマイナスが大きい)と思っているのでしょう。

さて、バイデン氏がしばらく文大統領に会わないとすると・・文大統領は習近平氏と「先に」会うのでしょうか。そこもまた気になるところです。

 

 

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+128

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5